香菜子の「まいにち、おもしろいこと発見」

kanako

【第6回】暮らしのアイデアメモ 「疲れた時の対処法」

kanako09_02_07
kanako
香菜子
モデル、イラストレーター
「LOTA PRODUCT」デザイナーとしても活躍中。女子美術大学在学中にモデルを始め、2005年に母親としての立場から「こんなものほしい」をかたちにすべく、雑貨ブランド「LOTA PRODUCT」を立ち上げる。「香菜子Life」(ワニブックス)、「普段着の自由研究」(主婦と生活社)など著書多数。

どうしても家事が思うように進まない。

いつもなら、ちゃちゃっとできちゃうようなことでも

「きょうは何だか進みが悪いなあ。やる気もいまいち…」

そう思うときが時々やってきます。

 

無理して“いつも通り”進めようとすると

かえって悪循環になってしまうことも。

自分でも気づかないうちに

疲れがたまっているのかもしれません。

 

そんな時、私はとりあえず

ソファや床にごろん、としてみます。

そして「今、何をしたら気分がいいかな?」と考えます。

考えたくなかったら

ひたすらゴロゴロ、ゴロゴロ…

 

すると不思議なもので、ある瞬間に

「Jazzでも聴いてみようかな」と閃いて

音楽をかけると少しずつ気分が上がり

「あ、お茶飲みたい」と次のやりたいことが閃き、お茶の用意を始めます。

kanako09_02_03

こんな時は強いコーヒーではなく、

心と体をほぐしてくれるハーブティー。

 

ラベンダー・カレンデュラ・レモングラスなどが入った

香りが良いものを選びゆっくりお湯を沸かし、ポットに注ぎます。

kanako09_02_04

ポットの中のハーブがゆっくりお湯の中で泳いでいるのをぼーっと眺めながら

そっとカップに注ぎます。急がずに、ゆっくりと。

 

心が疲れた時、体が疲れた時。

そんな時は無理をせず

“したいこと”が浮かぶまでのんびりと…

kanako09_02_05

お茶を飲む頃には気持ちもだいぶ落ち着きます。