キムケンの「わが家にフリーズドライがやってきた!」

キムケン_プロフィール画像

【第8回】フリーズドライの国に、私はやってきた【四コマ漫画】

キムケン連載アイキャッチ画像
キムケン_プロフィール画像
キムケン
漫画料理家
昼間は会社員、夜は料理人、休日は絵描き。アメーバ公式ブログ「木村食堂」では、身近で手に入りやすい食材を使ったレシピと、その料理にまつわる四コマ漫画をほぼ毎日更新中。著作に『うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ -』(ワニブックス)他、雑誌や料理サイトでのレシピ連載多数。

 
キムケン四コマ漫画
 

***

 
東京駅の近くにあるアマノフーズのアンテナショップでは、その場でお湯を入れて食べることが出来るらしい……

 

その噂を聞きつけた私は、アマノフーズ担当者に「ちょっと行ってみたいので取材していいですか?」と聞いてみたところ、快く了解をいただきました。

 

内心「やった! 取材という名目ならタダで食べれる!」と思ったのはここだけの話です。

 

というわけで、東京駅のすぐそばにあるアマノフリーズドライステーションにやってきました。

 

東京駅のすぐそばにあるアマノフリーズドライステーション

東京駅のすぐそばにあるアマノフリーズドライステーション

ど迫力です。

 

東京駅近くにあるアマノフリーズドライステーション

ものすごい数のフリーズドライです!これは圧倒されてしまいますね。

 

東京駅近くにあるアマノフリーズドライステーション

看板商品である「みそ汁」だけで80種類以上だとか。80種類って。よくそんなに考えつくよね。

 

ちなみに、お客様アンケートで一番人気だったのは

 

アマノフリーズドライステーション横浜店のお客様アンケート結果

なめこと豚汁でした。私の好きな「なす」は5位でした。どうかしてるぜ!

 

そんなみそ汁の中でも、店舗限定の商品がありました。

 

アマノフーズ 蟹のみそ汁パッケージ写真

蟹のみそ汁です。お値段はなんと540円! 540円のみそ汁って! そんなの今まで食べたことないよ!

 

私はお店の方におそるおそる「ここここ、これって試食してもいいですか?」と聞きました。だって540円ですよ。立ち食いそば屋とかだったらカレーセットもいけそうな値段ですよ。

 

しかし担当者さんは「どうぞどうぞ」とにこやかに言ってくれました。とてもいい人です。

 

というわけで、早速その場で試食です!

 

アマノフリーズドライステーションにある熱湯と計量カップ

熱湯と計量カップがあります。いつも適当にお湯を入れがちでしたが、計量カップを使えば良かったんだとここで初めて気付きました。

 

これからはちゃんとそうしようと思います。はい。

 

アマノフーズ 蟹のみそ汁にお湯を注いでいるところ

きっちりと160mlを注ぎます。この容器のイラストがとてもお洒落!

 

そしてかき混ぜると…

 

アマノフーズ 蟹のみそ汁完成

カニが! カニがー!

(興奮のあまり語彙力が低下)

 

しっかりとした身が4本も入っていました。いや、これはお値段以上の満足度です。自分で買うとなるとちょっと贅沢な気持ちになりますが、贈り物としてはぴったりですね。確実に喜ばれるかと思います。

 

ちなみに、「今おすすめの商品はなんですか?」と聞いたところ

 

アマノフーズ The うまみ たまごスープ

こちらの「The うまみ たまごスープ」とのことです。

 

「え、たまごスープ? フリーズドライの定番じゃない?」と思いましたが、話を聞いてみると、「具材はたまごオンリーで、たまごの量も2倍にしている」とのことでした。たまご感がとてつもないので要チェック!

 

そして、こちらのお店では詰め合わせギフトも自分で作ることができます。

 

せっかくなので、妻のお母さんに送ってあげようと詰め合わせを作ってみました。なにしろ数百種類の商品があるので、迷う迷う。結局10分くらい考えて、自分の好きなものを詰め合わせました。

 

アマノフリーズドライステーションで作ったフリーズドライの詰め合わせギフト

蟹のみそ汁もちゃんと入れました。もちろん、こちらの詰め合わせはさすがにちゃんと自分で買いました(笑)。

 

こうやって見てみると、本当にいろんなものがフリーズドライになっているんだな〜と改めて実感。

 

商品化こそしていませんが、ステーキや鍋焼きうどん、鯛の塩焼きなどもフリーズドライできるのだそう……! ステーキとかちょっと食べてみたいですよね。うん、ぜひ食べてみたい。(←こうやって言えばいつかチャンスがくるんじゃないかと)

 

そんなわけで、アマノフリーズドライステーションは、フリーズドライ好きからしたら夢のような楽しい場所です。その場で食べるのも楽しいのでぜひ体験してみて下さい!

 

※注:東京店は給湯のみ可能(イートインスペースなし)、横浜店は給湯はもちろん、イートインスペースもあるのでその場で召し上がっていただけます。

 

【おまけ】

アマノフーズ名物社員の島村さんの看板

アマノフーズ名物社員の島村さんがこんなところに! (島村さんが登場する「まごころ出前」のコラム、とても面白いのでおすすめです!)