narumiの「フリーズドライを極限まで楽しむ日記」

narumid

この夏、フリーズドライは「豆」が熱いぞ! そのままビールのお供にも

narumi05_02_top
narumid
narumi
編集者
WEBメディア編集者として、また人気ブロガーとしてネット業界でお馴染みの人。1カ月半で10.5kgの減量に成功した記録を綴った著書「やせたいならコンビニでおでんを買いなさい」(日経BP社)が発売中!

 

フリーズドライは「主役級」ばかりじゃない!

お湯を注ぐだけで手軽にカレーを食べられたり、パスタを食べられたり、リゾットを食べられたり、仕事や家事で忙しい人の強い味方になっているフリーズドライ食品ですが、実はこんな名脇役もいるのです。
 
フリーズドライのグリーンピース」です。

 

narumi05_02_01

 

そう。この商品は素材であって、一般的な料理ができあがるわけではない。グリーンピースがそのままコロコロと入っているのです。

 

narumi05_02_03

 

主な使い方としては、お米と一緒に炊きあげて「豆ごはん」にするとか、あるいはチキンライスのトッピングか。いずれにせよ、何かに混ぜて使うことになるでしょう。

 

narumi05_02_02

 

でもちょっと待って。 よーく見ると、「そのまま食べてもおいしい!」って書いてある。

 

narumi05_02_012

 

 

本当に、そのままでもお酒のおつまみに十分イケる!

乾燥しているから軽く、コロコロとかわいい。試しに食べてみたら…うん!カリっとした歯ごたえでおいしい。薄い塩味がついているので、スナック菓子の代わりにいいかも。しかも、中身はグリーンピースそのままなのでカロリー的にも安心。

 

narumi05_02_04

 

さらに少量のお湯につけて戻してみると、すぐに豆のいい香りが漂ってきます。見た目にも鮮やかな色合いになってきて、これは当然のようにおいしそうだ。

 

narumi05_02_05

 

指でつまんでみるとフニフニと柔らかい。さきほどのそのままかじるのと違って、なめらかでみずみずしい食感が楽しめます。枝豆の感覚でビールと共にいただくと、しっかりとおつまみの役割を果たしてくれる。

 

 

ここまできたら、普通に枝豆をフリーズドライで出していただけないかなと思っちゃう。お湯をかけたら一瞬で熱々ホクホクのえだまめが完成、そしてすかさずビール! アマノフーズさんお願いします〜。

 

 

豆つながりで「えだまめのポタージュ」も俄然おすすめしたい

豆といえば、丸の内KITTE内のアンテナショップで買った「えだまめのポタージュ」も良かった。

 

narumi05_02_07
丸の内KITTEにあるアンテナショップの限定発売品。こちらは一般的なブロックタイプのフリーズドライ。こうしてカップに入れて、お湯を注ぐと…。

 

narumi05_02_08

 

あっという間に緑色のスープが完成。見るからに健康そう。

 

narumi05_02_09

 

枝豆がしっかりと練りこまれており、飲み口はとっても濃厚。パンと一緒にいただきたいスープです。

 

narumi05_02_010

 

 

グリーンピースを投入すれば豆づくしのスープにも

これだけでもおいしいけど…。きっと仲間だろうということで、さきほどのグリーンピースを投入。

 

narumi05_02_011

 

しばらくするとしっとり馴染んできた。えだまめのスープにホクホクのグリーンピース。ちょっとした歯ごたえが加わって、スープにボリューム感も出てきます。

 

narumi05_02_013

 

グリーンピースのようなひとつの素材から、あるいは和食の小鉢、そしてボリュームいっぱいのご飯ものまで。フリーズドライの活躍の場はとても広がってきているようです。

 

 

実は実は…!今回で一旦この連載は終了となります。1年弱お付き合いいただきありがとうございました。

 

思い出といえば、お気に入りの漫画の中で、アマノフーズのフリーズドライっぽい商品が出ているのを発見してコラムに書いたところ、原作者さんにも伝わったこと。なんとそれがきっかけで「花のズボラ飯」原作者・久住昌之さんとアマノフーズさんとのコラボレーションが始まっています。

今まさに「究極のズボラ飯」なるものを開発中だそうで、ぼくも完成が楽しみです。

 

【特別企画・ズボラ飯編】vol.1「花のズボラ飯」原作者・久住さんの思い入れのあるズボラレシピ

 

【特別企画・ズボラ飯編】vol.2「花のズボラ飯」原作者・久住昌之さんとフリーズドライ工場へ! | アマノ食堂