りんごイラスト りんご

レンジで簡単!「ドライりんご」の作り方&活用術。紅茶やグラノーラにも♪

ドライりんご完成写真

秋フルーツの定番、りんご。スーパーで1年中見かけるりんごですが、旬を迎える今は比較的お安く&おいしいりんごが手に入るまさに“買い”のタイミング!今まさにりんごが家にあるなら、ぜひ試していただきたいのが「ドライりんご」作りです。

 

今回は、ちょっと半生状態に近い「セミドライりんご」の作り方と、パリパリになるまで乾燥させた「フリーズドライりんご」のおいしい活用アイデアをご紹介します。痛みやすい、皮をむくのが面倒…という方も必見!旬のおいしさを自宅で手軽に楽しんで♪

 

***

 

「セミドライりんご」の作り方

 

【調理時間】

15〜20分

 

【材料】 ※1名分

・りんご…1個

 

【作り方】

ドライりんご作り方

1. りんごを塩で洗い、皮付きのまま2ミリ幅のクシ切りにする(気になる方は皮を剥いてもOK)。

 

ドライりんご作り方

2. 大きめのお皿にキッチンペーパーを2枚重ねて敷き、その上にりんごを重ならないように並べる。

 

ドライりんご電子レンジに入れる

3. ラップをせずに、500Wの電子レンジで3分加熱する。加熱後キッチンペーパーを取り替えてりんごを裏返し、さらに3分加熱する。

 

[POINT!]

加熱が終わってキッチンペーパーが濡れていたら、新しいキッチンペーパーと取り替えてから手順【4】に進みましょう。

 

ドライりんご完成写真

4. そのまま粗熱が取れるまで風通しの良い場所に置いておけば、できあがり!

 

[POINT!]

竹ざるなどに乗せて半日ほど置くと、甘さがより “ぎゅっ!” と凝縮された「セミドライりんご」 ができますよ♪

 

ドライりんご作り方

こんなに簡単にできるなんて!普段とひと味違う、りんごの味わいと食感を楽しんで。

 

 

紅茶やグラノーラに!フリーズドライりんごの活用法

フリーズドライりんご

自宅でも作れる「セミドライりんご」の作り方をご紹介しましたが、続いては、さらにパリッパリな「フリーズドライりんご」の紹介と、その活用アイデアです!

 

フリーズドライ製法によって味も香りもりんごのおいしさそのまま。国産ふじを使っているこちらの「フリーズドライりんご」(アマノフーズ) は、パリッとした食感と、口のなかで生のりんごの食感に近づいていく不思議な感覚にハマるリピーターが増えている人気商品とのこと。賞味期限180日以上と、長期保存できるのも驚きです。

 

さて、そのまま食べてもおいしいフリーズドライりんごの活用アイデアというと…例えば、紅茶。

 

りんご紅茶

カップに入れた紅茶に浮かべるだけで、たちまちりんご香る“フレーバーティー”に! ノンフライなので、紅茶の風味はそのまま。簡単すぎるうえ、とてつもなくおしゃれですね…!

 

水分を含んだりんごは紅茶の良いアクセントに。噛むと、ふわっと優しい甘さが口の中に広がります。仕事や家事のほっこりタイムや、お客さんに出すお茶にもぴったりですね。ほんの数秒でできることなのに、出される側の印象って全然変わるものです。

 

ドライりんごグラノーラ

そして、グラノーラと一緒に食べる方法もおすすめ。休日の朝などは、平日に頑張った体をいたわって、食事には気を遣いたいもの。お好みのグラノーラにフリーズドライのりんごをトッピングして、牛乳をたっぷり注いで召し上がれ。ヨーグルトに混ぜてもおいしいですよ〜♪

 

ちなみに、アマノフーズの社員さんがおすすめする食べ方は、フリーズドライりんごを、なんとりんごジュースで煮た「りんごのコンポート風」。りんごジュースの甘みをぎゅっ!と吸っておいしそう〜!鍋とりんごジュースさえあればできるので、キャンプのおやつにも最適だそう。こちらもぜひお試しあれ。

 

 

***

 

今回ご紹介したのは、セミドライりんごの作り方と、忙しい仕事の合間や休日にさくっとつかえて便利なフリーズドライりんご。

 

ちょっとした工夫で食事の彩りがパッと豊かになり、さらに気分まで高めてくれるんです!ドライりんごで幸せなひととき、作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

【教えてくれた人】

uchila_飯泉友紀さん

飯泉友紀さん(Uchila)

【PROFILE】

移動式フード・ドリンクユニット「Uchila(うちら)」のメンバー。各種イベントでケータリングなど食にまつわる活動を行う2人組ユニット。思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。

 

(スタイリング:荻原由佳)