あずき あんこ(あずき)

【保存版】あんこ好き必見。たい焼き、豆大福…手土産ベストセレクション!人気あんこスイーツ10選

手土産あんこスイーツアイキャッチ画像

年末年始の挨拶まわりなど、手土産を選ぶ機会が増えるこの季節。手土産の定番といえば、何といっても欠かせないのが「あんこスイーツ」です。

 

たい焼き、どら焼き、豆大福などの和菓子から、最近人気の洋菓子コラボレーションまで。今回は、アマノ食堂’s ベスト手土産セレクショーン♪ということで、「絶対にハズさない厳選あんこスイーツ」をお届けします!

 

 

***

 

①『とらや』の羊羹

『とらや』の羊羹

小倉羊羹「夜の梅」(中形)1,512円(税込)

 

日本を代表するお菓子の一つである、羊羹。飴に煮溶かした寒天を加えて作る煉羊羹(ねりようかん)、小麦粉や葛粉などを使った蒸羊羹、水分量が多めの水羊羹(みずようかん)などがあります。練り羊羹はなめらかな食感が特徴的。糖度が高く保存が効くことから、非常用のストックとしてもおすすめなんです。

 

羊羹の定番といえば『とらや』。中でも、そのとらやを代表する小倉羊羹「夜の梅」は、切り口に現れる小豆を“夜の闇に咲く梅”に見立てたのだとか。さすが老舗中の老舗…芸術的すぎます。しっかりとした食感がある一方でなめらかな舌触りも感じられる1品です。

 

【店舗情報】

とらや 東京ミッドタウン店

住所:東京都港区赤坂9-7-4 D-B117 東京ミッドタウン ガレリア地下1階

電話番号:03-5413-3541

営業時間:11:00〜21:00 ※ 東京ミッドタウンに準ずる

年始の営業時間:2018年1月2日から(年始の営業時間11:00〜20:00)

定休日:元日

アクセス:都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結

お取り寄せ:オンラインショップで可能

 

 

② 『亀十』のどら焼き

『亀十』のどら焼き

どら焼き 360円(税込)

 

ドラえもんの好物でおなじみのどら焼き。厚みのある生地+こだわりのあんこ!という不動のコラボレーションで、手土産にはもちろん、普段使いのおやつにも人気のお菓子ですよね。

 

浅草の老舗『亀十』のどら焼きは、少し大きめで生地はふわふわ!あえて焼きムラをつけた生地の真ん中につぶあんがサンドされています。中のあんこは、コシがありながらも甘さ控えめで飽きのこない味。大きくても食べ始めたら最後…ペロリと完食しちゃいます。

 

【店舗情報】
亀十
住所:東京都台東区雷門2-18-11
電話番号:03-3841-2210
営業時間:10:00~19:00
年始の営業時間:休まず営業(1月10日〜11日はお休み)
定休日:不定休(月1回程度)
アクセス:都営浅草線「浅草駅」A4出口から徒歩3分
お取り寄せ:お電話にてご相談ください。

 

【店舗情報】

亀十

住所:東京都台東区雷門2-18-11

電話番号:03-3841-2210

営業時間:10:00~20:30

年始の営業時間:休まず営業

定休日:不定休

アクセス:都営浅草線「浅草駅」A4出口から徒歩3分

お取り寄せ:不可

 

 

③ 『浪花家総本店』のたい焼き

『浪花家総本店』のたい焼き

たい焼き180円(税込) 

 

「およげ!たいやきくん」の歌でおなじみのたい焼き。最近では、あんこだけでなくカスタードクリームやさつまいもペーストなどさまざまな味が楽しめるようになりましたね。生地の厚みや食感の好みが人それぞれにあるので、よく話のネタにあがりますよね?

 

たい焼き店の老舗として、多くのあんこ好きから愛される麻布十番の『浪花家総本店』。ここのたい焼きの特徴はパリパリの薄皮。8時間かけて炊き上げた北海道産小豆が頭から尻尾までぎっしり詰まっているので、ひと口目から最後まで、どこから食べてもあんこを堪能できます。

 

【店舗情報】

浪花家総本店

住所:東京都港区麻布十番1-8-14

電話番号:03-3583-4975

営業時間:11:00~19:00

年始の営業時間:2018年1月2日から(1月22日〜26日はお休み)

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日) 第三水曜日

アクセス:東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅4番出口、7番出口

お取り寄せ:不可

 

 

④ 『松島屋』の豆大福

『松島屋』の豆大福

豆大福 160円(税込)

 

大福の中でも、ゴロッとした豆がたっぷり入った豆大福は、あんこ好きなら絶対に外せませんよね。お茶うけとしてもちょうどよく、老若男女に愛されるお菓子です。

 

“東京三大豆大福”のひとつと呼ばれる『松島屋』の豆大福には、存在感たっぷりの赤えんどう豆がぎっしり!程よく塩気のある赤えんどう豆は、決してお餅とあんこの邪魔をすることなく、それぞれの良さを引き立てています。素朴な甘さのあんこをたっぷりと頬張れば、思わずホクホク顔に♪

 

【店舗情報】

松島屋

住所:東京都港区高輪1-5-25

電話番号:03-3441-0539

営業時間:9:30~18:00

年始の営業時間:1月10日から

定休日:日曜・月2回月曜 不定休

アクセス:東京メトロ南北線 白金高輪駅より徒歩8分、都営地下鉄浅草線 泉岳寺駅A3出口より徒歩5分

お取り寄せ:不可

 

 

⑤ 『鈴懸』の最中

『鈴懸』の最中

鈴乃最中おてづめ4組入 1,534円(税込)

 

餅を薄く焼いた皮であんこを包んだ和菓子、最中(もなか)。最近ではアイスクリームを挟んだものなど、洋風の最中も人気です。上品なお茶菓子から子どものおやつにまで幅広く親しまれているお菓子です。

 

『鈴懸』の「鈴乃最中 おてづめ」は、鈴の形をした最中とあんこが別々になっていて、自分であんこを詰めていただくというユニークなもの。あんこを詰める時間がちょっとした楽しみに!このひと口サイズの最中は、さくっと軽い食感。パクパク食べられちゃいますので気を付けてくださいね(笑)。

 

【店舗情報】

博多 鈴懸本店

住所:福岡市博多区上川端町12番20号ふくぎん博多ビル1階

電話番号:092-291-0050

営業時間:菓舗9:00~20:00/茶舗11:00~20:00(L.O.食事19:00、甘味19:30)

年始の営業時間:2018年1月3日から営業

定休日:1月1日・2日

アクセス:福岡市地下鉄「中洲川端駅」5番出口からすぐ

お取り寄せ:オンラインショップで可能

 

 

⑥ 『あかりや』のあんみつ

『甘味処 川越 あかりや』のあんみつ

あんみつ 450円(税込)

 

赤えんどう豆と寒天、求肥(ぎゅうひ)やくだものに糖蜜をかけたものが「みつまめ」。そこにあんこを乗せたものが「あんみつ」です。昔から甘味処や喫茶店ではおなじみで、あんみつにアイスクリームやホイップクリームを乗せたクリームあんみつも人気ですよね!

 

『あかりや』の看板商品である「特製あんみつ」は、ごろっと大きくカットされた寒天と自家製あんこが特徴。あんこは黒蜜をかけることを考えた甘さ控えめのお味。こだわり抜いた甘味処の味は、お取り寄せでも楽しめますよ~!

 

【店舗情報】

甘味処 川越 あかりや

住所:埼玉県川越市新富町1-9-2

電話番号:049-222-0413

営業時間:店頭販売 9:30~19:00 / 甘味処 11:00~18:30(ラストオーダー18:00)

年始の営業時間:2018年1月1日から営業(閉店は通常より1時間ほど早め)

定休日:毎週水曜日(不定休あり)

アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩4分

お取り寄せ:オンラインショップで可能

 

 

⑦ 『榮太樓總本鋪』のきんつば

『榮太樓總本鋪』のきんつば

名代金鍔 216円(税込)

 

旅先のお土産としても人気の高い、きんつば。一般的には粒あんですが、なかにはさつまいもやかぼちゃのあんで作られたものもあり、意外にバリエーションが豊かです。

 

『榮太樓總本鋪』のきんつばは、江戸時代から変わらない丸くて平たい円盤状。あんをできるだけ薄い皮で包んで面ごとに焼くいていく、江戸時代から変わらない製法で現在も作られています。焼くときに使う胡麻油の香ばしい香りを楽しめるのも特徴のひとつ。

 

【店舗情報】

榮太樓總本鋪 日本橋本店

住所:東京都中央区日本橋 1-2-5

電話番号:03-3271-7785

営業時間:9:30~18:00

年始の営業時間:2018年1月3日から(営業時間短め 9:30〜17:00)、オンラインショップは2017年12月28日〜2018年1月4日まで休業

定休日:日曜・祝日

アクセス:東京メトロ日本橋駅 出口B9から徒歩2分

お取り寄せ:オンラインショップで可能

 

 

⑧ 『TORAYA CAFÉ』のあんペースト

『TORAYA CAFE』のあんペースト

あんペースト [こしあん]レギュラー 1,080円(税込)

 

あんこは、英語で「Sweet bean paste」や「Red bean jam」と訳すそう。考えてみると、砂糖と一緒に煮詰めるあんこはジャムと作り方がよく似ていますね。最近は、この点に注目して瓶詰めのあんこペーストを売っているお店を見かけます。

 

そんななか話題になっているのが、『TORAYA CAFÉ』の「あんペースト」。とらやといえば羊羹ですが、海外進出をはじめ、革新的なあんこスイーツを生み出していることからも目が離せません。

 

丁寧に煉りあげたこしあんに、黒砂糖やメープルシロップといったあんこと相性の良い素材を加えた「あんペースト」は、パンやアイスクリームに添えたりヨーグルトに加えてみたり…と、気軽にあんこを楽しめる新しい定番になりそう!

 

【店舗情報】

TORAYA CAFÉ・AN STAND 北青山店

住所:東京都港区北青山3-12-16

電話番号:03-6450-6720

営業時間:11:00〜19:00

年始の営業時間:4日から(モーニングおやすみで11:00〜)

定休日:水・年末年始

アクセス:東京メトロ・表参道駅B2出口より徒歩約3分

お取り寄せ:オンラインショップで可能

 

 

⑨ 『空いろ』のクッキーサンド

『空いろ』のクッキーサンド

空いろ つき 8個セット:2,100円、12個セット:3,150円

 

和菓子の枠にとどまらず、あんこはクッキーとの相性もバッチリ!ここからは、コーヒーにも紅茶にも合う洋風のあんこスイーツに注目していきましょう!

 

『空いろ』の『つき』は、クッキーに粒あんがサンドされたお菓子。あんこの種類は「あずきのつぶあん」と「白いんげんのつぶあん」の2種類。伝統を受け継いだ独自のあんこと、ほのかに塩味の効いた柔らかいクッキー生地は相性抜群です!柔らかな食感、味とも年配の方へのギフトやお子さんのおやつにもぴったり。

 

 

⑩ 『空いろ』のあんこブラウニー

『空いろ』のあんこブラウニー

ブラウニーの詰め合わせ8個入り [あんこブラウニー×1、あんこブラウニー抹茶×1、つき×6] 3,834円

 

「これぞ和洋折衷!」というお菓子を最後にピックアップしましょう!あんことチョコレートのコラボレーションが見逃せないこちらは、同じく『空いろ』が手がける「あんこブラウニー」。

 

小豆を皮ごと濾した特製の“○ (まる)あん”とチョコレートをたっぷり混ぜ込んでいます。生地に入っている大納言小豆が良いアクセント。ブラウニーに絶対欲しいコクはしっかりあるのに重すぎない。しっとり軽い食感が新しいブラウニーです。抹茶味も気になる!

 

【店舗情報】

空いろ エキュート品川店

住所:東京都港区高輪3-26-27 JR東日本 品川駅構内

電話番号:03-3443-7440

営業時間:月~土 8:00~22:00/日・祝日 8:00~20:30

年始の営業時間:休まず営業

定休日:エキュート品川に準ずる

アクセス:JR東日本構内

お取り寄せ:オンラインショップで可能

 

 

***

 

まとめ

①『とらや』の羊羹
② 『亀十』のどら焼き
③ 『浪花家総本店』のたい焼き
④ 『松島屋』の豆大福
⑤ 『鈴懸』の最中
⑥ 『甘味処 川越 あかりや』のあんみつ
⑦ 『榮太樓總本鋪』のきんつば
⑧ 『TORAYA CAFE』のあんペースト
⑨ 『空いろ』のクッキーサンド
⑩ 『空いろ』のあんこブラウニー

 

 

以上、アマノ食堂’sセレクション♪「絶対にハズさない厳選あんこスイーツ10選」をおおくりしました~!気になるあんこスイーツは見つかりましたか?どこかセンスが問われる手土産選び。せっかくなら「これは…!」と一目置かれるセレクトで喜んでもらいたいもの。

 

ぜひあなたのセンスもプラスして、「マイ・鉄板・あんこスイーツ」を見つけてくださいね!

 

(文:ツチヤトモイ)