あずき あんこ(あずき)

小倉トースト、あんコーヒー!? フリーズドライのおしるこを「あんこ」として活用する裏ワザ集!

あんこバタートースト

冬の寒い時期になると飲みたくなる「おしるこ」。アマノフーズにもお湯を注ぐだけで食べられるフリーズドライのおしるこがありますが、実は根強いファンやリピーターが多い人気の商品です。

 

アマノフーズのアンテナショップでは冬に限らず常に売れ筋商品にランクイン。おしるこって、決して派手ではありませんが(失礼しました!)、ひとくち飲むとホッ…とするし和むんですよね。

 

ということで、今回フィーチャーするのは、そんな地味に人気なフリーズドライの「おしるこ」。

 

実はお湯の量を減らせば「あんこ」として使えちゃうという裏ワザが!今回はあんことしての活用アイデアをご紹介します♪

 

***

 

“あんこ”に変身!? フリーズドライの「おしるこ」

アマノフーズおしるこ

こちらがアマノフーズの隠れ人気商品、おしるこ。北海道産小豆を使用&合成甘味料不使用と、素材にも味にもこだわっています。

 

さて通常は、お椀やマグカップにブロックを入れて、100mlお湯を注いでかき混ぜれば甘〜いおしるこができあがりますが、「あんこ」にする裏ワザはというと…!

 

アマノフーズおしるこ

お湯を少しずつ注いではブロックを崩し、混ぜていきます。ここで気をつけるのは、もちろんお湯の量。一気にドバッと入れないで、お好みの硬さになるまで様子を見ながらちょっとずつ…ちょっとずつ…。

 

アマノフーズおしるこ中身

30mlほど入れたら、少し水分量多めのあんこが完成!ぽってりと硬めのあんこがお好きな人は、もう少し湯量を減らしてみてくださいね。

 

では、早速このあんこを使ってみましょう。

 

 

あっという間にできる、お手軽アレンジ術3つ

難しいことや手間はナッシング!簡単にすぐ実践できるアレンジテクニックを3つご紹介します。

 

① トッピングするだけ!あんこの王道「あんこ餅」

おしるこ活用:あんこ餅

年末年始にたらふく食べたお餅。食べきれなかったお餅のトッピングには、ぴったり食べきれる量の あんこを乗せて無駄なく。おやつにも、サッとお腹を満たしたい休日のごはんにもおすすめです。

 

あ、もちろん普通におしるこにしてお餅を投入するもよし。お好きな食べ方でお餅のレパートリーを増やしちゃいましょう。

 

 

② 小倉トースト風!「あんこバターサンド」

おしるこ活用:あんこバタートースト

(今回は上に砂糖を振ってみました)

 

あんこはジャムの代用にも使えます。名古屋の喫茶店が発祥といわれ、最近では全国区の知名度になりつつある“小倉トースト”も簡単にできちゃいます。

 

あんこバタートースト作り方

食パンにたっぷりのあんことバターをサンドし、トースターでこんがり焼けば、あんこはみ出る食べ応えたっぷりサンドのできあがり!バターは食パンに直接塗ったり、写真のように焼く前&焼いた後の両方でっぷり乗せしてもOKです。

 

 

③意外にも相性バツグン!「あんこコーヒー」でひと息

おしるこ活用:あんこコーヒー

「あんこにはお茶」、というイメージがあると思いますが、実はコーヒーとも相性バツグン。といっても、単にあんこ菓子とコーヒーを一緒にいただくわけじゃなく、砂糖やシロップの代わりとしてコーヒーに投入!これがかなりイケるんです!ちょっと意外ですよね?

 

あんこコーヒー

コーヒーにあんこを適量イン!あんこ特有の素朴な甘さがほどよくて、ツブツブ感がヤミツキになっちゃうかも!? あんこコーヒーであんこ菓子をいただくのもいいかもしれません。味が気になる人は早速チャレンジしてみてくださいね♪

 

 

***

 

おしるこにする?あんこにする?楽しみがグンと広がる

おしるこアレンジ料理

フリーズドライのおしるこで作る、即席あんこの作り方。いかがでしたか?

 

この即席あんこのいいところは、いつでもどこでもお湯さえあれば手軽に「あんこ」を作れるところ。アウトドアでもオフィスでも、1食ずつ食べきれる点もポイント高いですね!アイスクリームにトッピングしたり、パンにつけて食べたりと、思いついたらすぐに「ジャーン!」とあんこを登場させられちゃうんです。

 

もちろん、おしることして飲めばほっこりポカポカ気分になれるフリーズドライの「おしるこ」。気分やシーンに応じて、うまく活用してみてくださいね。

 

 

関連商品:おしるこ

[6食入/箱(23.5g×6)、745円(税込)]

 

(文:山越栞)