ほうれん草 ほうれん草

12月の旬食材|ほうれん草の基本「見分け方、栄養、種類を知る」

shun12_01_main

【旬の時期】

12~1月頃

 

[ほうれん草の特徴・栄養]

栄養満点な「ほうれん草」は、緑黄色野菜界のエース的存在!健康な体づくりに必要なビタミン・ミネラル・食物繊維などがバランスよく含まれている優秀食材です。なかでも貧血予防の鉄分、抗酸化作用でがんや老化を防止するβ-カロテン、美肌効果のあるビタミンCが豊富です。今では1年中スーパーなどで手に入れることができますが、本来の旬は「冬」。冬採りのものは他の季節に比べて甘みが強く、ビタミンC含有量は夏採りの約3倍。冬にこそたくさん食べたい野菜なんです。

 

ほうれん草は漢字で書くと「菠薐草」。「菠薐」とは中国語で「ペルシャ(現在のイラン)」を意味します。その名の通り原産は西アジア地方で、日本へは江戸初期に中国から伝わったと言われています。当時からおひたしなどにして食べられていたようですが、一般に広まったのは戦後。栄養価が認められたことに加え、ほうれん草を食べるとパワーアップするあの人気キャラクター「ポパイ」も大きく影響しているとか!

 

[新鮮なほうれん草の見分け方]

新鮮なほうれん草を見分ける時に注目すべきポイントは葉っぱ。色が濃く、葉肉が厚く、葉先がピンとしているものがいいでしょう。太すぎない茎、小ぶりな株、赤みのある根がそろうとなおGOOD。ほうれん草はみずみずしさが命なので、新鮮なうちに調理したいところ。保存するときは、葉先が乾かないようしめらせた新聞紙に包みビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れましよう。

syun12_01_01

[日本の主な産地]

農林水産省のデータによると、平成26年の国内の収穫量1位は千葉県、2位が埼玉県、3位が群馬県と、関東圏が上位を占めています。あえて寒さにさらして栽培する「ちぢみほうれん草(寒締めほうれん草)」は東北地方でも多く栽培されています。

 

[ほうれん草の種類いろいろ]

ほうれん草は西アジア地方で生まれてから東西に分かれ、中国で東洋種、ヨーロッパで西洋種が作られました。日本には江戸初期に中国から東洋種が江戸末期にフランスから西洋種が輸入され、現在は東洋種と西洋種を掛け合わせた「一代雑種」が一般的です。

 

  • 東洋種

SONY DSC

葉の切れ込みが深く、ギザギザしているのが特長です。葉肉は薄く、根元は紅色。やわらかくて甘味があります。アクが少ないので、おひたしなどシンプルな調理でおいしく食べられます。日持ちしないのがやや難点といえます。

 

 

  • 西洋種

shun12_01_12

葉肉が厚く、丸みを帯びています。アクが強いので、ソテーやバター炒めなど高温調理に向いています。東洋種に比べ病気や害虫に強く、日持ちもします。

 

 

 

  • 一代雑種

東洋種の甘味と、西洋種の強さを取り入れた交配種。葉の形が三角形の「剣葉系」と葉に切れ込みがない「丸葉系」があります。

 

<剣葉系>

shun12_01_08

 

 

 

 

 

<丸葉系>

shun12_01_08

 

 

 

 

 

  • ちぢみほうれん草(寒締めほうれん草)

shun12_01_13

冬の寒さにさらす「寒締め栽培」で育てるほうれん草。寒さから身を守るため葉が縮みます。甘味が強いのが特徴で、中には果物の糖度に匹敵するものも。アクが少ないため、素材の味を楽しめるおひたしなどがおすすめです。

 

 

  • 赤茎ほうれん草

shun12_01_11

その名の通り茎だけが赤紫色をしている生食用品種。アクが少なく彩りも良いのでサラダにぴったり!若採りして「ベビーリーフ」として用いられることもあります。

 

 

 

  • サラダほうれん草

shun12_01_10

こちらも生食用に改良されたアクが少ない品種。そのまま食べられるよう、葉が柔らかく、茎も細くなっています。

 

 

 

  • スイスチャード

shun12_01_06

ほうれん草と同じアカザ科の葉野菜。原産は地中海沿岸で和名は「不断草(ふだんそう)」。赤・黄・オレンジ・白などカラフルな茎が特徴です。栄養価が高く、特に茎の色のもととなる色素には抗酸化作用があり、美肌やアンチエイジングに効果的。葉はそのままサラダに、柄の部分は火を通しておひたしや炒め物にして食べるのがおすすめです。

 

 

〜どこかで言いたい!ほうれん草の雑学〜

line03

人気アニメ「ポパイ」と、ほうれん草の缶詰に隠された秘密

syun12_01_02
1930年代のアメリカで生まれた漫画の人気キャラクター「ポパイ」。ピンチに直面した時に、ほうれん草の缶詰を食べると全身に力がみなぎり敵をノックアウトするという、お決まりの爽快なストーリーが当時アメリカで大評判となり一躍国民的アニメとなりました。60年代にテレビアニメとしてシリーズ化されて以降は各国で放映され、ポパイは世界中の子供たちのヒーローに。

 

実はこのポパイ、パワーアップするときの食べ物がなぜ「ほうれん草」だったのかというと…全米ベジタリアン協会が菜食主義を広めるために作った宣伝キャラクターだからなのだとか。当時ほうれん草は子どもたちの苦手な野菜の代名詞でしたが、ポパイのおかげで需要量は10年間で約6倍にも増えたんだそう。

 

ちなみにこのアニメをきっかけとして販売された「ほうれん草の缶詰」というものがあります。日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカではスーパーマーケットなどで普通に買うことができるんですよ。中身は生鮮のほうれん草を何時間も煮込んだもので、アメリカ人は肉料理に添えたり、スープに入れたりして食べているようです。ただ、それを食べた日本人の感想は…。興味がある方はアメリカに行った際にぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

line03

「サグカレー」のサグ=ほうれん草じゃない!?

syun12_01_03

インド料理店で見かける緑色の「サグカレー」。ほうれん草のペーストが入っているのでほんのり甘く、辛いものが苦手な人でもおいしく食べることができます。

 

皆さんはこの「サグ(saag)」の意味、ご存知ですか? ほうれん草が入っているから「サグ」=「ほうれん草」と思われがちなのですが、実は“青菜”の総称。本場インドでは、地域によって小松菜や菜の花を「サグ」と呼び、北インドで「サグカレー」と言えば、菜の花で作ったカレーのことなのだそう。地域や国によって「サグ」が意味する食材は異なるのですね。ちなみにヒンディー語でほうれん草は「パラク」です。カレー屋さんに行った際、ちょっとした会話のネタとして使えるかも…!?

 

line03

※ 参考文献

平成26年産指定野菜(秋冬野菜等)及び指定野菜に準ずる野菜の作付面積、収穫量及び出荷量(農林水産省)

「からだにおいしい野菜の便利帳」(高橋書店)

「野菜の効用辞典」(明治書院)

「いちばん体に効く野菜の教科書」(主婦の友社)

※参考サイト

農林水産省

野菜ナビ

インド料理「インディラ」