白菜 白菜

比家ゆかりさんに「白菜が美容と健康にいい理由」を聞いてみた!

比家ゆかりさん
比家ゆかりさん
比家(ひけ)ゆかりさん
アパレルメーカーにて色彩、スタイリングを学んだのち食の世界へ転身。現在、大手食品メーカーの販促レシピ開発、スタイリングを行う他、自然食ビュッフェの商品開発、地方外食産業に向けたデザート講習会、フードコンサルティングなど幅広く活動中。2013年ケータリングユニット「UNJOUR アンジュール」主宰。少人数から100人規模までのフードケータリングを手掛ける。今後、食を交えたイベントやフードスタイリングを合わせた料理教室を開催予定。

この時期、鍋をはじめ食卓で大活躍してくれる白菜。中国では古くから、豆腐や大根と並ぶ「養生三宝」の一つとされ、健康や美容にも効果があると言われています。でも、白菜=美容や健康にいいというイメージは、あまりないのではないでしょうか?

 

今回は、フードコーディネーター・ジュニア野菜ソムリエとして活躍中の比家ゆかりさんに、白菜の知られざる秘密と効果的な食べ方をお伺いしました!比家さんも「大好きな野菜」として挙げる白菜、そこに隠されたスゴいパワーについて迫ります。

 

 

養生三宝のひとつ、「白菜」が体にいい理由

白菜

95%が水分でできている白菜。同じく水分の多いなす同様、あまり栄養がないように思われがちですが、実はカリウム・カルシウム・食物繊維・ビタミンCとビタミンA・葉酸などが含まれています。では、白菜は一体どんな風に美容・健康にいいのでしょうか?その理由がこちらです!

 

白菜のここがスゴい!①

ダイエット時の食事に最適!

…白菜はカロリーがすごく低くて、まるまる1玉食べても140kcal程度。栄養がありつつ満足感も得られるので、ダイエットに向いている食材といえますね。

 

白菜のここがスゴい!②

美肌・シワ・便秘・むくみなど、美容に効果あり!

…まずビタミンCは皮膚の健康を維持する効果があるので、「肌のシミやシワの改善」が期待できます。一方でビタミンAは、特に女性が気になる「肌の乾燥」や「ニキビの予防」に効果がありますし、食物繊維は「便秘」を改善してくれます。あと、実は二日酔いにもいいと言われているんですよ。水分が多いので、食べることで二日酔いのときに起こる脱水症状を緩和してくれるんです。

 

あと、白菜はむくみ(浮腫)予防にも効果が。むくみは体内に余分な水分がたまることでできてしまうんですが、白菜に含まれるカリウムは体内の余分な水分を外に出す働きがあるので、白菜を食べることで、むくみの原因を取り除くことができます。

 

白菜のここがスゴい!③

「風邪の予防」にも効果的

…白菜は健康にもいいですよ。水分やビタミンCが豊富なので、粘膜を丈夫にしたり、免疫力を高めてくれます。つまりこの時季にひきやすい風邪の予防に効果的。寒いときには白菜をスープにしていただくなど、内側から身体を温めるお料理がおすすめです。

 

 

白菜の選び方、見分け方、保存方法

白菜

多くの女性が気になる肌の乾燥・シミやシワ・便秘・むくみをはじめ、風邪の予防効果も期待できる白菜。特に旬の今はスーパーで見かける機会が多いですが、購入する時に知っておきたい「選び方」のコツを教えてもらいました。

 

比家:可能であれば、丸ごと買うのをおすすめします。なぜなら、カットすることでそこから栄養成分が抜けていってしまうから。さらに、いい白菜を見極めるコツは「重さ」と「実の詰まり具合」を確認すること。ズシリと重みのある白菜のほうが水分をよく含んでいます。できれば、2~3個を手に持ってみて、重たいもの、なおかつ触ってみて「実が詰まっているな」という感触があるものを選ぶといいですよ。

 

ただ、一人暮らしの方などは、まるまる1個だと大きすぎて食べきれないこともありますよね。カットしたものを購入する際は、切り口がみずみずしいもの、外葉がしっかりと巻いてあり、白い部分につやがあるもの、また葉の緑色の部分が濃いものを選びます。葉と葉の隙間がなく中身がきちんと詰まっているものを選ぶのもポイントです。

 

― 買ってきた白菜を長持ちさせる方法はありますか?

 

比家:まるまる一個の白菜は、新聞紙で包んで冷暗所に立てて保管するとよいですね。横にすると重みで柔らかい葉が傷んでしまうので。保存場所は今の時期(冬)でしたら、家の中の風通しのよい冷暗所においてあげるのが一番いいと思います。それで2~3週間は持ちますね。カットしたものはラップで包み、冷蔵庫保管が良いです。

 

― 食べきれない場合の保存方法は?

 

比家:白菜は、冷凍保存できます!生のままで食べやすい大きさに切って冷凍するのと、あらかじめ茹でて水気を切って保存する方法がありますが、炒めるのが好きな方は前者、茹でた白菜が好きな方は後者のやり方がいいかと思います。野菜によって、生のままでは保存できないものもあるのですが、白菜は生のままでも茹でても大丈夫。私は煮込みによく使うので、茹でてから保存していますね。

 

白菜の「効果的な食べ方」は?

鍋

― 茹でても炒めてもおいしい白菜ですが、白菜の栄養をムダなく摂取するにはどんな調理法が適しているんでしょうか?

 

比家:白菜の成分に含まれるビタミンCは水や熱に弱いので、茹でたり煮たりすると、その熱によって栄養素が茹で汁に逃げてしまいます。ですからビタミンCをよりたくさん摂取するには、水を使わない調理、つまり蒸す&炒めるのがいいとされています。

 

とはいえ白菜の旬は冬。寒いから鍋料理にするのが一般的ですし、おいしいです。鍋にしたときは、だし汁も一緒に食べるようにしたり、あとはスープにしたりするといいですね。

 

また、蒸す場合は、白菜そのものの水分で蒸してあげると、より白菜のおいしさを味わえます。そして、炒めるときは汁が出やすいので、強火で短時間で仕上げるのがコツ。あと、白菜の芯に近い部分はうま味成分といわれるグルタミン酸が豊富で、炒めると甘みが引き立つので、きちんと火を通るように、削ぎ切りにしてあげるといいですよ。

 

─ やはり冬は鍋なんですね!

 

比家:私はお鍋が好きで、1年中食べているんですけど(笑)、白菜を使ったものだと「豆乳鍋」がおすすめです。白菜と豚肉、長ねぎや木綿豆腐を入れた鍋で、だしはお好みで和風でも鶏がらでもOK。くたくたになった白菜と豆乳がからんで、本当においしい!豆乳を弱火で煮込んでいくと、表面に湯葉ができて、そちらのおいしさも楽しめます。あるいはシンプルに、白菜と豚肉だけのお鍋を生姜醤油で食べるのもいいですね。

 

― 鍋以外でおすすめの白菜料理はありますか?

 

比家:以前作った「ロール白菜おでん」は周りからも好評でした。鶏ひき肉と根菜、きのこなどを合わせて練り、さっと茹でた白菜で包んだものを、和風出汁でゆっくり煮込みます。箸で簡単に切れるとろとろのロール白菜と、お出汁も一緒に味わうと体の芯から温まります。寒い季節にぴったりです。

 

白菜ロール

(比家さんおすすめの「ロール白菜おでん」)

 

比家:あと、白菜のポタージュスープもおすすめ。まず白菜を煮た後にフードプロセッサーで細かくします。味つけは、白菜をシンプルに味わいたいなら牛乳やバターを加えて、塩こしょう。もしも味が足りないなと思ったら、コンソメなどを足してあげてください。

 

 

白菜料理は「白」を活かす調理法を

比家ゆかりさん

― 比家さんは、お仕事やお家での料理で、よく白菜は使われますか?

 

比家:使いますね〜大好きなので。うま味はもちろんあるんですけれど、味にクセがないので使いやすい。おみそ汁に入れても炒めてもサラダにしても、鍋や餃子にしてもおいしい万能野菜です。

 

― アパレル業界から食の道へ転身した比家さんですが、「色彩」という観点からすると、白菜はいかがでしょう?どちらかというと地味というか、彩りを加えるタイプの野菜ではないと思うのですが…。

 

比家:色彩の観点からすると、逆に白菜の白を活かすといいですよ。たとえば、ポタージュにしたときはオリーブオイルや黒こしょうなど、白さが引き立つもの加えてあげるとか。また、白菜は白いだけに、盛りつけて他の食材とあわせたときにすごく引き立て役になってくれますよ。

 

 

shun01_04_03

 

① 白菜は美肌づくり・便秘・むくみ改善をサポート。風邪予防にも効果的!

② 買う時は中身が詰まっている重いものを選ぶべし。冷凍保存も活用して

③ 鍋はだし汁までいただくのがベター。欲しい栄養素によって調理法を分けると◎

④ あえて「白を活かす」料理&盛りつけで目にもおいしく!

 

 

旬の今だからこそ、よりおいしく手軽に食べられる白菜。冬太りや肌トラブルが気になる全国の女子の皆さま、どうせ食べるなら白菜を“効果的に”食べて体の内側からキレイを磨きましょう!