グリーンピース グリーンピース

簡単おいしい「豆ごはん」の作り方。フリーズドライ グリーンピースを活用しよう♪

グリーンピースの豆ごはん

グリーンピースを使った代表的なメニューといえば「豆ごはん」(=グリーンピースごはん)。本日は、フリーズドライされたグリーンピースを使った簡単な豆ごはんの作り方をご紹介します。

 

豆は「完全栄養食」とも呼ばれる栄養たっぷりな食材。フリーズドライされたグリーンピースは、一晩水に漬けたり、水煮したりと下処理することなくそのまま使えてとても便利。そのうえ、フリーズドライ加工は食材本来の栄養が損なわれにくいため、体にだって嬉しいんです。

 

 

おいしくて手間いらず!「豆ごはん」の作り方

shun_05_01_02

今回使用するのは、アマノフーズの「まるごと素材 フリーズドライのグリーンピース」。豆ごはんをはじめ、チキンライスや料理の彩りにも使えるグリーンピースを塩茹でしてフリーズドライしたものです。塩茹でしているため、ほんのりとした塩味が特徴。お酒のおつまみとしてそのまま食べるのもおすすめ!

 

shun_05_01_03

 

【材料】
・米…3合
・水…3合の目盛り分+少量
フリーズドライのグリーンピース…3/4袋
・酒…大さじ1
・塩…小さじ1
・昆布(乾燥)…約5cm(なければ顆粒だしでOK!)

 

【作り方】

shun_05_01_04

1. お米をとぐ。

 

shun_05_01_05

2. 分量分の水を入れる。3合分の目盛りより少し多めに水を入れるのがポイント。
(といだ後に30分ほどおくとごはんがふっくら炊けます)

 

shun_05_01_06

3. 袋から出したフリーズドライのグリーンピース・酒・塩を入れ、軽く混ぜる。

 

shun_05_01_07

4. 昆布を炊飯器の中央に入れ、炊飯器をスイッチオン。

 

shun_05_01_08

shun_05_01_09

5. 炊きあがったら昆布を取り出し、全体を軽く混ぜればできあがり。
(昆布は細切りにしてごはんに乗せてもおいしいですよ!)

 

あっという間に豆ごはんが完成!

shun_05_01_10

炊きあがるまで待つこと約30分。材料をすべて炊飯器に入れて、ボタンを押すだけで豆ごはんができました。

 

絶妙な塩加減といい香り。水煮や冷凍のグリーンピースよりしっとりホクホクしていて、まるで生のグリーンピースのような食感です。鮮やかな白と緑のコントラストは初夏の食卓にもぴったり!

 

 

【ちょい足しでアレンジ!】

ほんのり梅香る 大人の豆ごはん

shun_05_01_11

今回ご紹介した豆ごはんに、ほぐした梅を入れて炊き込むとグッと大人味に大変身!梅のしょっぱさが豆の甘みを引き出し、それぞれの味をしっかりと堪能できます。お砂糖を加えなくても自然な甘じょっぱさがあり、おかず要らずの一品です。見た目も華やかなので、ゲストへのおもてなしやお子さん&旦那さんのお弁当に入れても喜ばれます。

 

グリーンピースは苦手でも、豆ごはんは好きという方も多いですよね。グリーンピースは食物繊維が豊富で便秘解消を助ける働きがあり、栄養バランスもバッチリ。疲労回復の効果もあると言われているので、最近ちょっぴりお疲れ気味なあなたにもぜひ食べていただきたい食材です。栄養満点のグリーンピースで、五月病なんて吹き飛ばしちゃいましょう!