グリーンピース グリーンピース

グリーンピースは嫌いな野菜?アンケートの結果、意外な真実が…!

shun05_03_main

 

不人気野菜の代表格として、「嫌いな野菜」ランキングでは常に上位に挙がってしまうグリーンピース。

 

グリーンピースには食物繊維をはじめ、タンパク質・糖質・ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれており、栄養面では文句なしに優秀といえます。見た目も色鮮やかで料理に華を添えてくれる。それなのに…

 

チキンライスに入っていようものなら、お皿の端に寄せられ…シュウマイの上に乗っていようものなら「存在意義がわからない」とさえ言われる始末。同じ豆でも、枝豆はお酒のおつまみとして、大豆は美容食材としてあんなにもてはやされているのに、どうしてそこまで嫌われてしまうのでしょうか?

 

今回は「グリーンピースは嫌われがち」という事実を踏まえ、グリーンピースがなぜ嫌われてしまうのか、アマノ食堂独自のアンケート調査を行いました!

 

 

グリーンピースは好き?嫌い?

意外すぎる事実が判明!

 

今回、20~30代の男女計34人に「グリーンピースは好きですか?」というストレートな質問をしてみました。その結果がこちらです。

グリーンピースは好きですか? グラフ・好き……58.8%

・嫌い……41.2%

 

なんと「好き派」が「嫌い派」を上回るという意外な結果に!小規模なアンケートとはいえ、これは驚きの事実ではないでしょうか。世間では「グリーンピース=嫌い」という風潮が目立つものの、実際はそうでもないようです。

 

続いて、好き派と嫌い派それぞれの理由を教えてもらいました。

 

 

「おいしくないけど、まずくはない」

グリーンピース好き派の意見

グリンピース

かなり少数、むしろ限りなくゼロに近い?とさえ思っていた「グリーンピースが好きな人」の意見としては、味うんぬんよりも見栄えの良さを挙げる声がチラホラ挙がりました。

 

・「料理の見栄えがよくなるから」

 

・「まずくないから。好き好んでは食べないし、料理に入れることで急激においしくなるわけじゃないけど、いないと寂しい存在(見た目的に)。パサパサした食感は好きだから嫌いじゃない」

 

・「グリーンピースのいいところは、小さい粒に全部がギュツと詰まってる感じ。お皿の上にあったら普通に食べるけど、それ以外に特に好んで食べる理由はないよね」

 

グリンピースを使った料理

(さまざまな料理に華を添えるグリーンピース)

 

たしかにシュウマイやチキンライス、ポテトサラダなどの料理に鮮やかな緑色のグリーンピースが乗ることで、見た目がパッと華やかになりますよね。見た目は高ポイントのようですが、注目すべきは「めっちゃ好き!」というわけではないこと。嫌いじゃないけど特別好きでもない…つまり「どうでもいい」ってこと…?喜びも束の間、これは悲しいですね。

 

では、「嫌い派」の意見も聞いてみましょう。

 

 

「とにかく存在感が強すぎる」

グリーンピース嫌い派の意見

グリンピース

グリーンピース嫌いの人は、前世の業かと思うほどグリーンピースを心底嫌っているイメージがあります。そんな「嫌い派」の皆さんはグリーンピースのどこがそんなに嫌いなのでしょうか?

 

・「味と、パサッとした食感が昔から嫌い。あと、メイン食材にはならないので存在意義がよくわからない」

 

・「グリーンピースを丸々食べるのが嫌い。シュウマイなんて1粒しか乗ってないのに味の主張が強くって

 

・「世の中には枝豆やそら豆があるんだから、グリーンピースがしゃしゃり出てくることはない

 

・「独特なざらつきがあって、味も主張が激しすぎる」

 

・「“グリーンピースが嫌われ者”という群集心理が働いてグリーンピースのことを“添え物ポジションだと思っているからだと思います

 

・「粉っぽくモサモサしている食感と、独特の青臭い匂いがダメ…。そら豆や黒豆など、他の豆は全般的に好きですが、なぜかグリーンピースだけはいただけません。お酒に合わないのも理由

 

グリーンピースが嫌いな理由はわりと共通しており、「パサパサした食感」「青臭さ」、そしてそれらを総合した「主張の強さ」でした。ちょっと意外なところだと「グリーンピースは嫌われ者」というイメージが心理的に影響しているなんて声も。

 

言われてみれば、たった1粒でも、その見た目・味ともにグリーンピースのインパクトはすさまじいものがあります。出る杭は打たれるとも言うべきか、存在感がありすぎて「邪魔!」と思われてしまう損な役回りのよう。

 

〜まとめ〜

 

グリーンピースは…

嫌われていないけど、特に好かれることもない。その存在感ゆえ、邪魔者扱いされてしまうことも…(笑)

 

クラスや職場にもこんな人、1人はいるのではないでしょうか。交友関係は広いけど親友がいない人、合コンで場を盛り上げようとがんばるのに空回る人、張り切れば張り切るほど邪険に扱われてしまう人…。そんな人のことを、今日から「グリーンピース男子」「グリーンピース女子」と呼んでもいいかもしれませんね。

 

 

グリーンピースのクセを和らげる方法

さや付きのグリンピース

嫌われる要因として多く挙がったグリーンピースの強すぎる存在感。これらを和らげるための方法を調べてみました。

 

まず、グリーンピースの青臭さを消す方法。グリーンピースには、「リポキシゲナーゼ」という脂質酸化酵素が含まれており、これが脂質と反応したとき、「ヘキサナール」という青臭さの原因物質が生まれます。

 

これを防ぐには、リポキシゲナーゼの働きを止めるために熱を加え、さらに揮発性のヘキサナールを低減させるために長めに茹でること。グリーンピースは通常5分ほど茹でれば十分ですが、倍の10分茹でることでヘキサナールが減少するんです。この調理法を守れば、臭いを気にせずグリーンピースが食べられるかも。

 

そして、食感が苦手…という人は、旬の時期の生のグリーンピースを選んで食べてみましょう。旬の時期は4~6月でまさに今!さやつきのものを購入し、調理の直前にさやから取るのがポイントです。冷凍や缶詰とはちがう、みずみずしいフレッシュな食感が味わえますよ。

 

ぜひ、お試しください!