zucchini ズッキーニ

輪切りだけじゃない!おしゃれな「ズッキーニ」の切り方8選

ズッキーニ_アイキャッチ

鮮やかな緑色の見た目にクセのない味。ズッキーニは、さまざまな料理に応用できる万能食材にも関わらず、案外、食卓に登場するシーンは少ないと思いませんか?

 

「ズッキーニといえばラタトゥイユ一択!」と思っているそこのあなた、ズッキーニの実力はそんなものではありません。実はズッキーニこそ、料理初心者にはとっても使いやすい万能食材なんです!生でも炒めても茹でてもOKなうえに、切ってもスライスしてもくり抜いても使えるなど活用方法はさまざま。クリエイティブな切り方をもマスターすれば、得意メニューのバリエーションが一気に増えるはず!

 

 

まず基本から。「スタンダード」編

何事もまずは基本からということで、スタンダードなズッキーニの切り方4つを覚えましょう。慣れ親しんだ切り方ばかりなので、誰でも簡単にできます。

 

【1】輪切り

shun_07_03_2

キュウリなどと同様、端からスライスします。火を通してもシャキシャキとした食感が残る1cm弱の厚みがオススメ。油との相性がバツグンのズッキーニは、オリーブオイルでソテーして塩で味付けするだけで十分美味。それ以外にもカレーの具材や、1mmほどの薄い輪切りにしてマリネにするのも◎。

 

【2】乱切り

乱切り

縦半分に切ったあと、ズッキーニを回しながら一口大に切ります。メニューによってサイズを変えてもOK。断面が広くとれる乱切りは、より油の吸収が良くなるため、素揚げにして出し汁などに漬ける揚げびたしや、ソテーにするとおいしくいただけますよ。ズッキーニ本来の食感も十分味わえる切り方です。

 

(調理例)乱切りズッキーニの煮浸し

(調理例)乱切りズッキーニの煮浸し

 

 

【3】千切り

千切り

輪切りにしたあと、棒状に切ります。あまり細すぎると食感がなくなってしまうので、少し太めぐらいがいいでしょう。きんぴらのような炒め料理に使いやすいですが、醤油を入れると色味が悪くなるため、塩やハーブ類で味付けするとベスト。また、スティック状にカットしたズッキーニにパン粉と粉チーズを混ぜたものをまぶして、油で揚げたフライドズッキーニもぜひ試してほしい一品です。

 

【4】角切り

角切り

輪切りにしたあと、サイコロ状にカットします。

角切り2

サイズはメニューによって調整しましょう。定番料理のラタトゥイユなら、食感が楽しめるぐらいの大きさがオススメ。小さめの角切りなら、寒天を使ってゼリー寄せにすると涼しげで夏にピッタリですよ。

 

(調理例)副菜にぴったりな、ズッキーニと枝豆のモザイク和え

(調理例)副菜にぴったり。ズッキーニと枝豆のモザイク和え

 

ライン

 

華やかさUP!「おもてなし料理」編

続いては、食卓に華やかな彩を添えるおもてなし料理向けのズッキーニの切り方を伝授!この2つを覚えておけば、きっとパーティーシーンで喜ばれるはず。

 

【5】一本切り

一本切り

縦半分にまっすぐ切ります。一本切りは中身をくり抜いて器として使いましょう。グラタンやミートソースを詰めてチーズをかけ、オーブンやトースターで焼けば、あっという間にオシャレな一品のできあがり。パプリカなどカラフルな食材を使うと一層見栄えが良くなります。

 

ズッキーニのミートソース詰め
(調理例)ズッキーニのミートソース詰め

 

【6】スライス

スライス

一本切りをしたあと、スライサーを使って断面を薄くスライスします。クルクルと巻いてオードブルのアクセントにしてもよし、酢飯を巻いて寿司ネタを乗せてもよし、サラダを巻くもよしと「ザ・おもてなし料理」に大活躍!ラザニアを作るときも、薄いスライスが重ねやすくて便利です。

 

(例)スライスしたズッキーニをくるくる巻いた一口サラダ

(調理例)スライスしたズッキーニをくるくる巻いた一口サラダ

 

ライン

 

マスターすれば上級者!「ひとひねり」編

最後は、ズッキーニ使いの達人になりたい方へ、変わりダネ系の切り方を2つご紹介します。ここまでマスターすれば、もはやズッキーニの達人といっても過言ではないでしょう。

 

【7】すりおろし

すりおろし

そのまま、もしくは半分に切って、すりおろし器でおろします。塩とブイヨンで味付けした牛乳または豆乳の中に、おろしたズッキーニを入れれば、鮮やかな緑色のスープが完成!ズッキーニは味にクセがないので、そのまま飲むのはもちろん、そうめんのつけ汁や煮詰めてパスタソースにしてもさっぱりと食べられます。

 

すりおろしたズッキーニのスープ
(調理例)すりおろしたズッキーニのスープ

 

【8】アコーディオン状

アコーディオン状

“寸止めの輪切り”をするイメージで切り込みを入れていきます。こうすることで、まるでアコーディオンのような形状に。

 

切り込みにチーズやサラミ・ハムなどを挟み、オリーブオイルをかけトースターで焼くだけでオシャレなアレンジ料理ができちゃいます。BBQなら具材と一緒にホイル焼きにしてもOK。手が込んでいるように見えて、案外簡単なのが嬉しいですね。

 

(調理例)アコーディオン状にしたズッキーニに塩を振ってグリルした、ズッキーニのホイル焼き。

(調理例)アコーディオン状にしたズッキーニに塩を振ってグリルした、ズッキーニのホイル焼き。
ライン

 

ズッキーニは料理初心者でもアレンジしやすい

こうやって見てみると、どれも意外と簡単にできる切り方ばかり。一見難しそうに見えるアコーディオン状も、丁寧に切っていけばとっても簡単。ズッキーニは生でも煮ても焼いても食べられるので、メニューのバリエーションがとても豊富です。

 

ズッキーニは料理初心者の強い味方!いつもスーパーでズッキーニ売り場を素通りしていた人も、安くたくさん手に入れやすい旬の今こそ、ぜひお試しください。

 

 

【レシピを教えてくれた人】

uchila
飯泉友紀さん(Uchila)
移動式フードドリンクユニット「Uchila(うちら)」(写真左)のメンバー。各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。公式Facebook:https://www.facebook.com/uchila.me/