toumorokoshi とうもろこし

3つの裏ワザを伝授!旬のとうもろこしを一番キレイに食べる方法

とうもろこし_アイキャッチ

夏から初秋にかけて旬を迎える「とうもろこし」。鮮やかな黄色とシャキシャキ食感、自然な甘さがおいしい人気食材です。ただ一つ、とうもろこしには最大の難点が…

 

「とうもろこしって、食べにくい」

これですよ、これ。

 

きれいに食べられない、そして、丸ごとかぶりつくと歯に挟まってしまう。食べたくても、何となく躊躇してしまう人は少なくないはず。今回はそんなとうもろこしへの苦手意識を払拭するべく、「とうもろこしのキレイな食べ方」を調査しました。これでもう、とうもろこしを目の前にしてオドオドしなくて済みます!

 

かぶりつく以外の食べ方が知りたい…

食べかけのとうもろこし

とうもろこしを1本丸ごと食べる時、「かぶりつく」のが一般的なケース。決して間違った食べ方ではなく、むしろとうもろこし本来のおいしさを一番堪能できる方法ではないでしょうか?

 

ただ、とうもろこしの粒が歯の間に挟まったり、大口を開けてかぶりつく姿が少し恥ずかしかったり、口の周りがベタベタ汚れてしまったり…と、困ることも事実。

 

そんな難点をクリアした「一番キレイな食べ方」とは?今回は3パターンの食べ方を実践してみました!

 

[初級] 手を使ってキレイに食べる裏ワザ

とうもろこしを手で食べる様子

まずは、一番実践しやすい方法から。道具を使わず「手」のみを使ってキレイに食べる方法をご紹介します。

 

はじめに、とうもろこしの粒が縦に1列キレイにそろっているところを見つけて、その列の粒を指で1粒ずつもぎとっていきます。さらに、その隣の列の粒も同じようにもぎもぎ…。この工程は、もうお気づきかと思いますが少々根気が必要です(笑)

 

とうもろこしを手で食べる様子②

ただ、ここからは楽チン!2列分の空列ができたら、その周囲の粒を親指の腹で空列に向かってまとめてグッと押し倒していきます。
(柔らかめに茹でると少しやりにくいかも。固めに茹でたとうもろこしなら、数粒まとめてキレイにとれます!)

 

これを繰り返して、すべての粒をとります。道具を使わず指だけでキレイに食べられるのは魅力的ですが、時間は正直かかりました。時間に余裕がある時や少量のとうもろこしを食べるときは、この方法を試してみるといいでしょう。

 

[中級] バターナイフを活用する

バターナイフでとうもろこしを食べる

「手だと上手にむけない…」という方には、バターナイフを使って粒を削ぎ落とす方法がおすすめ。まず、芯と粒の間(粒の根元)にバターナイフをグッと強めに差し込みます。

 

とうもろこしの先端に向かって押し込む

そのままバターナイフを先端に向かって押し込み、スーッと粒を削ぎ落とします。少し力は必要ですが、2列分まとめて取れるので、先ほどの指を使った方法よりも早くて簡単!そして、何と言っても気持ちいい~!

 

バターナイフがない場合は、先端が斜めになっている割り箸(天削箸)で応用することもできます。これならあまりストレスを感じることなく、とうもろこしを素早くキレイに食べることができます。

 

綺麗に粒がとれたとうもろこし

(ほーら!こんなにキレイ!)

 

[上級] コーンカッターで一気に刈り取る

コーンカッターでとうもろこしの粒をとる様子

最後は「どの方法も面倒くさい」という人にとって、最終兵器ともいうべき「コーンカッター」の登場!コーンカッターはその名の通り、とうもろこしの粒を一気に削ぎ落とせるとうもろこし専用グッズです。

 

まず上の写真のように、とうもろこしの上部にカッターの刃の部分を挿し込みます。

 

コーンカッターでとうもろこしの粒をとる様子②

そして、コーンカッターをとうもろこしに押し付けながら下にスライドさせるだけ。さすがは専用グッズ。驚くほど一気に粒を削ぎ落とすことができました!これは…かなり…気持ちいい!これを発明した人、天才か。

 

ただし、力加減が弱すぎると粒の根本が残ってしまうことも。力が入れづらい場合には、まな板などにとうもろこしを置いて固定させるとキレイに削ぐことができますよ。

 

コーンカッターでとうもろこしの粒をとる様子③

削ぎ落とされた粒は、こうして容器に溜まります。粒がいっぱいになったら取り出しましょう。手も汚れず、めちゃくちゃ簡単。完璧に使いこなすには少し練習が必要かもしれませんが、とにかく短時間でキレイに食べるにはコーンカッターが一番といえそう!

 

これであなたも、とうもろこしマスター!

とうもろこし

「一番キレイに食べる」ことでいうと、ベストはコーンカッター。ただ、ちょっとハードルが高いという人は他の2パターンでも十分キレイに食べることができます。今回ご紹介した3つの方法は野外で食べるには少し手間がかかりますが、自宅やお店で食べるなら覚えておいて損なし!今までスマートにとうもろこしを食べられず敬遠していたあなたも、この裏ワザを使って旬の甘いとうもろこしを思う存分堪能してくださいね。