toumorokoshi とうもろこし

「とうもろこしの粒は必ず偶数」って本当? 6時間かけて1粒ずつ数えてみた結果

とうもろこし・アイキャッチ

嫌いな人はあまりいない「とうもろこし」。もともと夏野菜として知られているとうもろこしですが、今では夏に限らずスーパーなどで年中手に入るため、私たちに馴染み深いメジャー野菜でもあります。

 

そんなとうもろこしにまつわる、こんな噂をご存知ですか?

 

「とうもろこしの粒の数は絶対に“偶数”」

 

これ、本当に本当なのでしょうか?「いやいや、そうは言っても、たまに1本くらい奇数のとうもろこしがあるのでは…」と沸き上がる疑念。何が起きてもおかしくないこの世の中で、“絶対”なんて言い切れるわけがない!

 

 

***

 

本当に偶数なの?実際に数えてみる

フリーライターの石川優太さん

そこで今回、実際にとうもろこしの粒を数えてみることに。

 

協力してくれたのはライターの石川優太さん(21歳)。自称“とうもろこし愛好家歴21年”。正直、こんな地味な…いや、過酷なチャレンジに協力してくれる人がいるなんて驚きました。よほどのとうもろこし好きなのか、はたまた暇だったのか。とにかく、前向きに協力してくれる姿勢がポーズから伝わってきます。

 

ライター石川優太

「月9に間に合うように、数十分で終わらせますね!」

 

なんとしてでも石川さんに月9を観せてあげたいところ。

 

 

異なるスーパーで買った5本のとうもろこしで検証

とうもろこし5本

ただ数えるといっても1本だけだと検証にならないので、購入先が異なる5種類のとうもろこしを用意しました。

 

とうもろこしの粒は偶数?

(※写真左から、グルメシティ・まいばすけっと・ココスナカムラ・コモディイイダ・赤札堂で購入したもの)

 

よく見ると、それぞれ色味・粒の大きさ・密度・並び方が違います。同じとうもろこしでも、産地や品種によってちゃんと個性があるみたい。

 

とうもろこしの粒をとる

さて、とうもろこしの粒の数は絶対に偶数なのか?検証スタート!まず、とうもろこしの粒をすべてとる作業から。

 

ライター石川優太

「思っていた以上に抜けにくいですね…。ちょっと力を入れると粒が破裂しちゃいますし」

 

とうもろこしの粒を根本からキレイにとるのは大変。相当神経を集中させる必要がありそうです。

 

フリーライターの石川優太さん

「あ、でもコツを掴めば結構スルッと抜けちゃいますね。これなら1本30分もかからないかも(笑)」

 

余裕の表情を見せる石川さん。だがしかし、まだまだ先は長い。

 

時計

ちなみに、開始時刻は16時45分。5本のとうもろこしの粒を数えるのに、果たしてどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

 

黙々ととうもろこしの粒をとる石川優太さん

「23粒…24粒……。“24”といえば『24-TWENTY FOUR-』って名作ですよね。あのドラマ観ました?」

 

とうもろこしの粒を数えながら、別の話題を挟むほどの余裕ぶり。これは期待できそう!

 

とうもろこしの粒をとる石川優太さん

「…………。」

 

と思いきや、時間経過と共にだんだん口数が少なくなってきた石川さん。ついに無言になり、黙々と粒を数え進めて30分が経過。ようやく1本目の終わりが見えてきた頃、石川さんの重たい口が開く。

 

「…すみません。ちょっといいですか?」

 

 

とうもろこしの粒は偶数?

「ゴールが遠すぎる……!!!」

 

 

最初はあんなに余裕だったのに、早くも心が折れた様子。それもそのはず。1本目の粒をすべて外し終えた時、開始からすでに1時間20分が経過。「1本30分もかからないかも〜」とか言っていましたが、俄然そう甘くはありません。

 

***

 

1時間半かけて、ようやく1本目をとり終える

喜ぶ石川優太さん

「やっと1本終わった…!」

 

1本目のとうもろこしを終えたところで、粒をとるコツをすっかり掴んだ様子。とはいえ、残り4本。このペースでは日が暮れて朝日を見ることになりそうなので、急遽取材スタッフ2名が作業に参加。人海戦術でペースを加速していきましょう。

 

くたくたになりながらとうもろこしの粒を数える

急遽お手伝いすることになったスタッフが黙々と作業している隣で、石川さんは想像以上のキツさからか、現実逃避するかのようにドレミの歌(とうもろこしver.)を口ずさむ。

 

ライター石川優太

「『と』は『とんび』の『と』〜。『う』は『ウーマンラッシュアワー』の『う』〜…」

 

取材スタッフ:「…石川さん、もう日が暮れ始めてますから真剣にやってください。このままじゃ月9どころか深夜までかかるし、早く仕上げないととうもろこしを食べる時間もなくなりますよ」

 

ライター石川優太

「え? 早く終わったら、とうもろこし食べていいの?」

 

 

集中してとうもろこしの粒をとる様子

ご馳走にありつけるとわかった途端、さっきまでのテンションからは信じられないペースで粒をとっていきます。なんて単純な男なのでしょうか。

 

 

とうもろこし5本分の粒をとり終えた

とうもろこしの粒は偶数?

「…全部むしり終わった」

 

この時点で時刻は18時55分。

 

ようやくすべての粒をとり終えました。いよいよ本題の「とうもろこしは本当に偶数なのか」、数えていきたいと思います。

 

とうもろこしの粒を数える石川優太さん

「485〜♪ 486〜♪」

 

とうもろこしを並べながらウキウキで数える石川さん。時間経過はあっという間ですが、それでも順調に並べていきます。

 

とうもろこしの粒を数え続ける様子

キレイに並べて、かつ粒の数を数えるのは想像以上に大変。粛々と数え続けて、ようやく3本目を数え終えた頃、時計は21時5分。すでに「月9」は始まっていましたが、当の本人は集中するあまりすっかり忘れているようです。

 

 

最後の1粒。ついに待ち焦がれた瞬間が…!

とうもろこしの粒

そして、ようやく最後の1粒を並べる瞬間がやってきました。

 

喜びのポーズ

「やっと……この時がきた!」

 

ここで、すべてのとうもろこしを数え終えました。天を仰ぐように喜びを噛みしめる石川さん。

 

石川優太さんと時計

しかしこの時、すでに時刻は22時30分を回ろうというところ。開始から5時間45分が経過していました。1本数えるのに要した時間はおよそ約1時間弱。

 

時計と石川優太さん

そりゃこんな顔にもなりますよ。「1本30分かからない」とか言ってた奴誰だ。でも、よく頑張った!

 

 

気になる結果は?

粒が並べられたとうもろこし

果たして本当に、とうもろこしの総数は偶数なのか?気になる結果がこちらです。

※なお、検証にあたってはほぼ同じグラム数のものをチョイスしています。

 

とうもろこしの粒は偶数?

(左)グルメシティのとうもろこし…656粒
5本の中で、最も粒の総数が多かったのがこれ。

 

(中)まいばすけっとのとうもろこし…516粒
小ぶりな粒が詰まっている印象のまいばすけっと。

 

(右)ココスナカムラのとうもろこし…632粒
色味がキレイだったココスナカムラのとうもろこし。

 

とうもろこしの粒は偶数?

 

(左)コモディイイダのとうもろこし…366粒
グラム数が同じとはいえ一番粒数が多いグルメシティとは200粒ほどの違いが。同じ1本でもこんなに個性があるんですね。

 

(右)赤札堂のとうもろこし…546粒
最後は店舗で「産地直送」を推されていた「赤札堂」のとうもろこし。成熟した粒が多かった。

 

 

***

 

【結論】とうもろこしの粒は本当に「偶数」!

とうもろこしの芯と粒

検証結果は、5本全ての粒の総数は偶数!噂は本当でした。

 

検証終了後、その理由を調べてみたところ…どうやら、とうもろこしは「成長する過程で粒が2つに分裂する」そう。そのため、虫に食べられることがない限り、粒の総数が偶数になるのは必然なのだとか。なるほど、そういうことだったんですね。

(参考:「とにかくおもしろい雑学!」

 

 

というわけで、「とうもろこしの総数は偶数」説は無事実証されました。すっきり!

 

ライター石川優太

「次とうもろこしを見かけた時は、迷わずかぶりついてやりたいですね」

 

 

スーパーでとうもろこしを見かけたら、この検証結果と石川さんの疲れきった顔を思い出してくださいね。

 

 

とうもろこしの芯と粒2

(これらのとうもろこしは、この後スタッフがおいしくいただきました)