松茸のイラスト まつたけ

自宅で簡単!「まつたけご飯」の作り方。プロが教える下処理のコツも伝授

amano_shun_09_01_icatch

「食欲の秋」が到来!秋は、さんまや栗など旬のおいしい食べ物がたくさん。なかでも外せないのが、秋の味覚の王様「まつたけ」です。高級食材といわれるまつたけの魅力は、なんといっても食欲をそそる芳醇な香り。この時季しか食べられないまつたけだからこそ、スペシャル感を味わえます。

 

秋の味覚といえば「まつたけ」

松茸

お吸い物や網焼きもおいしいですが、今回ご紹介するのは老若男女みんな大好きな「まつたけご飯」の作り方。ほんのひと手間を加えるだけで、ふんわりとまつたけの風味が香る絶品の炊き込みご飯ができあがります。これさえあれば、おかずは必要ないかも?

 

 

やっておくべき「まつたけの下処理」

まずは、調理する前にやっておきたい「まつたけの下処理」から。下処理といっても、とくに難しいことはありません。やっておくべき工程は3つだけ。

 

【下処理①】まつたけの石づきを包丁で切り落とす

まつたけの石づきを包丁で切り落とす

★ワンポイントアドバイス!

高価なまつたけは石づきをザクッと切ってしまうともったいないので、鉛筆を削るように柄の先端をささがきにするといいですよ。

 

【下処理②】水でサッと洗い水気を拭く

松茸を水の中でサッと洗い水気を拭く

 

【下処理③】まつたけを食べやすい大きさに手で裂く

まつたけを食べやすい大きさに手で裂く

★ワンポイントアドバイス!

まつたけは包丁で切るより手で裂いたほうが断面に味が染み込みやすく、おいしくなります。さらに、大きめに裂くとより風味もアップ!手で裂くだけなら小さなお子さんでもできますし、楽しみながら調理できそうですよね。

 

 

「まつたけご飯」の材料・作り方

まつたけご飯を食べる様子

続いては、「まつたけご飯」のレシピをご紹介。まつたけご飯は“味付け”が難しそうなイメージがあるかもしれませんが、調味料のバランスを守れば実はとっても簡単!秋の食卓の主役になるのはもちろん、お客さまへのおもてなし料理としても大活躍してくれます。もし食べきれなければ冷凍しておいて、お弁当に入れたりしても喜ばれそう。

 

 

【調理時間】
50分

 

【材料】(2人分)
・米…1合
・まつたけ…適量(小2~3本ほど)

 

[A]
・顆粒だしの素…5g
・薄口しょうゆ…大さじ1弱
・酒…大さじ1と1/2
・みりん…大さじ1/2
・塩…ひとつまみ

 

浸水させたお米

1. お米を研ぎ30分間浸水させたあと、しっかりと水気を切る。

炊飯器にお米と[A]を入れる

2. 炊飯器にお米と[A]を入れる。

水を入れ、全体を混ぜる

3. 1合目の分量まで水を入れ、全体を混ぜる。

 下処理をしたまつたけを入れて炊く

4. 下処理をしたまつたけを入れて炊く。

全体をふんわりと混ぜ合わせ、茶碗に盛る。

5. 炊き上がったら全体をふんわりと混ぜ合わせ、茶碗に盛る。

三つ葉を乗せたまつたけご飯

6. お好みで三つ葉を乗せれば、より贅沢な味に仕上がります。

 

炊きあがったときの、部屋中に立ち込めるまつたけの香りがたまりません。上品な味わいとともに、ジューシーなまつたけの食感も楽しめます。ぜひご自宅で作ってみてくださいね。

 

 

炊飯器に入れるだけ!
手間を省きたいならフリーズドライの「松茸ご飯の素」

アマノフーズ フリーズドライの松茸ご飯の素

最後に、下処理からの工程をぜんぶすっ飛ばして「とにかく簡単に、まつたけご飯が食べたい!」という食いしん坊さんにおすすめなのが、アマノフーズの「松茸ご飯の素」

 

アマノフーズ フリーズドライの松茸ご飯の素

作り方はとっても簡単。炊飯器にお米と「松茸ご飯の素」を入れて、スイッチを押すだけ。まつたけとだしの旨みがギッシリ凝縮された本格的なまつたけご飯があっという間にできあがり。

アマノフーズ フリーズドライの松茸ご飯の素

気になるお味は…かなり本格的!今年収穫した香り高いまつたけに加え、にんじんとたけのこが入っており食べ応え十分。生鮮のまつたけはちょっとハードルが高い…という方でも、手軽に秋の味覚を堪能できちゃいます!これなら料理が苦手な人でも安心ですね(笑)。

 

2合用の「松茸ご飯の素」が2袋入って2,160円(税込)。お値段は通常よりややお高めですが、長期保存できて思い立ったらいつでも手軽に食べられるという魅力はお値段以上の価値あり!ではないでしょうか。

 

頻繁に食べられないからこそ、とっておきのスペシャル気分を味わえるまつたけ。年に一度、秋にしかできない贅沢と思って、今年はぜひまつたけご飯にチャレンジしてみましょう!

 

 

【レシピを教えてくれた人】

フードスタイリスト徳丸綾夏プロフィール

徳丸綾夏さん
[PROFILE]
フードスタイリスト。ヴァイオリンと語学を学ぶため15歳で単身渡英。現在は料理教室の講師を務める傍ら、個展のオープニングパーティ、ホームパーティでのケータリング業も行っている。“ELLE à tableフードクリエイター部”に所属し、メディア向けのレシピ考案など幅広く活躍中。

 

 

【おすすめ商品】

アマノフーズ フリーズドライの松茸ご飯の素

松茸ご飯の素 [数量限定]
内容量:2合用×2袋
価格:2,160円(税込)
※1袋でごはん茶碗 約5〜6杯分(アマノ編集部調べ)

 

【商品紹介】
秋の味覚を代表するまつたけの旨みがぎっしり凝縮された、炊き込みご飯。まつたけの芳醇な香りと歯ごたえを味わえる今の季節にぜひ召し上がっていただきたい「松茸ご飯の素」。今年収穫したばかりの香り高い上質なまつたけを贅沢に使用し、にんじん、たけのこの具材とともに だしを効かせた上品な味わいに仕上げました。実りの秋の代表格まつたけの香りが、お釜を開けた瞬間に湯気と同時に舞い広がります。まつたけの歯切れのよい食感や豊かな香りをお楽しみください。
※お米は別途ご用意ください。