松茸のイラスト まつたけ

きのこ界の一大ブーム!まつたけにそっくりと話題の「松きのこ」。気になる味や食べ方は?

松きのこ

まつたけに似ている食材として有名なエリンギ。エリンギで代用した「なんちゃってまつたけご飯」はなかなか見抜くことができないというのはこちらの記事で検証しましたが、それでもやはり大きく違うのはまつたけ特有の“香り”。昔から「香りまつたけ、味しめじ」と言われるほど、まつたけの香りは数あるきのこの中でも別格だとされています。

 

そもそも、まつたけはなぜ高級なのかご存知ですか?まつたけは人工栽培ができず天然オンリー、かつ収穫できる時期も限られているため、その希少性からどうしても高価にならざるをえないんです。これまでも長らくまつたけの人工栽培が研究されてきましたが、未だ成功していないそう。

 

 

そんななか、まつたけの地位を揺るがす存在が…

きのこ類

ところが限りなくまつたけに近い新種のきのこが現れたというんです。その名もズバリ、「松きのこ(まつきのこ)」。テレビや雑誌で取り上げられるやいなや、どこもかしこも売切れ続出。予約1ヵ月待ちはザラというほどの人気ぶりなのだとか。

 

話題の「松きのこ」とは?味は?調理方法は?気になるアレコレを調べてみました。

 

 

松きのことは?基本と豆知識

青空きのこ園の松きのこ

福岡県久留米市で「松きのこ」の栽培・販売を行っている『青空きのこ園』さんにお聞きしました。

 

松きのこが誕生したのは、かつてまつたけの一大産地だった広島県世羅町。まつたけの人工栽培にチャレンジしている過程で偶然生まれた副産物が松きのこでした。まつたけの人工栽培は残念ながら叶わなかったものの、味・食感・香りともにまつたけにそっくりである松きのこはじわじわと注目を浴びるように。そんななか、知り合いから「おもしろいきのこがある」と聞き、松きのこの存在を知った『青空きのこ園』代表の白石さん。広島が地元ということもあり、早速農家へ足を運んで菌床を分けてもらったのだとか。

 

松きのこは室内で栽培できるので全国どこでも栽培はできるそうですが、きのこの成長に欠かせない水がきれいな土地がやはり向いているそう。

 

松きのこに含まれる栄養素は、きのこ類に多く含まれる食物繊維の一種「βグルカン」や、免疫力&新陳代謝アップが期待できる「亜鉛」など。ビタミンも豊富で体に嬉しいうえに、きのこなのでとってもヘルシー。ダイエット中の人や女性にとっての強い味方です。

 

 

まつたけほど構えずに買えるお手頃さ

松きのこ

今回お話を伺った『青空きのこ園』さんも、松きのこがメディアで紹介されてから注文や問い合わせが急増。現在も、予約は平均で40日待ちだとか。それもそのはず。松きのこがこれほどまでに注目を浴びているのは、圧倒的なお手頃さにあります。

 

国産まつたけの相場価格は、特上のものなら100gあたり8000円〜1万円、安くても3000円以上するといわれています。ところが、松きのこの場合は100gあたり850円前後(青空きのこ園の販売価格より)。まつたけと同じくらいおいしいのに、さほど身構えずに買えるお手頃さ。注文が殺到するのもうなずけますね。

 

 

「生で食べられる」ことも人気の理由

青空きのこ園の松きのこ

白石さんいわく「生でそのまま食べられる」というのも人気の理由だとか。専用工場で菌床栽培(きんしょうさいばい)しており、農薬や防カビ剤も使用していないので生でも安心して食べられるんです。土汚れもないので洗わずにそのまま食べられるそう。

 

「ぜひ一度生で食べてほしいですね。バター炒めや天ぷらにしたり、コロッケやちまきの具材などに使ってもおいしいです。松きのこはどんな料理にも合うんですよ。実は今、松きのこを使ったスイーツにも挑戦しています」(青空きのこ園・白石さん)

 

松きのこはしいたけのような“えぐみ”がないため生でも非常に食べやすいそう。また、そのまま生で食べられるというのは、ズボラさんや時間がない人にとっては嬉しいポイント!気になる生の食感は、シャキシャキで割けるチーズのような質感だとか。爽やかな香りとほんのりとした甘さも特長です。

 

 

炙っても蒸しても炒めても!レシピの幅が広がる

松きのこの炊き込みご飯

炊き込みご飯やお吸い物、ホイル焼きにすれば、まつたけそっくり。エリンギでさえ見分けがつかなかったのに…まつたけと松きのこの違いに気付ける人はもしかするといないかもしれません。また、他の野菜と炒めたり、炭火で炙って食べても絶品!

 

「おすすめは天ぷら。他のきのこ類と同様に色んな料理に使えますが、シャキッとした歯ごたえが松きのこの魅力なので、火を入れる時も熱を通しすぎないのがおいしくいただくポイントです。僕自身、広島で育ったので昔からよくまつたけを食べてきましたが、正直味自体は、松きのこのほうがおいしいと思っています」(青空きのこ園・白石さん)

 

***

 

一部では「まつたけを超えた」とまでいわれる味と、手頃なお値段、調理法の幅広さ。三拍子そろって、今やまつたけ以上に入手困難となった「松きのこ」。今年の秋もブームは引き続き継続中!青空きのこ園の松きのこは、通販以外にも福岡県内の一部の道の駅で販売しているそうなので、もし見かけたら即GETくださいね。

 

line02

取材協力/青空きのこ園