大根のイラスト 大根

初めてさんでも簡単!「ぶり大根」 超・基本の作り方

shun_11_02_icatch

12月の旬の食材は「大根」。この時季、おでんやおみそ汁の具材として見かける機会が増える大根ですが、なかでも不動の人気料理といえばやはり「ぶり大根」。ジュワッと味が染みた大根と、脂が乗ったぶりの組み合わせ、想像するだけでお腹が空いてきました…!

 

ぶり大根は作り方が難しい!と思われがちですが、実はびっくりするほどシンプル。ひとことで言うと、“調味料をすべて入れて煮るだけ“。また、意外なことにフライパンでもおいしく調理できるんですよ。(大根によく味を染み込ませるために、底が広い鍋、または深めの鍋を使うと調理しやすいです)

 

甘じょっぱ~い味付けで、ほかほかご飯がどんどん進む、基本の「ぶり大根」レシピをご紹介します。

 

 

【調理時間】

50分

 

【材料】(2〜3人前)

 

食材一覧

 

・ぶり…2切れ(700gほど)

・大根…15cm(1/2本)

・生姜…2片(親指のあたま2つほど)

・酒…大さじ1

・みりん…大さじ1.5

・しょうゆ…大さじ2

・砂糖…大さじ2

 

大根・ぶり・生姜の下ごしらえ

大根の下処理

 

【大根の下処理】

1.まず大根を2〜3cm幅で輪切りにし、それをいちょう切りにします。面倒な場合は半月切りでもOK。煮崩れを防ぐために、大根は皮付きで煮込むのがおすすめです。

2.お皿に入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで5分間加熱する。

 

【ぶりの下処理】

大根をレンジで加熱している間に、ぶりの下処理をしておきましょう。

ぶりの下処理 ぶりの下処理

1.ぶりを食べやすいサイズ(5cm幅が目安)にブツ切りにする。

2.ざるに移し、上から熱湯をかけ生臭さを取ります。表面の色が白っぽく変わったらOK!

 

【生姜の下処理】

1.生姜は皮付きのまま2mm幅でスライスする。

 

 

***

 

「ぶり大根」基本の作り方

 

【1】 すべての調味料を鍋に入れて煮立たせ、みりんと酒のアルコールを飛ばします。

みりんと酒のアルコールを飛ばす

【2】 【1】に、下処理した大根・ぶり・生姜を一度に入れる。ポイントは、ぶりの皮面を底にして煮ること。こうすることで煮崩れしにくくなるんです。

落し蓋をして中火で約10分煮込む

【3】 落し蓋をして中火で約10分煮込みます。落し蓋がない場合は、数ヶ所穴をあけたクッキングシートやアルミホイルで代用できます。

弱火でさらに約30分煮る

【4】 落とし蓋を取って、弱火でさらに約30分煮ます。

ぶり大根のできあがり

【5】 最後に強火にして、汁が全体の1/3ほどになったらできあがり!一度冷ますとさらに味が染みて、コクがアップしますよ。

 

 

おいしく仕上げるには「ぶりの下処理」が必須!

ぶり大根

今回、ぶり大根のレシピを教えてくれた飯泉友紀さんいわく、「ぶりの下処理は必ずやって!やるのとやらないのとでは味が格段に変わります」とのこと。煮込む前には必ず、沸騰したお湯をかけて、生魚の臭みのもとになる表面のヌメりを洗い流しましょう。

 

下処理さえ知っていれば、実は意外なほど簡単に作れる「ぶり大根」。旬の大根とぶりを同時に味わえる、おいしいぶり大根をぜひ召し上がれ。

 

 

【教えてくれた人】

Uchila飯泉友紀

 

飯泉友紀さん(Uchila)

移動式フードドリンクユニット「Uchila(うちら)」のメンバー。各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。
Facebookページ