中村航さん×島本理生さん|【第3回】恋に悩んだら読んでほしい!お互いが選ぶマイベスト作品

島本理生
  • 中村航
    中村航
    1969年、岐阜県生まれ。小説家。2002年『リレキショ』で第39回文藝賞を受賞し、デビュー。2004年『ぐるぐるまわるすべり台』で第26回野間文芸新人賞受賞。2005年出版の『100回泣くこと』は累計85万部を突破するベストセラーとなり、2013年に映画化。『年下のセンセイ』、『世界中の空をあつめて』、『小森谷くんが決めたこと』など著書多数。2012年出版の『トリガール!』は映画化され、2017年9月に上映予定。
  • 島本理生
    島本理生
    1983年、東京都生まれ。小説家。小学生から小説を書き始め、15歳で『ヨル』が「鳩よ!掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。2001年『シルエット』で群像新人文学賞優秀作を受賞。2003年、20歳のとき、『リトル・バイ・リトル』で受賞した第25回野間文芸新人賞は、同賞史上最年少。近著に『イノセント』、『Red』など多数。2005年出版の『ナラタージュ』は、翌年「この恋愛小説がすごい」第1位に輝き、2017年秋に映画化。

アマノ食堂に訪れる、お客さんの“おいしいお話”をお届けする「お客さん対談」。ゲストは中村航さんと、島本理生さん

第2回では、お2人の恋愛観から作品への影響まで、貴重なお話が伺えました。そして迎えたラストの今回は、さらに興味そそられるお話が展開しますよ!

中村さんの最新の恋愛小説『年下のセンセイ』、島本さんの今月発売の新刊『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』のストーリーにまつわる、ここだけでしか聞けない特別談義をじっくりとお楽しみください。

 

数々の恋愛小説を世に出してきたお2人。ご自身の作品のなかで、特におすすめしたい恋愛小説は?

中村航

年下男性との恋愛を描いた

『年下のセンセイ』

(中村航さん)

中村航やっぱり今はこれですね、『年下のセンセイ』

島本理生タイトルが良いですよね、年下の“センセイ”。

中村航恋愛小説は僕も書きたいし、ニーズもあるみたいなんですけどあまり書けなくて。今は年に1回くらい書けたらいいなって感じ。これは出版してから1年ほど経ってるんだけど、僕にとっては最新の恋愛小説ですね。この先の構想もあって。『年下のセンセイ』は主人公である年上女性&年下男性のセンセイのお話だけど、今度はそれを男女逆転させて年下女性のセンセイ&年上男性の物語を書きたいなと思ってます。

島本理生私、年下の男性って弟みたいに思えて恋愛対象じゃなかったんですけど、この本を読んで「年下男子と付き合いたい!」と思っちゃいました。

中村航それはいいね!年下男子(=センセイ)がいきなりある日和服で現れるシーンがあるんだけど、少女漫画作家さんに「おお!少女漫画展開!」って言われたんですよ。全然意識してなかったんだけど、僕がこれまで少女漫画を読み続けた日々は無駄じゃなかったんだなって思いました(笑)。

島本理生女性が書くとなんとなく狙った感じが出ますけど、男性が書くと良いですよね。

年下のセンセイ

中村航少女漫画展開は楽しすぎる。「か、顔が近い!(照)」みたいなことを女性視点で書くのってすごく楽しいなと気付いた。島本さんのおすすめは?

島本理生私ももうすぐ出る新刊をぜひ読んでほしいです。航さんにも読んで頂いた『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』ですね。

中村航これ、すっごく面白かった。3時間くらい語れる気がする。

島本理生

30代女性のリアルな恋愛事情を

綴った新刊『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』

(島本理生さん)

島本理生ありがとうございます!主人公と年上男性の恋愛がメインではあるんですけど、実は脇役の女友達や妹のエピソードが個人的に気に入っていて。みんな30歳前後のアラサー世代で、彼氏がいなくて結婚相談所に行ったらすごいダメ出しされたり、ちょっと派手な業界で仕事をしていて素敵な既婚の人と遊んでみたけど全然ピンと来ないとか。それまで、がむしゃらに突っ走ってきた30歳前後の女性が一度立ち止まって生き方を考えてみたときに、試行錯誤してみる感じがうまく表現できたんじゃないかなと。「自分はどういう風に生きたいのか」を登場人物たちが考えて、それぞれに違う決断をしていく過程の描写は自分でも気に入ってます。

中村航なんか痛いほどリアルなんだよね。妹の話が一番びっくりしたなあ。ただ出てきただけの妹だと思っていたから…。

島本理生ふふ。少しネタバレしちゃうと、主人公の妹はどちらかというとずっと悪者的な立ち位置だったんですよね。でも最後の最後に、「この妹にも何か事情があるんじゃないか」ってふと思いついて。そこは見所の一つなので、実際に読んでもらいたいですね!

中村航あと、結婚相談所に行く人の話とか、もう胸が痛い…。

島本理生(笑)。それは実際に取材したんですよ。

中村航あぁ、そうなんだ。業界人との大人な男女エピソードも、なんだか猛烈なリアリティーがあるんだよね…。

島本理生個人的にリアルだと思うのは、ベッドに入ったら彼の体型が崩れてたところかな。文系青年が文系中年になるとこうなるんだ、と。身もふたもない描写ですが…(笑)。

中村航完璧ですごく素敵な人なんだけど、「そういう人だってこの年になるとこうなるのか」って主人公は思っちゃうんだよね。それでもその夜をやり過ごすんだけど、その後若い女の子と旅に出て…あれは良いシーンだった。

島本理生ありがとうございます。女同士で旅に出るシーンも結構多いです。私自身も、女友達の存在ってこのくらいの年齢になると改めて貴重だな〜って感じるんです。男の人とはわかりあえない部分を、女同士なら不思議とわかり合えるというか。

中村航そもそも男同士で旅行って、あんまりしないですからねぇ。

島本理生女の人は女同士で旅に行くの好きですからね。

中村航

中村航そうそう、あとそれぞれの章のタイトルがすごく良かったなぁ。章タイトルを並べていくと恋や物語が進んでいくような感じっていうのかな。これって最初からこういうタイトルをつけようと決めてたんですか?

島本理生実は私、タイトル付けが苦手で。なので最初に単語だけ羅列していたら、意外としっくりきて。今回はそんな感じで、キャッチーな言葉を拾って、タイトルにしていました。

中村航例えば「雨の映画館、焼き鳥、手を繋ぐ」というタイトルで、関係が素敵に進んでいることがわかったりするんだけど、「桜、生しらす、春の海」っていう章タイトルを見たときは「生しらすって、もしかしてすごいエロい意味があるんじゃないだろうか?」って思った(笑)。単語や言葉の並びから、色んな鮮やかなイメージが湧く。

島本理生そんな想像をしてくださっていたんですね(笑)。それぞれ小説の章の中で一番印象的な食べ物入れようかなって。

中村航だんだん好きになっていくというより「だんだん許していく」っていう恋愛だと思うんだけど、『年下のセンセイ』も共通する部分があるなと思いました。相手に対して踏み込めずに躊躇してるんだけど、ちょっとずつじんわり踏み込んでいく。

中村航と島本理生

島本理生アラサー女性がグッと一歩踏むところを書きたかったんです。

中村航でもこれは、ものすごくヘビーなところに踏み込んでいて、最初にも話したけど、本当に「旅をしてごはんを食べる小説」じゃなかった。

 

ー 最後は、お互いの恋愛小説で好きな作品をそれぞれ挙げていただきました。

島本理生

航さんらしさが詰まった

『僕の好きな人が、よく眠れますように』

(島本理生さん)

島本理生私、『僕の好きな人が、よく眠れますように』がすごく好きです。結婚している女性に恋する話なのに、こんなにどちらも悪いと思えなくて、2人とも爽やかで切ない話を書けるのって航さんくらいだと思いました! 航さんの小説は切なくても温かい話が多い印象です。

中村航ありがとうございます。僕も島本さんの作品みんな好きです。こないだのほら、“強い男の人が出てくるやつ”。あれ好きだなぁ。強い? 強いじゃなくて、ヤバい男の人。

島本理生強い男の人が出てくるやつ(笑)!『夏の裁断』ですか?

中村航そうそう、それ。まず地の文章と会話文の連なりが、驚くほど美しかった。あと、どこに辿り着くのか、読み手の期待みたいなものって絶対あると思うんだけど、こうあってほしい、みたいなこととは違うところに進んでいく。でもさっき島本さんの「書いてる途中にこの人の話も書こう!って思いついた」って話を聞いて、なるほどな〜って思った。

島本理生私、そのときの気分で書くことを増やしちゃうんです。

中村航今回の新刊も夢中で読んだから、「キレイにまとめよう」ってのが、ジャマになるときもあるんだな、って勉強になったかもしれない。

中村航

大学生の爽やかな恋愛が

かわいい『クローバー』

(中村航さん)

中村航あと島本さんの小説で言うと『ナラタージュ』とか『生まれる森』とかよく話題に出ると思うんですけど、僕、『クローバー』好きですね。

島本理生『クローバー』は私自身、書いていてすごく楽しかったです。

中村航若い!って感じが良いし、爽やかでかわいい。なん言うんだろうなぁ…羽海野チカさんの『ハチミツとクローバー』を彷彿とさせるような青春っぽさというか。最後のほうに出てくるベビーカーのシーンがすごく鮮やかで、幸せな感じがしたなぁ。

島本理生『クローバー』を書いてるときは大学生くらいだったんで、大学生の頃の元気でエネルギーがある感じが滲み出ていたかもしれないですね。

中村航幅広いですね、島本作品は。興味が尽きません(笑)

 

ーさて、お話はまだまだ尽きませんが、そろそろ〆のお時間。今回はビストロリゾットシリーズから、中村さんには「ほうれん草とチーズのリゾット」、島本さんには「トマトとーチーズのリゾット」をご用意しました。

中村航と島本理生

島本理生まろやか〜。味付けはしっかりなんだけど、しょっぱすぎたり人口的な味がしたりとかが全然ない!

中村航優しい味がしますね。おいしいです。

島本理生朝、お腹が空いているときにも良いですよね。パパッとつくれるし。

中村航いいね。あとロケットに乗って月に行くときにも絶対良いよね(笑)。

 

ー季節は冬から春へ。新しい出会いが多くなるこの時季に「読んでみたい」と感じた小説があったなら、手に取ってみてはいかがでしょうか。中村さん、島本さん、楽しいトークをありがとうございました。またのご来店をお持ちしております。

line02

【関連記事】
[第1回]村上春樹から短歌まで…人気作家がすすめる「恋愛小説」傑作集!
[第2回]質問!「自分の恋愛観、作品にも反映されてますか?」
[第3回]恋に悩んだら読んでほしい!お互いが選ぶマイベスト作品

本日の一品

taidan02_03_08
ビストロリゾット ほうれん草とチーズのリゾット
ビストロリゾット ほうれん草とチーズのリゾット
1食分/24.5g
216円(税込)
詳細はコチラ

手軽にすぐ食べたい!そんな時に本格的なリゾットを味わえる「ビストロリゾットシリーズ」。玄米&押し麦&チーズ入りで食べごたえ十分。トマトリゾットは、トマトの酸味をまろやかでコクのある味わいに、ほうれん草のリゾットはチーズの風味も程よく感じられるやさしい味に仕上げました。