よしかの「体のお悩みを"旬の食材"でサポート!」

よしかの新商品を色んな人達に食べてもらおう!〜GOOUT CAMPキャンパー編〜

_DSC8373
内田佳香
アマノ食堂の看板娘であり、アサヒグループ食品株式会社の商品開発を担当している食いしん坊女子。「美味しいものを探して食べることと、流行りものにはすぐに手をだしてしまうアマノ食堂のよしかです。“毎日を楽しみ、常にポジティブ!”をモットーに仕事も遊びも楽しんでます♪

こんにちは!アマノ食堂のよしかです。このコーナーでは、アマノフーズの商品企画を担当する私よしかの“旬”をテーマにした新商品開発の舞台裏をこっそりお見せしていきます♪

 

〜前回までのあらすじ〜

 

第1弾の新商品として、冬の旬食材を使った「冷え」にきくメニューを開発中。候補として挙がっていたメニューの試作品を作ってじっくり検討した結果、「里芋と小えびの雑穀リゾット」「冬野菜の参鶏湯」の2つを商品化することに決定しました。前回登場した開発担当の福田さん&勝見さんがこれから味をブラッシュアップしていくという大詰めの状況のなか、私よしかがふと思ったことは…

 

 

色んな人に試作品を食べてもらって感想を聞きたい!

福田さん&勝見さんという2人の開発メンバーが頑張っている間に私ができることといったら…そうです。色んな人に味見をしてもらって感想を2人に伝えること!まだまだ完成品ではないけれど、試作品ができたということで、よしか渾身の“ほぼ完成”リゾットと“ほぼ完成”参鶏湯を持って、こちらにやってまいりました。

yoshika09_01_01

富・士・山!!!!

…ではなく、そのふもとにある静岡県の「ふもとっぱら キャンプ場」です。実はfacebookページでもちらっと告知させていただいたのですが、10/2(土)〜10/3(日)にここふもとっぱらのキャンプ場で開催されたGOOUT CAMP vol.11にアマノ食堂が「出張アマノ食堂」としてブースを出店していたんですよ。(当日ブースに来てくれた皆さま、ありがとうございました!)

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが、フリーズドライはアウトドアと相性抜群。軽量で持ち運びに便利なうえに、荷物もかさばらないし、お湯と器さえあれば野外でも温かいごはんが食べられる。実際、フリーズドライを持ってキャンプや登山に行かれる方はとっても多いんですよ!というわけで、記念すべき「突撃!よしかの試食会(仮)」第一弾のターゲットは…“キャンパー”だー!!!

 

 

と、その前に…
「出張アマノ食堂」ブースの様子を少しだけご紹介します

yoshika09_01_02

じゃーん!アマノ食堂の“のれん”!

アマノ食堂 武田と岡田と中村

アマノ食堂のスタッフ。写真左から武田さん、岡田さん、中村さん。サイトのアマノ食堂とは?のイラストと似ているかこっそりチェックしてくださいね。

 

さて「出張アマノ食堂」ブースでは、アマノフーズ商品の試食体験を行いました。

_DSC8473

yoshika09_01_04

紙コップのスリーブに自由にスタンプを押してオリジナルカップを作り…

yoshika09_01_05

受付に持っていくと、お好きな商品を選んでその場でお湯を注いで食べられるんです!この日は快晴で、日中はとても暖かかったのですがたくさんの人がブースに遊びに来てくれましたよ〜。

アマノ食堂 中村

アマノ食堂のリアルアウトドア好き、中村さんによるフリーズドライを使ったアレンジ料理ワークショップも行いました♪写真は参加者にコツをレクチャーする中村さん。

 

 

というわけで、早速キャンパーの皆さんに食べてもらおう。
まずは「冬野菜の参鶏湯」!

「出張アマノ食堂」の様子をご紹介したところで…

いざ!「よしかの台所」の試作品を食べてもらいましょう!まずは、前回開発メンバーの勝見さんが“色合いがポイント”と言っていた「冬野菜の参鶏湯」から。

 

1人目のターゲットは、ショートカットがよく似合っているこのキュートガール。勇気を振り絞って声をかけると、快く試食を引き受けてくれました。ありがとうございます!

 

yoshika09_01_010

(ゴクゴク…)

yoshika09_01_011

「具だくさんだし美味しい!鶏のスープが優しい味で食べやすいです。鶏だしと生姜が効いていて、体にも良さそう。元気がない時とかに食べたい感じ」

 

よかった〜!そうなんです、元気がない時に食べても“ほっ”とできるような味にしたいんです。具だくさん感も感じてもらえたようで嬉しい限り♪目の前で美味しいって喜んでもらえると、顔のニヤニヤが止まらない…(照)。ちなみに、今回の試食は私よしかが考案したことはあえて伏せて食べてもらっているので、皆さんの率直な感想です。だからなおさら嬉しいよー!

 

近くで楽しそうに会話していたアクティブ女子お2人にも試食してもらいました。

yoshika09_01_012

yoshika09_01_013

「優しい味!シーンにもよるけど、もう少し味にパンチがあってもいいかも。でも参鶏湯にひよこ豆って意外だけどすごく合うんですね〜」

yoshika09_01_014

「美味しいですね!味も香りも好きです。個人的にはもう少しスパイスが効いていてもいいかな?と思うけど、これはこれで優しい味がしてほっとします」

 

なるほど!確かに参鶏湯といったらもう少しスパイシーなイメージがあるし…生姜と胡椒をもう少し効かせたほうがいいのかも。やっぱりお客さんの率直な意見は参考になりますね。

 

〜参鶏湯の感想まとめ〜

・具だくさんで美味しい
・スープが美味しい
・生姜が効いているのが◎
・生姜の香りと味がいい!
・体に良さそう
・ひよこ豆が美味しい
・ひよこ豆が好きだから入っていて嬉しい
・元気ないときに食べたい
・優しい味
・もう少しパンチがあってもいいかも!
・もう少しスパイス入れても良さそう

 

 

「里芋と小エビのリゾット」もいきましょう

こちらのアウトドアガール3人組には、「冬野菜の参鶏湯」「里芋と小エビのリゾット」の両方を食べてもらいました!

yoshika09_01_09

天野実業の“洋食の女王”、福田さん渾身の「里芋と小エビのリゾット」。里芋特有のもったり感やなめらかさを出すのに一番苦労したとのこと。芋らしさはちゃんと伝わるでしょうか?

_DSC8490

yoshika09_01_016

「これリゾットなんだ?(モグモグ…)うん、クリーミーで美味しい♪里芋とリゾットって初めて聞く組み合わせだけど、意外と合うんですね〜」

「これ里芋だからなのかな?何だか甘さが自然!味が優しいね〜」

 

福田さん、聞きましたか…!?一番のポイントだった里芋感、ちゃんと感じてもらえたみたい!ちなみに「冬野菜の参鶏湯」のほうも「大根のシャキシャキ感がいい」「生姜の風味がして好きな味♡」と気に入ってくれた様子。よかった〜!

 

続いて…せっかくなので男子にも試食してもらいましょう!元気なアウトドアボーイズ2組に声をかけると、ノリノリでOKしてくれました。キャンパーってみんな優しいね。さてお味は…どうでしょう?(ドキドキ)

yoshika09_01_017

「うん、ウマい!このちょっと弾力あるのって何?(←「小えびです」と回答)へぇ、小えび入ってるんだ。贅沢だね!」

「クリーミーな感じがいいですね。もっと寒い日だったらなおさら美味しく感じそう」

 

おぉ…男子にも喜んでもらえた!嬉しい!今回のリゾット&参鶏湯は、もともと私と同世代の女性たち(20〜30代)に食べてもらいたくて作ったメニューなんだけど、男性にも味に満足してもらえるとは嬉しい限り!「食べ応えもあるし、具材にちゃんと食感があるのがいい。もっと食べたい」とまで言っていただけました。もう全員とハイタッチしたい気分…!

 

こちらの男子たちにも食べてもらいました。

yoshika09_01_018

「(モグモグ)…あ、美味しいっすね!何だろう?これチーズですか?(←「里芋とチーズが入ってます」と回答)なるほどね〜口当たりがまろやかですね」

「味はすごい好みなんだけど、もうちょっと“固め”というかご飯の食感が残っているほうが個人的には好きかな。そのほうが食べ応えも増すと思う」

 

ご飯の食感…なるほど、それも貴重なご意見です!うん、帰ったら福田さんに相談してみようっと!

 

〜里芋と小えびのリゾットの感想まとめ〜

・まろやかで美味しい
・チーズのコクがいい
・寒い日に食べたい
・味が濃くないからさっぱり食べられる
・ご飯粒はもう少し固めが好き
・味がちょっと濃いほうが美味しそう
・小えびが入っているのは贅沢
・食べ応えがある
・ちょうどいい甘味(芋が好き)

 

いや〜「出張アマノ食堂」ブースは常に人足が絶えずに大盛況でした!

yoshika09_01_07

(ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!さて、次はどこへ突撃しようかな?)

 

というわけで、「突撃!よしかの試食会(仮)」第1弾は無事終了。皆さんの意見はしっかり開発メンバーにもお伝えしますね!それではまた、アマノ食堂でお会いしましょう。