祝3周年! これからもWEBマガジン「アマノ食堂」をよろしくお願いします

アマノフーズのWEBマガジン「アマノ食堂」バナー

いつもお立ち寄りくださり、ありがとうございます。さて、2015年にWEB上でオープンしたこのアマノ食堂も、今年の夏で3周年を迎えました!

 

「おいしい食、人、暮らしが集う アマノフーズのWEBマガジン」として誕生し、フリーズドライ食品開発の裏話をはじめ、食材にまつわる豆知識やおすすめレシピ、“旬”なゲストのインタビュー企画などなど、さまざまな情報を発信してきました。

 

手探りながらも、時に真面目に、そして時にはちょっぴりおふざけしながら(失礼!)、スタッフ一同嬉しい気持ちで3周年を迎えることができたのは、いまこうして記事を読んでくださっている皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!

 

3周年を記念して、「常連さんコラム」で連載コラムを書いてくださっている“常連さん”たちからも、嬉しいお祝いコメントをいただきました♪

 

 

■小倉ヒラクさん

小倉ヒラク プロフィール画像

 

<これまでを振り返って>

気づけば3年。正直こんなに長く続くとは思っていませんでした(2つの連載を合わせたらじつに50話以上!) 。こんな長寿連載はなかなか珍しいんじゃないでしょうか。連載当初は「そのうち絶対にネタ切れする…!」と不安でしたが、最近はもはやネタが無限にあって毎回どの話題を選ぶのか悩んでいます。「食べる」って本当に奥が深い。

 

印象に残っている回は、

【第19回】一緒のほうが幸せなのに、あえて分けるというエロス。鯛茶漬けは最強の『逃げ恥飯』だ!

 

僕は普段、わりとテクニカルなコラムを書くことが多いのですが、アマノ食堂の連載はおかしなテンションのものも多々あります。とりわけ印象に残っているのがこの回で、そもそも編集部からリクエストのお題が「『逃げ恥』でお願いします!」って、もう食じゃない(笑)。

 

むしろ僕のほうが「いやこれ食がテーマのメディアだよね…」と無理やり忖度したら出来上がってしまった謎の記事です。ただこの記事を書いて以降、僕の文筆家としてのキャリアにフリーダムな風が吹きはじめたような気がします。全国のこじらせガールズ&ボーイズ、元気に生きてるかい?

 

あと、この記事も印象深い。

【第2回】味噌汁再入門に、丁寧な暮らしはいらない。

 

かれこれ十年くらい味噌づくりワークショップをやっています。参加者のお母さんたちや若い女子たちと話をしていて驚いたのが、昨今の若者はみそ汁をつくらないし、食べないし、そもそもあまりおいしいものだと思っていないという事実…! この状況を変えるべく、手抜きでもサプライズにおいしいレシピを考案していったシリーズの第一作です。

 

僕にとって「毎朝1杯のお味噌汁」は、丁寧な暮らしの象徴ではなく、丁寧な暮らしよりも優先すべきものなのだよ! みんな、みそ汁飲もうな!!!

 

<お気に入りのフリーズドライ商品>

アマノフーズ キーマカレー

(キーマカレー)

 

今年発売した「キーマカレー」は、味が本格的すぎてめちゃびっくりしました。軽めのランチにピッタリです。その他のおすすめは、何と言っても「おみそ汁」シリーズ。味もちょうどよくて旅先などで重宝します(個人的に、焼きなすが好き)。

 

■夏生さえりさん

夏生さえりプロフィール画像

 

<これまでを振り返って>

3周年おめでとうございます! これまで書き続けてきた連載エッセイ、『ティファニーで朝食を食べられなかった私たち』も、あっという間に30話を超えました。この連載は私にとってこれまでにないほど長く、思い入れの深いものになっています。

 

時にネタ切れに苦しみながら(笑)今に至りますが、読者の皆さんの声がいつも励みになっています。あと、たまに「『ティファニー〜…』のあの回の〜…」という声をいただくことがあり、連載タイトルが覚えられているのも密かに嬉しいです。

 

なかでも一番嬉しかったのは、この連載が書籍化されたこと! 本のタイトルにもなった

【第2回】口説き文句は決めている

は特に印象深い回です。

 

ただ、このエピソードに登場する実在の男性にはコラムとして書いたことはもちろん、それが書籍になったこともまだ言えていません(笑)。

 

<お気に入りのフリーズドライ商品>

アマノフーズ トムヤムクン

(トムヤムクン)※商品詳細はこちら

 

アマノ食堂で連載を始めてからフリーズドライ食品のおいしさを知り、日常生活でも食べるようになりました。個人的に一番好きなのは「トムヤムクン」。すごくおいしい! でも一番よく食べるのはパスタかもしれません。この前は「ビーフシチュー」を少なめのお湯で濃いめに溶かして、ハンバーグソース(ケチャップとか混ぜて)にして使いました。ソースとして使うのもおすすめです!

 

■キムケンさん

キムケン_プロフィール画像

 

<これまでを振り返って>

女性キャラを描くのが苦手なのに、フリーズドライの妖精的なキャラを自分で作ってしまい、連載が開始した当初は描くのに手間取っていました(笑)。ただ、他にもシンプルな絵のキャラ候補がいたのですが、それだと愛着が湧かなすぎて、結局は今の「リドラちゃん」に落ち着いて良かったなと思っています。

news1809_01_9

(↑ちなみにボツになったキャラ。我ながらまったく愛着が湧きません)

 

印象に残っているのは、やはり第1回目のこの記事。

【第1回】みそ汁のあたたかさが、愛情のバロメーターです

 

編集部の方と“4コマで”と話していたのに、気合いが入りすぎて8コマも漫画を描いてしまいました。そして、自分で作ったはずのリドラちゃんというキャラの動きがわりと自由で、自分でも思っていない方向に動くので描いていて楽しいです。(なんか言ってることがクリエイターっぽい!)

 

僕のお気に入りは、この回の酔っぱらいリドラちゃんです。

【第13回】『大人はな、肉よりも枝豆がいいんだよ』

 

意外とご高齢だという裏設定をやっと描くことができました。

 

あとは、無理を言ってフリーズドライステーション東京店のロケをさせてもらったのも思い出深い。

【第8回】フリーズドライの国に、私はやってきた

 

プライベートでも行ったことがあったのですが、ここは楽しいですよ。取材という名目で1点500円もする「かにのみそ汁(店舗限定)」をしれっと食べさせていただきました。あれはおいしかった。

 

<お気に入りのフリーズドライ商品>

アマノフーズ チキンカツの玉子とじ

(チキンカツの玉子とじ)

 

期間限定での発売でしたが、フリーズドライの「チキンカツの玉子とじ」を食べた時の衝撃は今でも忘れられません。カツまでフリーズドライにするのか!と。そして今年の夏に発売された「チキンカツカレー」では、その衝撃を再び味わうことができました。こちらも数量限定なので買えるうちに買い占めておこうと思っております。

 

アマノフーズ 山芋とろろ

(山芋とろろ)※購入はこちら

 

あとは、粉に水を混ぜるだけの「山芋とろろ」がお気に入りです。とろろって自分で作るの面倒じゃないですか。山芋はつるつるするし、手がかゆくなるし、すぐ使い切らないと悪くなるし。なので、この商品だと好きな時に簡単にとろろが作れるので、普段使いでもかなり重宝しています。

 

■劔樹人さん&犬山紙子さん

劔樹人&犬山紙子プロフィール

 

<これまでを振り返って>

 

劔さん:一番最近の第6回に、「夏は夫婦でオクラ納豆ばかり食べている」という話を書いたのですが、書いた直後に犬山から「もう飽きた」と言われまして、今は自分しか食べていません。私は気に入ったものを食べ続けるのですが、妻はすぐ飽きる(でも口では「これすごくいいから毎日作って!」と言いがち)のがわが家の食卓です。

 

【第6回】夏のオクラ頼み。

 

犬山さん:毎回娘の感想も入っているのですが、夫もよくメモしているなあと感心しています。娘の感想がツボで個人的に何度も読み返しています。

 

<お気に入りのフリーズドライ商品>

アマノフーズ カツカレー

(チキンカツカレー)※購入はこちら

 

劔さん:カツカレー、カツ丼など、チキンカツのフリーズドライです。私はカツが好きなのですが、たしかにカツなのです。同じくカツ丼好きの私の後輩がかつて、「安いカツ丼も高いカツ丼も、カツ丼であれば全て最高」と言っていたのですが、まさにそういう気持ちになりました。

 

アマノフーズ ボルシチ

(ボルシチ)

 

犬山さん:ボルシチです! 以前いただいて食べたら、とてもおいしかったのです!

 

***

 

常連の皆さま、ありがとうございました! そして、いつも楽しいコラムをありがとうございます。これからも楽しみにしています♪

 

アマノ食堂では、これからも皆さんの普段の食生活がちょっぴり楽しくなるような情報を発信していけたらと思っています。4年目を迎えたアマノ食堂も、引き続きどうぞよろしくお願いします!

 

食堂スタッフ一同