【驚き新商品】この茶色いカタマリは何!? アマノフーズ待望の新商品は名古屋名物のアレでした

アマノフーズ フリーズドライ「 みそかつ」

お湯を注ぐだけですぐに食べられるフリーズドライ食品。おみそ汁やスープではすっかりお馴染みのアマノフーズですが、「驚き商品」と呼ばれる、“まさかのフリーズドライ食品”も多数発表していて、ファンの皆さまの間で話題になっています。

 

そしてこの度、「驚き商品」シリーズに待望の新作が爆誕しました! 一体、どんな料理がフリーズドライになるのか? 新商品の真相に迫ります。

 

インスタント食品の常識を変えた! アマノフーズの「驚き商品」をプレイバック

 

「こんなものまでフリーズドライにできるの!?」 とSNSをざわざわさせた「驚き商品」の数々。ここで過去の一部商品を振り返ってみましょう。

※現在は販売終了しています

 

【2020年6月発売】「チキンカツカレー」

news_2103_26

お湯を注ぐとチキンカツが現れる本格カレー。スパイシーな味わいの中に玉ねぎの甘さがほど良くなじむ、ルウにもこだわり抜いた一品。記事はこちら

 

【2019年3月発売】「ピリ辛牛煮込み」

news_2103_27

カッサカサの物体から牛肉が出てきて本当に驚いたおつまみフリーズドライ。疲れて帰った日も一瞬にして晩酌がスタートできる画期的な牛煮込み。記事はこちら

 

【2019年11月発売】「鍋焼きうどん」

news_2103_29

驚きを通り越して、思わず笑ってしまった商品もありました。円盤にお湯を注ぐと大きなえび天入りのうどん…。

 

それでは本題へ。新商品の中身を確認してみましょう

news_2103_04

…………!?

 

茶色いブロックの上にはゴマらしきものがパラパラ。内側に何が潜んでいるのか、全く推測できません。

 

久しぶりの新作ということで、アマノ食堂の公式Twitterでクイズを出してみました。

news_2103_11

新商品が一体何か、このブロックの状態から推測してもらいました!

 

アマノフーズファンの皆さんであればきっと直感でわかるはず(?)どんな答えが集まったのでしょうか。

ヒントの「ゴマ」を手掛かりに、様々な予想が飛び交いました。

 

news_2103_05 news_2103_06

ゴマが入った汁から連想したのでしょうか。一番多かった回答は「担々麺」。フリーズドライの坦々麺かぁ、良いですね〜!

 

news_2103_07

いや、スープやみそ汁ではないぞ! きんぴらごぼうやキムチ、ナムルなどの副菜ではないか。という声もありました。

 

news_2103_08

お湯を注いでお菓子が生まれてくる、そんな未来も近いのか…?

 

news_2103_09

お湯を注ぐと「ハンバーガー」がポコンッ!と登場する姿を想像して、思わずにやけてしまいました。夢が膨らむこちらの回答にMVPを差し上げたいです。

 

news_2103_10

おっと、これは…。

 

それでは正解発表に移りましょう!

 

さて、お湯を注いで答え合わせです。

news_2103_12

大きめの器にブロックを開けたら、80mlのお湯をゆっくり注いでいきます。

 

news_2103_14だんだんと何かが浮かび上がってきました。とろみのある液体と固形の何か…野菜なのか、お肉なのか?

 

news_2103_15

ふむふむ…?

 

news_2103_16

みその良い香りがしてきました。

たっぷりのソースに浸かった、これはトンカツ…?

 

正解は「みそかつ」でした!

news_2103_24

正解者はなんとお1人。すごいです!まさか簡単に当てられると思っていなかったので、早々にこのリプライが届いて、変な汗が出ました。笑

 

***

 

新商品は「みそかつ」!お味はいかに?

news_2103_18アマノフーズの新商品は、名古屋名物【みそかつ】

お湯を注いで60秒。千切りキャベツを添えれば、見た目は、まるで定食屋さんで出てくる1品のよう。

 

news_2103_19

気になる味の方は・・・食べてびっくり。これまでジューシーで厚みのあるとんかつ。さらに味の決め手となる味噌だれは、濃厚で甘みとコクがあり本格的です。

 

お湯を注いで60秒でできたとは思えない仕上がりに今回もびっくりです。

 

どうやって作ったの?商品開発者を直撃

news_2103_30

新商品の「みそかつ」について、開発者にインタビュー。アマノ食堂ではお馴染みの名物開発者・島村雅人さんです。今回は岡山本社と東京を繋いで、オンラインでのインタビューです。

 

news_2103_22

島村さん:やあやあ、久しぶり〜。元気―?

 

―島村さん、お久しぶりです!落ち着かない日々ですが、お元気でしたか?

(コズミックなバーチャル背景にツッコミたい気持ちを抑えて、取材スタートです)

 

島村さん:おうち時間で食べ過ぎちゃってさ、ダイエット中。家から会社まで3.5km歩いて通っているよ。まぁ途中でコンビニに寄ってジュース買うんだけどね。あとは、事務所で真面目に試作(という名の試食)をしているよ。

 

―何はともあれ、お元気そうで何よりです…!3月からいよいよ新商品の「みそかつ」が発売されますね!開発に1年かかったとお聞きしましたが、どのへんが大変でしたか?

 

島村さん:前回の商品「チキンカツカレー」 と違って豚肉なので、トンカツを再現するのに苦労したね。チキンカツの場合は、ささみを成形して塊にしているんだが、トンカツは肉の塊をそのままフリーズドライにしているからね。

ジューシーかつ柔らかくを再現するのが難しいんだよ。今回は肉を柔らかくしてくれる「白ワイン」を使っておいしく復元できるよう工夫したよ。

 

news_2103_21途中で背景チェンジを楽しむ島村さん。

 

―なるほど。そんな島村さんの汗と涙の結晶である「みそかつ」。ズバリ、一番のおすすめポイントを教えてください!

 

島村さん:名古屋名物の本格みそをベースに、2種類のみそをブレンドした「みそだれ」かな。実は、ここでも白ワインが活きているんだ。赤ワインだと渋みが出てしまうんだけど、白ワインなら甘みとマイルドさをプラスしてくれるからね。

 

―そんなこだわりが…! どおりでこの上品な味わいになっていたんですね。注ぐと、とろりとしたみそだれが衣に染みつかずに現れるのにも驚きました。

 

島村さん:衣に調味料が染み込みすぎないようにするのも苦労したね。でも、僕らはみその扱いには慣れているので、色々試してなんとか形になったよ。

今回のフリーズドライはかつ単品での勝負だからね、より一層おいしさや復元性にはこだわったよ。ほんとはキャベツもフリーズドライにしかったんだけど(笑)。

 

―キャベツまで(笑) キャベツは各自で用意するということで…。今回の「みそかつ」、おいしく味わうコツはありますか?

 

島村さん:お湯を注ぐときは優〜しく、ブロックの周りに注いだら、10秒ほど待って、周りに溜まったみそを溶かして完成。そのままおかずとして食べてもおいしいけど、ご飯にのせて「みそかつ丼」にするのもおすすめ!

 

news_2103_23軽めの昼食などにおすすめの「みそかつ丼」アレンジ

 

島村さん:今回目指したのは、”万人に愛される味わい”。いろんな人に試食してもらいながら、全国の人が食べやすいものに仕上げたんだ。もちろん、地元名古屋の人にも納得してもらえる味にね。たくさんの人に食べてもらいたいです!

 

―島村さん、ありがとうございました!

 

news_2103_20最後は驚き商品シリーズを一緒に開発しているチームのみなさん、三村さんと田房さんも一緒にハイチーズ。

 

渾身の一作「みそかつ」は3/8(月)から数量限定で販売!

news_2103_24

 

■フリーズドライの匠「みそかつ」

・アマノフーズ公式オンラインショップ:3月8日(月)販売開始

価格(2食セット):1,400円(税抜)

 

・直営店アマノフリーズドライステーション:3月12日(金)販売開始

価格(1食):700円(税抜)

 

フリーズドライの常識を変える新商品! 開発者の渾身の力を込めた自信作です。本格的な味わいにきっと驚くはず。

数量限定8000セット。売り切れ次第販売終了なので、ぜひお早めにゲットしてくださいね。