橋本 彩の「ぽんこつ主婦 橋本彩のお悩み解決めし。」

【お悩み解決めしvol.1】大人も子供もおいしく食べられる「四川風よだれバンバンジー」

橋本彩
橋本 彩
料理家/主婦
料理系メディアの運営会社でレシピ開発や料理撮影に携わった後、料理家として独立。結婚を機に、夫が喜ぶ家庭料理を研究するように。料理初心者でも誰かに作ってあげたくなる、簡単ボリューミーな家庭料理を得意とする。Instagramでは夫婦のふだんの食事を発信。1つの投稿の中に料理の工程をのせて紹介する「スワイプレシピ」も人気。


自炊をする方が増えたこの頃。毎日献立を考え、作るというのはとても大変なこと。きっとみなさんそれぞれ自炊に関する悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

そんなお悩みに「ぽんこつ主婦」こと、料理家の橋本彩さんが向き合い、レシピという形で解決方法をご提案する新コラム、「お悩み解決めし」が始まりました!

 

第1回目となる今回は、先日アマノ食堂のインスタグラムに寄せていただいた中から「お酒のあてにもなって、子供も食べられるレシピが知りたい!」というお悩みをご紹介!

 

四川風よだれバンバンジー

電子レンジで作ることができ、大人も子供もおいしく食べられる「四川風よだれバンバンジー」のレシピを教えてもらいました。子供のごはんにはマイルドなごまだれを、大人の酒のあてにはピリ辛のラー油だれをプラスして、2つの料理を同時に作ることができます♪

 

電子レンジで加熱している間にたれを作れば、あっという間に完成しちゃう時短レシピです。

 

お子さんとの「取り分けレシピ」は引き算がポイント!

橋本彩さん

今回はこんなお悩みを紹介します。

 

「お酒のあてにもなって、子供も食べられるレシピが知りたいです。辛い料理も好きなので、子供がいるとなかなか作ることができないのですが、何かよい方法はありませんか?」

 

お子さんのいる方からのお悩みですね。お酒が好きなご夫婦なら“あるある”のお悩みではないでしょうか?

 

橋本さん

「私もお酒が好きなのでこの方のお気持ちすっごくわかります(笑)。子供用は大人の料理から取り分けられると便利ですよね。その場合は、塩気や辛味の元になる食材を引きやすい料理を選ぶと、子供用のレシピにアレンジできますよ。今回紹介する「四川風よだれバンバンジー」は中華のよだれ鶏とバンバンジーを掛け合わせ、取り分けも可能なハイブリットおつまみです!」

 

今回の「お悩み解決めし」のポイントは次の2つ!

・電子レンジで簡単調理

・大人用、子供用のレシピをいっぺんに調理可能

 

それでは、早速作っていきましょう!

 

2種類のタレで楽しむ「四川風よだれバンバンジー」

四川風よだれバンバンジー

「四川風よだれバンバンジー」のレシピ

今回紹介する「四川風よだれバンバンジー」の蒸し鶏は大人用と子供用共通で使用します。かけるタレは子供用(写真左)の<ごまだれ>をベースに、大人用(写真右)には<ラー油だれ>をプラスすることで、取り分けしやすくなりますよ。

所要時間
15分
材料(2人分)

バンバンジーの材料

・鶏むね肉…1枚(300g)

・きゅうり…1本

・長ねぎの青い部分…1本分

<下味用>

砂糖…小さじ1

塩…小さじ1/2

酒…大さじ1

 

<ごまだれ用>

すりごま…大さじ3

しょう油、酢、砂糖…各小さじ2

マヨネーズ…大さじ2

合わせ味噌…大さじ1

 

<ラー油だれ用>

豆板醤、オイスターソース…各小さじ1

ラー油…小さじ1

鶏の蒸し汁…大さじ2

 

<トッピング>なくてもOK

パクチーまたは小ねぎ…お好みで

ピーナッツまたはカシューナッツ…お好みで

花椒…お好みで

作り方

鶏むね肉を割く
蒸し鶏のレンジ加熱
1

鶏むね肉は厚みのある部分を手で開き、ボウルに入れる。<下味用>の調味料を加えてなじませ、長ねぎの青い部分を乗せてふんわりとラップをかける。600Wの電子レンジで3分30秒(500Wの場合は4分20秒)加熱し、粗熱が取れるまでそのまま休ませる。

蒸し鶏のだし

POINT

●鶏むね肉は厚みがあるとムラができてしまうので、平らになるようにしましょう。繊維の境目に指を入れると広げやすくなります。手で開くことで包丁とまな板を使わずに済みます。

●加熱する際に加える長ねぎの青い部分は、雑巾を絞るようにねじると香り立ちます。

●下味に砂糖を加えることで、パサつきがちな鶏むね肉がしっとりと仕上がります。

●余裕があれば揉み込むことでさらにしっとりと仕上がります。

●加熱後すぐは中心がほんのりピンク色でも、そのまま5分ほど置けば予熱でしっかり火が通ります。

●鶏むね肉から出た蒸し汁は、たれで使うので捨てずに取っておきましょう。

ごまだれを作る
ラー油だれを作る
2

加熱している間にきゅうりを千切りにする。<ごまだれ用><ラー油だれ用>の調味料を小さめのボウル、または小鉢でそれぞれ合わせておく。

POINT

●バンバンジーに欠かせない練りゴマの代わりに、すりごまとマヨネーズを使いました。程よいコクが生まれ、お子さんも食べやすいたれに仕上がります。どろっとしすぎている場合や味が濃いと感じる場合は鶏の蒸し汁で少し薄めてもOK。

●ラー油だれには、鶏むね肉から出た蒸し汁を加えることでうまみが加わります。

蒸し鶏を切る
3

[1]を薄くそぎ切りにし、皿に盛ったきゅうりの上にのせる。

POINT

●お子さん用には小さく切ってあげましょう。

●お好みで切らずに手で割いてもOKです。

蒸し鶏にたれをかける
4

[3]に<ごまだれ>をかけたら子供用の完成。大人用はさらに<ラー油だれ>をかける。お好みで<トッピング>を乗せて完成!

 

バンバンジー

<子供用>

ご飯と一緒にワンプレートディッシュに。コクのある<ごまだれ>が食欲をそそります。

四川風よだれバンバンジー

<大人用>

ラー油だれでピリッと四川風。しっかりとした味付けでお酒が進みます。お好みで花椒をプラスすればさらに本格的な味わいに!

四川風よだれバンバンジー

「四川風よだれバンバンジー」に添えたのは『金のだし 五種の野菜』。ピリッとした刺激を、やさしい重ねだしの風味と野菜の甘みが引き立ててくれます。

 

橋本さん:「カレーなど、どうしても辛いものが食べたくなる瞬間ってありますよね。でも自分好みのルーを使うと、子供は食べられません。我が家では、甘口ルーは使わずに、中辛のカレーを牛乳でのばし、シチューのルーを加えたりして同じカレーを子供と食べています。よかったら参考にしてみてください。」

 

ちなみに今回作った2種類のたれは、冷しゃぶサラダや冷奴にもぴったり!いろんな料理に合わせられる万能だれなのでぜひ覚えてくださいね。

 

橋本さん、ありがとうございました!次回の「お悩み解決めし」もお楽しみに。

 

\アマノ食堂のおすすめ/

金のだし五種の野菜

「金のだし 五種の野菜」

重ねだし製法で仕上げただしの香りが、キャベツ・小松菜・ねぎ・たまねぎ・にんじんの五種の野菜それぞれの旨みを引き立てます。野菜のシャキシャキ感もお楽しみください。

 

写真/佐藤侑治