ジョーさん。の「リニューアル!フリーズドライdeおつまみ食堂」

「フリーズドライdeおつまみ食堂」vol.2|おみそ汁が濃厚みそだれに変身!「冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ」

冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ
ジョーさん。
料理研究家
「台所に立つのが楽しくなるように」をモットーに幅広いレシピを日々考案。WEBで”バズる”レシピを得意とし、SNSの総フォロワー数は30万人を超える。2020年3月に発表した著書『めんどうなことしないうまさ極みレシピ』(KADOKAWA)は、発売当日に重版が決まるほどの人気ぶり。写真・動画撮影・スタイリングまで自ら行うマルチな料理研究家。

アマノフーズのフリーズドライに料理研究家・ジョーさん。が一手間アレンジを加え、ビールにあうおつまみをご提案くださる連載「フリーズドライdeおつまみ食堂」

 

第二回目は、フリーズドライのいつものおみそ汁  なめこを使った「冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ」をご紹介!

ジョーさん。

ポイントは「いつものおみそ汁 なめこ」で作る、赤みそがきいた濃厚みそだれ。甘めに仕立てたみそだれを野菜とお肉にたっぷりとかけて召し上がれ!これからの季節にうれしい、涼しげな一品です。

 

なめこの食感がアクセントに♪ 「冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ」

冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ

冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ

(料理監修 / 料理研究家 ジョーさん。)

所要時間
20分
材料(2人分)

冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれの材料

「いつものおみそ汁 なめこ」…1袋

お湯…大さじ3

豚バラ肉…150g

(今回は脂がのっている豚バラ薄切り肉を使いました。しゃぶしゃぶ用や普通の豚バラ肉で代用してもOKです)

きゅうり…1本

ミニトマト…3個

 

<調味料A>

白すりごま…大さじ1

しょうゆ…小さじ1

砂糖…小さじ1

一味唐辛子(お好み) …適量

作り方

豚バラ肉を茹でる
ゆでた豚バラ肉を氷水で冷やす
1

沸騰したお湯に豚バラ肉をさっとくぐらせて、火を通す。すぐに氷水にあげて冷やします。

きゅうりを千切りにする
ミニトマトを半分に切る
2

きゅうりは千切り、ミニトマトは半分に切ります。

いつものおみそ汁にお湯を入れる
みそだれを作る
3

「いつものおみそ汁 なめこ」に大さじ3のお湯をいれてよく溶かす。ヘラやスプーンなどを使い、ダマにならないようにしっかりと混ぜましょう。

溶かしたおみそ汁に<調味料A>を入れてゴマみそだれを作ります。

豚バラをトッピングする
4

きゅうり、ミニトマト、豚バラ肉をお皿に盛り、3のゴマみそだれをかけたら完成!

 

今回はきゅうり&ミニトマトを合わせましたが、もやしやレタス、水菜などお好みの野菜で作っても◎。コクのあるみそだれと豚バラ肉の旨みで、ご飯が進むこと間違いなし。キンキンに冷えたビールも進みそうです!

冷しゃぶのなめこ×ゴマみそだれ

ジョーさん。:「フリーズドライのおみそ汁はお湯の量を調整すれば、“たれ”としても活用できます。「いつものおみそ汁 なめこ」の赤だしは、甘味のある豚バラ肉の脂と相性が抜群!今回はなめこの食感とゴマの香りがアクセントになった、甘めのみそだれに仕上げました。豚バラ肉の旨みや野菜の食感、濃厚なみそだれの味わいを楽しんでください」。

 

***

 

メイン料理だけでなく、晩酌のお供にもぴったりな簡単おかず。ぜひ今夜の晩ごはんに作ってみてはいかがですか?

それでは次回の「フリーズドライdeおつまみ食堂」の開店もお楽しみに。

 

 

【使用したフリーズドライ】

いつものおみそ汁 なめこ 

いつものおみそ汁  なめこ

具材にあわせて最も相性の良い“みそ”と“だし”を選び、こだわって作った毎日食べたくなるおみそ汁。コク深い赤みそとかつおだし、つるりとしたなめこの食感を楽しめる1品です。

 

 

写真/藤井僚