キムケンの「わが家にフリーズドライがやってきた!」

キムケン_プロフィール画像

【第33回】ランチタイムはフリーズドライで【四コマ漫画】

キムケン連載アイキャッチ
キムケン_プロフィール画像
キムケン
漫画料理家
昼間は会社員、夜は料理人、休日は絵描き。アメーバ公式ブログ「木村食堂」では、身近で手に入りやすい食材を使ったレシピと、その料理にまつわる四コマ漫画をほぼ毎日更新中。著作に『うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ -』(ワニブックス)他、雑誌や料理サイトでのレシピ連載多数。

 

キムケン四コマ漫画

 

 

***

 

平日は会社員である私は、基本的に昼食は弁当を持参して職場で食べているのですが、時々「お料理イヤイヤ期」が来てしまって、なんだか弁当を作るのが嫌になることがあります。

 

今がちょうどその時期で、そんなときは外食が中心になるのですが、毎日のランチを外で食べるとお財布へのダメージが凄まじかったりします。

 

加えて、外食って基本的に量多くないですか? ちょっと多いなと思ってもついつい食べてしまいませんか?

(なんだか食が細いような発言をしてしまいましたが、私は185センチ80キロの大男です)

 

そんなときに便利なのがフリーズドライランチ

 

お弁当のお供にみそ汁を添えるとか、そういうことをされている方はいると思いますが、何しろ私はフリーズドライストですからね。

フリーズドライストとしては、メインをフリーズドライにするべきだと思うんですよね。フリーズドライストとしては。(なにフリーズドライストって)

 

というわけで、若干無謀かと思いつつも、1週間の職場でのランチをフリーズドライで過ごすことはできるのか試してみました!

【初日】クリームシチューパスタ

クリームシチューパスタ

使ったのはクリームシチュー枝豆とサーモンのクリームパスタです。この2つをあわせてお湯をぶっかけるだけです。

 

想像通り、合わないはずがない最高の組み合わせ! ボリュームもちょうどよく、幸先の良いスタートとなりました。

 

 

【2日目】ポテサラサンド

ポテサラサンド

大人のスパイシーポテサラをパンに挟んでみました。

2日目にしてもう自分でパンを持ち込んでいるあたりちょっとどうなんだと思いますが、まあそこは気にしないでください。

 

パンはどう頑張ってもフリーズドライにできないって中の人(アマノフーズの人)が言ってたもん!

 

コッペパンと、フリーズドライの「大人のスパイシーポテサラ」

そしてこの組み合わせ、抜群です。

アマノフーズ側としては、おつまみとして発売したであろうこの商品。フリーズドライストとしては、おつまみで終わらせるわけにはいきません。

 

パンとの相性ハンパないです。超おすすめ!そしてちゃっかり自前でサラダを用意しているあたりに、我ながら健康意識の高さが伺えます。

 

 

【3日目】おにぎりと牛煮込み&とん汁

おにぎりと牛煮込み&とん汁

3日目にして気づきました。いや、2日目で薄々気づいてました。

 

メインまでフリーズドライにするのは無理があると。というわけで玄米おにぎりだけ持ってきて、大人のピリ辛牛煮込み+とん汁でいただきました。

 

フリーズドライの「大人のピリ辛牛煮込み」と「とん汁」

牛煮込みもおつまみアイテムと思いきや、おかずとしてかなり良い仕事をします。この組み合わせはかなり安定感のあるランチです!

 

 

【4日目】ビーフシチューとパン

ビーフシチューとパン

パンとフリーズドライの「ビーフシチュー」

この日は夜に飲み会を控えていたため、ロールパンとビーフシチューといったかんじでお昼はちょっと控えめにしてみました。

とはいえ分量的にはちょうど良くお腹が満たされる感じで、満足感としてはなかなかでした!

 

 

【最終日】唐揚げカレー

唐揚げカレー

最終日はガッツリいこうということで、ご飯とコンビニで買った唐揚げを持参して唐揚げカレーに。

ガッツリといいながらもちゃんと玄米を持ってきているあたり、私の中に潜む女子力が見え隠れしています。

 

唐揚げがのった玄米ご飯と、フリーズドライの「畑のカレー」

畑のカレーは私も大好きな商品で、安定感のある味でおいしくいただけました。

 

と、弁当を作るのが面倒だといいながら、最終的になんだか色々持参してしまいましたが、フリーズドライストはフリーズドライを最高の形で楽しむための手間はいとわないのです!

とはいえ弁当を作るより格段に手間がかからないのは間違いありません。

 

あと気づいたのが、フリーズドライのサイズ感だと、食べ過ぎ防止にもなりそうで。いろいろと期待しちゃいますよね。

 

というわけで、5日連続ランチをフリーズドライにするのは、私ほどのフリーズドライストでないと難しいと思いますが、手抜きをしたいときなんかはぜひお試しあれ!