narumiの「フリーズドライを極限まで楽しむ日記」

narumid

【第4回】フリーズドライの常識を覆す1,500円(税込)の「うなぎのひつまぶし」が超簡単で美味しかった!

narumi08_02_main
narumid
narumi
編集者
WEBメディア編集者として、また人気ブロガーとしてネット業界でお馴染みの人。1カ月半で10.5kgの減量に成功した記録を綴った著書「やせたいならコンビニでおでんを買いなさい」(日経BP社)が発売中!

いやー、びっくりしましたよ。いくらフリーズドライ大好きマンの僕でも、ここまでくるとびっくりしちゃいます。まさか“うなぎのひつまぶし”がフリーズドライで食べられるなんてね!

 

大体のメニューは再現できてしまうってのは聞いていましたが、まさかうなぎまでとはね……。さらに驚きなのは1個1,500円なんですよ、この「ひつまぶし風うなぎめしの素」が。

narumi08_02_01

もちろん国産うなぎをお店で食べるのに比べたらだいぶ安いんですけど、かなりチャレンジングな値付けではありますよね。1,500円というのは、当然ユーザーからもそれなりのクオリティを要求される価格帯です。

 

たとえば1,800円払ってつまらない映画を観ると、「あー、どうせなら毎月1日の映画の日(この日は1,000円で観られる)に行けばよかった」ってなるじゃないですか。1,000円は許せても、1,500円とか1,800円はなかなか許してもらえません。

 

つまり、これはアマノも勝負を挑みにいったわけです。うなぎに対して。だからこそパッケージの裏側には刻み海苔と山椒粉までつけて万全のサポート体制。カレーには福神漬けを付けないのに、うなぎには山椒粉を付けるという扱いの違い。こりゃ完全に本気ですよ。

narumi08_02_02

さて、肝心の調理法ですが「まさかカップに入れてお湯をかけるとうなぎが泳ぎだすんじゃねんだろうな? 1500円だし」なんて思いがちですが、これはなんと炊飯器で米と一緒に炊き上げるタイプ。なるほど、そういう手もあるんですね。お湯をかけるだけがフリーズドライじゃない。いろいろな意味で珍しい商品であります。

narumi08_02_03

 

せっかくなので友人の家でひつまぶしを振る舞うことにした

というわけで、このうなぎのひつまぶしを友人宅のホームパーティー(というか家で飲むだけ)に持参したのです。ほかの友だちがお酒などを持ち寄るなか、僕は「すごいもの持ってきたよ」と自信満々でこのフリーズドライを出しましたが、まったくすごさが伝わっていない様子。なので、とりあえず炊飯器とお米を借りることに。

 

お米2合をセット、男子4人で締めに食べる程度なのでちょうどいい量でしょう。

narumi08_02_04

ここにフリーズドライを投入。いつものようにお湯で戻す作り方とはまったく違うので新鮮です。なんだかカレーのルウみたいな見た目ですね。これが本当にうなぎのひつまぶしになるのか、その場にいる全員が不安そうに見つめていました。

narumi08_02_05

ぽんっと。

narumi08_02_06

入れちゃいました。だいじょうぶかな…?

narumi08_02_07

「軽くほぐすように」とパッケージに書いてあったので指示に従うと、より微妙な見た目に。フリーズドライを調理の途中で写真に撮るとヤバイというのは、前回の「甲子園で食べた冷や汁」でも共通して見られた特徴です。

narumi08_02_08

ここから挽回するべく、炊飯器にスイッチを入れました。ふつうに炊飯ボタンを押すだけです。シンプルな調理法はいかにもフリーズドライらしいところです。

narumi08_02_09
 

初心者は鼻をヤケドしないように気をつけよう

しばらくするとめちゃくちゃいい匂いがしてきた! この穴から。

narumi08_02_010

鼻を近づけたら、けっこう熱い蒸気が出ていてヤケドしかけました。これは商品の注意書きにも記しておくべきではないでしょうか。「炊飯器の上部のスリットからめちゃくちゃいい匂いがしますが、決して鼻を近づけてはいけません」とか。それくらい香ばしいオイニーがすごいです。

narumi08_02_011

 

ついに完成!フリーズドライのひつまぶし

30分くらい経ったころ、ピーピーと音がしたので、あふれる期待を込めて蓋をオープンしました。そしたらレンズが曇った。

narumi08_02_012

ざっくざっくと混ぜ合わせると、だんだんと“うなぎのひつまぶしらしさ”が増していきます。おおー!ご飯の色がなんか美味しそう!漂う熱気のなんと香ばしいこと。ほとんどの人が、この時点でこの食べ物が美味しいことを確信してしまうでしょう。

narumi08_02_014

油断するとすぐに曇る。

narumi08_02_015

narumi08_02_016

めちゃくちゃ美味い。

さて、これが完成品。

お茶碗によそって、刻み海苔をのせて、山椒粉をぱらぱらと。完全にひつまぶしです。うなぎは細かく切ってありながら、肉厚な食感で完璧。ご飯もタレの風味がしておいしい。ついガツガツ食べちゃって、出汁とかお茶で食べ方のバリエーションを楽しむのを忘れてしまいました。一瞬で完食。

さて、1,500円である。

確かにフリーズドライにしては高級だが、これなら4〜5人で食べられるし、1人数百円と考えれば別にありだなとは思った。うなぎを買って帰って、一からひつまぶしを作るとなると、それなりに手間もかかる。炊飯器に放り込んでスイッチ入れるだけでOKというのはなかなか魅力的である。

 

そして、帰り道に食べたひつまぶしのおにぎりがまた美味しかった。みんなでおにぎり作るの楽しいし、ホームパーティーに持って行くのありですね。

narumi08_02_017

(家に着くまで我慢できませんでした)