絵日記リレーの「ある日の食卓〜漫画コラム〜」

enikki_prof

絵日記コラム7日目|埼玉県の郷土料理「冷汁うどん」(マルサイ)

eniki_2106_main
enikki_prof
絵日記リレー
当番制
グルメな漫画家さんによるリレー形式の「絵日記連載」。なにげない日のおいしい食卓をマンガでおすそわけします。

料理家さんの何気ない食卓をマンガでお届けする「絵日記コラム」連載。

 

前回のお家で簡単にできる「おつまみチャーシュー」のレシピを教えてくれたキムケンさんからバトンを受け取ったのは、イラストレーターのマルサイさん。

 

今回ご紹介いただいたのは、マルサイさんの故郷である埼玉県の郷土料理「冷汁うどん」のレシピ。雨の日が増え、気温が高くなる季節にもぴったり。たっぷり入れた薬味の香りが食欲そそる1品です!

 

<今月の料理家>

enikki_2102_prof

マルサイさん

イラストレーター。漫画家。3児の母でもあり、子どもたちが寝静まった後の大人のゴールデンタイムに絵日記を描いてインスタグラムに投稿するのが日課。著書に『男子が3人います。』(大和書房)『体当たり家計改善』(扶桑社)『めんどくさがり母さんの最強ずるメシ』(扶桑社)など。

インスタグラム

Twitter

 

5月31日「冷汁うどん」

eniki_2106_02_2

eniki_2106_01_2

「冷汁うどん」のレシピおさらい

「冷汁うどん」のレシピ

所要時間
10分
材料

【材料(4~5人分)】

・うどん…4~5玉

・きゅうり…1本半~2本

・ちくわ…3本

・大葉…4~5枚

<調味料 A>

・みそ…大さじ5

・すりごま…大さじ5

・砂糖…大さじ2と1/2

・めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2

・水…500ml

作り方

1

ボウルに<調味料A>を入れて混ぜ合わせて冷蔵庫に入れて冷やしておく。

POINT

時間がある時は、白いりごまをすり鉢ですってから使うのがおすすめ。ごまの香りが引き立ち、風味豊かに仕上がります。

2

きゅうりはとちくわは薄切りに、大葉は千切りに切る。

3

うどんをパッケージの表示時間通りに茹で、冷水でしめる

4

1に2を混ぜ合わせたら完成! つけ汁にうどんをつけていただきます。

POINT

お好みで、千切りにしたみょうがを加えてもおいしいですよ!

 

\こちらもおすすめ!/

ryuji_2010_01_12

Theうまみ ねばねば具材の和風スープ

ジメジメした時期は、つるんとのど越しのいいスープもおすすめです。おくら・山芋・めかぶのねばねば具材を使用し、3種の食感を味わえます。ほんのり香るゆずの風味も食欲をそそります。