常連さんコラム

毎日の生活がちょっと“ディープに
”楽しくなるコラム

  • 【第20回】生姜ないのはしょうがなくない【四コマ漫画】

      ***   年齢を重ねるたびにつまらないギャグを言ってしまうようになった話は、本連載でも以前書きましたが、もはやこれは脊髄反射のようなものとして諦めることにしています。   そんな中、必ず言ってしまうのが、生姜がないときに「生姜ないのはしょうがないよね」というキラーワードです。いや、でもこれみんな言います …

  • 【第34回】寝すぎた日のラーメン

    暑すぎた夏がやっと過ぎて、秋の気配が漂いはじめた。   今年の夏はずいぶん暑かった。外に出るのも億劫で、休日はほんのり汗ばんだ身体のままベッドでゴロゴロする日も少なくなかった。   でも横になってだらだらして、時に寝すぎて夕方になっているあの過ごし方も、結構好きだ。   もったいないと思う人もいるのだろうが、 …

  • 【第7回】家族の食事制限。

    アマノ食堂をご覧の皆さま、こんにちは。 劔樹人と申します。   日頃はバンド活動とマンガの執筆をしながら、主夫活動に勤しんでいます。   前回、わが家のこの夏はとにかくオクラだ、という話を書いたのですが、あの直後に犬山からあっさり「もう飽きた」と言われまして、今はもうすっかり私しかオクラを食べていません。なにが「おいし …

  • 【第19回】このスープの赤さは罰ゲームか何かですか【四コマ漫画】

      ***   暑いときこそ辛いもの食べたくなるという心理は前々から不思議に思っていたのですが、東南アジアの暑い国の人たちがスパイシーなものを食べているということは、暑いときに辛いものを食べるのは、何かしら身体にいいということなんでしょうね。   ただ、私は非常に汗っかきのため、夏に辛いものを食べるときには注 …

  • 【第33回】手料理をつくる嬉しさ

    「彼に、手料理をつくって欲しい!」 昔はそんなことばかり思っていた。いや、今でももちろん憧れる。時に彼がごはんを作ってくれると飛び上がるくらい嬉しいし、毎日だって食べたい。自分のために献立を考え、時間をかけてキッチンに立ってくれたなんてそれだけで最高すぎて、料理の匂いを嗅ぐ前によだれが出そうだ。   けれど、最近はこうも思う。 …

  • 【第38回】夏を贅沢に割りまくれ! オトナソーダ割の誘惑

    味噌汁飲んでますか? 発酵デザイナーの小倉ヒラクです。   今年の夏はほんとに暑いですねえ。1日仕事で外に出ていると、夕方には汗びっしょり、身体中の水分が抜けきってミイラ状態になります。   そんな酷暑の夏は、シュワッと爽快な炭酸のお酒をゴクゴク飲みたいものです。   そこまでは異論ないよね?   …

  • 【第18回】揚げなすを食べた時、僕はこの世界に生まれたことに感謝した【四コマ漫画】

      ***   「なす」というものの存在を考え始めたときを思い返すと、それは私が20歳を過ぎた頃の話となります。 それまで——そう、私がまだ幼い頃は、なすという食べ物は「紫色をしたよくわからないもの」という存在でした。なにがおいしいのかよくわからない。不思議な食感と、そして特に味もない野菜で、どうして大人たちが好んで食 …

  • 【第32回】お祭りと恋

    1年で一番好きな季節がやってきた。夏だ。   暑くて体はとろけてしまいそうだけれど、夏は恋においても重要な季節。それゆえか、わたしはこの季節のことを嫌いになれない。   7月に入ったばかりだというのに、浴衣の女の人の姿をすでに多く見かけた。もうお祭りや花火大会が行われているのだろうか?   先日見かけた女の子 …

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 25