こんにゃくイラスト こんにゃく

こんにゃくを洗う?洗わない?下処理のポイント3ステップ

まな板と板こんにゃく

煮物にも、炒め物にも…幅広い料理で活躍してくれる、こんにゃく。プリッとした歯ごたえが食感のアクセントになってくれます。お料理のボリュームをアップさせてくれるのもうれしいですよね。

 

しかし、「こんにゃく独特の匂いが気になる」「味が染み込みにくい…」と、困ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、そんなこんにゃくのお悩みを解消してくれる、下ごしらえのポイントをご紹介します。

 

***

 

3ステップで簡単!こんにゃくの下ごしらえ

 

ステップ1:水で洗う

こんにゃくを水で洗う

パッケージに「アク抜き不要」と書かれたこんにゃくも、袋から出したら1度よく洗うことをおすすめします。表面のぬめりを洗い流すことで、表面についた匂いを取ることができますよ。

 

ステップ2:切ってから塩もみする

切ったこんにゃくを塩もみする

食べやすい形に切ってから、こんにゃく1枚に対して小さじ1/2程度の塩で軽く塩もみします。余分な水分とともに匂いやぬめりがとれるので、味が染み込みやすくなるのです。アクも抜けやすくなり一石二鳥!

 

ステップ3:茹でてアク抜きする

こんにゃくを茹でてアク抜きする

塩もみしたこんにゃくは、洗い流さずにそのまま茹でてアク抜きします。沸騰したお湯に入れて2〜3分茹でましょう。

茹でたこんにゃくをざるに上げて水を切る

茹で終えたら、ざるに上げて水を切ります。このとき、冷水をかけて締める必要はナシ。そのまま冷まして使うようにしましょう。

 

 

***

 

今回ご紹介した3ステップを踏めば、こんにゃくの臭みも気にならなくなり、味もぐんと染み込みやすくなりますよ。ぜひ、さまざまなお料理で、味の染みたおいしいこんにゃくを楽しんでみてくださいね。

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。