main_750_450

ごぼう ごぼう

ごぼうのささがき・アク抜きの方法

gobou_kihon_6

「ごぼう」は炒め物や煮物、はたまたおみそ汁の具材にもなる便利な根菜。私たちの食卓には馴染み深いごぼうですが、ささがきの方法やアク抜きなど、正しい調理方法をご存知ですか?
今回はそんな「ごぼう」の基本をおさらい!

 

和食で登場場面の多い「ささがき&アク抜き」の正しいやり方をご紹介します。

 

 

酢水で簡単!ごぼうのささがき・アク抜き

 

知っているようで意外と知らない基本の調理方法。簡単な皮剥きからささがき、アク抜きまで「ごぼうの基本」をマスターしましょう。酢水さえあれば簡単にできるアク抜き。

 

アクは苦味やえぐみのもと! 上手に取り除いてあげると料理がより一層おいしくなりますよ。

 

gobou_kihou_3

1. まず、ごぼうをさらしてあくを抜くための酢水を作る。酢の分量は水1リットルに対して小さじ1/3を目安にしましょう。

 

gobou_kihon_4

2. ごぼうの皮をむく。アルミホイルをくしゃっと丸めて金だわしの代わりにすると、包丁で皮をむくより簡単にできます。皮が薄くむけるので、皮と実の間にある栄養が残りやすいという嬉しい効果も!

 

gobou_kihon_5

3. ごぼうの根本を切り落とす。太い部分のみ十字に切り込みを入れておくと大きさの揃ったささがきが簡単に作れます。

 

gobou_kihon_6

4. 酢水を張ったボウルに直接ささがきをしながらごぼうを落とし、アク抜きをする。

 

gobou_kihon_7

5. 10分ほど酢水にさらすと真っ白に!ザルにあげ、水気を切っておく。

 

[POINT!]
煮物など、ごぼうを下ゆでしてから使う料理では、下茹でした後に一度水にさらし、調理するまで水につけておきましょう。空気に触れたまま放っておくと、煮込みはじめた時に黒いアクが浮き、見た目が悪くなってしまいます。

 

知っておくと必ず役立つ、ごぼうの基本。ちょっとしたポイントを押さえると、普段のごぼう料理がグッとおいしくなりますよ。

 

旬の今こそ、食材のおいしさを最大限に活かした調理方法で自然の恵みを存分に味わってくださいね。

 

※ささがきごぼうを使って、和食の定番「きんぴらごぼう」を作ってみよう!
きんぴらごぼうの基本レシピ。味付けやアレンジも徹底マスター!

 

 

【レシピを教えてくれた人】
uchila_飯泉友紀さん

飯泉友紀さん(Uchila)

【PROFILE】

移動式フードドリンクユニット「Uchila(ウチラ)」のメンバー。各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。