なす なす

なすはどれくらい日持ちする? 賞味期限と保存のコツ

カットして保存袋に入れたなす

「なす」がおいしい季節。みずみずしい夏野菜の代表格ですが、水分を多く含むためあまり長持ちしない印象も。

今回は、そんな「なす」を保存する時のポイントや、日持ちの目安についてお伝えします。長持ちさせるための冷凍保存のコツも必見です!

 

 

なすはどれくらい日持ちする? 賞味期限の見分け方

ザルにのせたなす

 

◆なすを買う時の選び方

なすを買う時は、表面がツヤツヤとしていて傷がなく、深い黒紫色をしたものを選ぶのがおすすめ。ヘタ部分のトゲがピンと立っていれば、より新鮮な証拠!

なすの実には水分が豊富に含まれているため、手にとってずっしりと重みを感じるかどうかも、おいしいなすを見分けるポイントです。

 

◆保存のポイント

なすは冷暗所(10℃前後)で新聞紙に包み保存するのがベストです。

夏野菜は暑い気温に適応しているため、冷蔵庫でキンキンに冷やすと低温障害が起きやすく、実の内側や種が黒っぽく変色してしまうことがあります。夏場に室温を低く保つことが難しい場合は、新聞紙に包んだまま冷蔵庫の野菜室に入れて保存しましょう。すぐに使い切れなければ冷凍保存が安心です。

 

◆なすの日持ち&賞味期限の見分け方

冷暗所や野菜室で保存したなすは、3〜4日以内に使い切りましょう。

種の周辺が多少黒くなっていても食べられますが、味は落ちてしまうのでなるべく早く食べきることをおすすめします。なすが傷んでくると表面がシワシワしてハリがなくなったり、変色したり、ぶにょっとした触り心地になってきます。

 

 

なすの冷凍保存方法3ステップ

水分を豊富に含んでいて、それほど長持ちしない印象の「なす」。すぐに使い切れない時は、冷凍保存すると1ヶ月程はおいしく食べることができます。常備しておくと炒め物や煮物にも手軽に入れられて便利です!

ここからは、なすを冷凍保存する方法をご紹介します。

 

STEP1. 用途に合わせて切る

輪切り、乱切り、くし切り、みじん切りにしたなす

輪切り、乱切り、くし切り、みじん切り…など、普段のお料理にそのまま使えるよう、あらかじめなすをカットしておきましょう。

 

STEP2. チャック付き保存袋に入れる

切ったなすを保存袋に入れる

切ったなすをチャック付き保存袋に入れます。

まんべんなく凍らせるため、袋の中で並べるようにするのがポイントです。

 

STEP3. 平たくした状態で冷凍室へ

袋に入れたなすを冷凍保存する

なすが入った袋をできるだけ平らな状態にして、冷凍庫に入れます。

できればアルミトレーに並べて冷凍するのがおすすめです。スピーディーに凍ってくれて、新鮮さを保ちやすくなりますよ。

 

冷凍したなすは、炒め物や煮物に使うのが適しています。凍ったままフライパンやお鍋に入れてしまってOK。天ぷらなどの揚げ物は、凍っていた水分が溶け出してカラッと揚がりにくくあまり適しません。

ちなみに、素揚げしてから冷凍すると、油を引かずにそのままお料理に使えて便利です。余分な水分が飛んでいるため、味も馴染みやすくなりますよ。

 

☆凍ったまま調理する際は油がハネやすいので蓋をして調理するのがおすすめです。また、もし揚げ物に使う場合は一度にたくさん入れると油が吹きこぼれることがあります。様子を見ながら少量ずつ加えるようにしてください。

 

***

 

食材が傷みやすい今の季節。せっかくの旬野菜を長くおいしく味わうためにも、今回ご紹介した保存のポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

 

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)