Bright watercolor set of edible noble mushrooms isolated on a white background. Autumn collection. Chanterelle, boletuses, oilers. Can be used for design, decor. きのこ

きのこや野菜がたっぷり! 基本の「豚汁」レシピ&ちょい足しにおすすめの調味料

shun_1909_02_main

野菜やお肉がたっぷり入って、食べごたえのある「豚汁」。涼しくなってきた今の時期に、ほっこりと体を温めてくれます。

 

今回は、豚汁をおいしく簡単に作る基本のレシピをご紹介。 いつもと違った味わいを楽しめる、おすすめの「ちょい足し調味料」もご紹介するので、ぜひ試してみてください!

 

メインにもなる?具材たっぷり「豚汁」基本のレシピ

shun_1909_02_01

【材料】※2人分

・豚バラ肉…6枚

・にんじん(いちょう切り)…1/4本

・ごぼう(ささがき)…1/3本

・大根(いちょう切り)…1/8本

・こんにゃく(アク抜きして一口大に)…1/4個

・ねぎ(斜め切り)…1/3本

・しめじ(石づきをとって小房に分ける)…1/4株

 

・ごま油…大さじ1/2

・みそ…大さじ2

・水…400cc

・和風だし…小さじ1

 

☆みそは、甘めの合わせみそがおすすめ。麦や麹がごろっと入ったものが、豚のコクとよく合います◎

 

【作り方】

shun_1909_02_02

1.鍋にごま油を入れ、ごぼうを強火で炒める。香りが立ったら大根・にんじん・豚バラ肉を入れて炒める。

 

shun_1909_02_03
2.水と和風だしを入れてひと煮立ちさせたら、こんにゃくとネギを入れてさらに煮込む。

 

shun_1909_02_04
3.具材が柔らかくなったら、しめじを入れる。火が通ったら最後にみそを溶いてできあがり!

 

☆しめじは冷凍保存しておいたものを使ってもOK!

冷凍保存のポイントはこちら

 

具だくさんで彩りがよく、コクがあって味わい深い豚汁の完成です! 食べごたえがあるのでメインおかずとしてもおいしくいただけますよ。

 

新発見! 豚汁と相性抜群のちょい足し調味料

shun_1909_02_05

そのまま食べてもおいしい豚汁ですが、調味料を“ちょい足し”するという楽しみ方も。ここでは、豚汁と相性ぴったりの食材をいくつかご紹介します。ぜひ、豚汁の新しい味わいに出会ってみてください!

 

shun_1909_02_06

1.しょうが

みそと相性抜群のしょうが。豚汁の風味をさらに豊かにしてくれます。体の内側からじんわりと温めてくれますよ。

 

2.にんにく

パンチのある味わいが好きな人におすすめ! よりこってりとした味わいになって、満足感もアップ。

 

3.牛乳

意外に思うかもしれませんが、みそと牛乳も相性抜群なんです。ちょい足しすれば、クリーミーな味わいでちょっぴり洋風な豚汁に。ぜひお試しあれ!

 

4.バター

みそラーメンのトッピングの定番でもあるバター。もちろん豚汁とも合います。バターの風味で、コクとまろやかさがアップ。牛乳とダブルでちょい足しするのもおすすめです。

 

秋の味覚「きのこ」がたっぷり!フリーズドライの豚汁もおすすめ!

shun_1909_02_07

基本のレシピをマスターすれば誰でもおいしく作れる「豚汁」ですが、もっと手軽に味わいたい人にはフリーズドライもおすすめ!

 

アマノフーズの「しょうが香るきのこの豚汁」は、ぶなしめじ、まいたけ、しいたけが入った秋にぴったりの味わい。刻みしょうがの香りと食感もアクセントになって、コク・旨み・香りを存分に楽しめます。お湯を注ぐだけなので、お弁当と一緒に職場や学校に持っていっても◎。

 

***

 

野菜もお肉もたっぷりとれて、みんなに愛される豚汁。今回ご紹介した基本のレシピをマスターすれば、おいしい豚汁を簡単に楽しめます! 調味料をちょい足しして、いつもと違った味わいで楽しむのもおすすめです。「もっと手軽に!」という時は、フリーズドライの豚汁も活用してみてくださいね。

 

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)