Bright watercolor set of edible noble mushrooms isolated on a white background. Autumn collection. Chanterelle, boletuses, oilers. Can be used for design, decor. きのこ

きのこは冷凍がおすすめ!おいしくて使いやすい冷凍保存術

shun_1909_01_main

コリコリ、シャキシャキとした食感と、味わい深さが魅力の「きのこ」。メインおかずから副菜やスープまで、どんな料理でも活躍してくれる万能食材です。

 

今回は、そんなきのこをもっと便利に、おいしく活用するための「冷凍保存」のコツをお伝えします。超簡単な冷凍きのこ活用レシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

 

きのこを冷凍保存するメリットは?

shun_1909_01_01

きのこは、食物繊維が豊富で低カロリー。また、年間を通して価格も比較的安定しており、毎日の料理の強い味方になってくれる食材です。そんなきのこを、もっと便利に活用してみませんか?

 

きのこを冷凍しておけばより長く保存することができ(1ヶ月ほどが目安)、日々の料理にパパっと使えて、時短にもつながります。

 

 

そして、しいたけなどの「きのこ」に豊富に含まれる“うま味成分”の「グアニル酸」は、冷凍後に加熱することで増えると言われているんです。これは、冷凍することで「きのこ」内の水分が凍り、細胞が損傷することで酵素作用が活発になるためだと考えられています。

 

つまり、きのこは冷凍保存しておくことで「便利さ」も「おいしさ」もアップするということ! みなさんも、ぜひ冷凍庫にきのこを常備してみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、ここからはきのこを冷凍保存する時の下処理方法をご紹介します。

 

種類別! 食感を活かす「きのこ」の冷凍保存方法

shun_1909_01_02
きのこを冷凍する際は、使いやすい状態にカットしたうえでチャック付き食品保存袋に入れて保存します。空気もできるだけ抜いておきましょう。使うときは必ず加熱してください。

 

ちなみに、今回ご紹介するきのこはカット前に洗わなくてOK。現在日本で販売されているほとんどのきのこはクリーンな環境で栽培されているので、洗わないほうが風味も品質もキープできるのです。

 

ここからは、代表的なきのこのおすすめカット方法をそれぞれご紹介します!

 

1.ぶなしめじ

shun_1909_01_03

石づきを切り落とし、小房に分ける。

 

2.えのき

shun_1909_01_04
石づきを切り落とし、ざく切りにする。石づきに近い部分はくっついているので、ほぐしておくと使いやすい。

 

3.エリンギ

shun_1909_01_05

食べやすい大きさの短冊切りにするのが使いやすくておすすめ。

 

ちなみに、エリンギは輪切りにするとまるでホタテのような食感が味わえます。アヒージョやクリームスープなどには輪切りがおすすめ。メインおかずとして炒めものに使うときなどは、縦4等分に切るのも◎。コリコリとした食感が活きますよ。

 

4.まいたけ

shun_1909_01_06

小房に分けるだけでOK!

 

5.しいたけ

shun_1909_01_07

軸を切り落としてかさとわける。軸は縦に薄切りにしておくと汁物や炒めものに使いやすい。

 

かさの部分はスライス、もしくは4〜6等分にカットしておくと万能に使えます。しいたけステーキや肉詰めに使うなら、かさは切らずに冷凍しても◎。

 

【ミックスして冷凍しても便利!】

shun_1909_01_08

以上のきのこをミックスして冷凍しておくのもおすすめ!

 

きのこを数種類合わせることで、味わいや食感のバリエーションが広がります。汁物や炒めものにパパっと入れたり、電子レンジで加熱してマリネにしたりと、日々のお料理がもっと楽ちんになりますよ。

 

冷凍しておけば調理に使いやすい!ミックスきのこ活用レシピ

 

今回は、冷凍きのこを活用した超簡単レシピもご紹介します!

 

■きのことトマトのスープ

shun_1909_01_09

材料を鍋に入れて加熱するだけの簡単レシピ。シンプルな味付けながら、きのこの風味がギュッと詰まった深い味わいを楽しめます! トマトの爽やかな酸味もアクセントになって◎

 

【材料】(2人分)

・冷凍ミックスきのこ…120g

・水…300ml

・顆粒コンソメ…小さじ1/3

・ミニトマト(半分に切る)…4個

・ハム(短冊切り)…2枚

・乾燥パセリ…お好みで

 

【作り方】

shun_1909_01_10

鍋に、冷凍きのこ、水、顆粒コンソメ、ハム、ミニトマトを入れて加熱するだけ。キッチンバサミを使えば包丁もまな板も使わずあっという間に調理できます。具材に火が通ったら、お好みでパセリをかけて召し上がれ!

 

***

 

毎日の食卓の強い味方になってくれる「きのこ」。みなさんも上手に冷凍保存して、もっと便利に、おいしく活用してみてくださいね。

 

【教えてくれた人】

若子みな美さん

img_prof

[PROFILE]

管理栄養士・減塩料理家・フードコーディネーター。

大学卒業後、管理栄養士として病院・福祉施設に勤務。その後、学校給食へ従事し食育や献立管理などを行い、ライフステージに応じた「食育」の必要性や、学校だけでなく家庭での食育の必要性を実感。2017年4月 「食をより簡単に、そして世界を健康に」をモットーに独立。現在は減塩料理、簡単時短料理をメインとしたレシピ開発や記事執筆、食に関するイベントやセミナーなど幅広く活動中。病院や学校給食に従事した経験を活かし、食に関して総合的な提案を行う。

 

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)

 

※参考文献

J-STAGE 「冷凍した食用担子菌類の嗜好性」 日本食生活学会誌 Vol.17

J-STAGE 「キノコは冷凍に適しているか」 日本食生活学会誌 Vol.26