Bright watercolor set of edible noble mushrooms isolated on a white background. Autumn collection. Chanterelle, boletuses, oilers. Can be used for design, decor. きのこ

専門店から穴場まで!マニアも唸る!きのこ料理が楽しめるお店3選

shun_1909_03_main

秋の味覚「きのこ」と言えば、その歯ごたえと独特の香りが魅力ですね。 スーパーで手頃な価格で買える上に、和食でも洋食でも使いやすいので、献立に取り入れる機会も多いのではないでしょうか?

 

きのこと一口に言っても、えのきやしめじ、マッシュルームなど種類はさまざま! 同じきのこでも、食感や味わい、香りがそれぞれ違うのも魅力です。

 

今回は、都内の「きのこ料理が楽しめるお店」をご紹介します。「きのこ」をふんだんに使った料理や、スーパーでは見かけない珍しい「きのこ」も登場!  きのこの新たな魅力を感じることができるはず♪

 

今、気になる3店舗をアマノ食堂編集部が取材しました!

 

新感覚きのこラーメンが楽しめる!【ソラノイロ トンコツ&きのこ】

shun_1909_03_01
まず最初に伺ったのはこちら!ラーメン屋「ソラノイロ トンコツ&きのこ」です。

 

shun_1909_03_02

トンコツとキノコ?! いったいどんなラーメン屋さんなのかドキドキ…。

 

京橋駅直結のビル「京橋エドグラン」の地下1階にあるラーメン店です。一体どんなきのこ料理がいただけるのでしょうか…?

 

shun_1909_03_03

壁面には色とりどりのスパイスが…!

 

店内に入ると、予想外のおしゃれな空間! 「女性が1人でも気軽に入れるように」という店主の願いが込められているのだとか。

 

そして注目はユニークなメニュー。麺、スープ、トッピング全てに野菜を使用した「ベジソバ」やベジタリアン向けの「ヴィーガンラーメン」など、女性に嬉しいメニューも豊富です。

 

中でも、京橋店の一押しの人気メニューが「きのこのベジソバ」。早速注文してみました!

 

shun_1909_03_04

「きのこのベジソバ」

 

やってきたのは、思わず写真を撮りたくなる彩り豊かな美しい一杯。「これがラーメン?」と錯覚してしまいそうな見た目です。

 

スープはマッシュルームペーストにして野菜だしと合わせた豆乳仕立て。

 

右上の黒いオイルはマッシュルームを油で揚げたときに出るマッシュルームオイル。途中でスープに溶かしていただくと香ばしさと濃厚さがプラスされ、より深い味わいに。

 

shun_1909_03_05

スープにもきのこ、麺にもきのこ!

 

ポタージュのような濃厚スープに風味豊かなマッシュルームオイルを溶かし、平打ち麺に絡めていただきます。なんとこの麺にも、しいたけパウダーが練り込まれています。スープと麺からきのこの香りがふわ〜っと口いっぱいに広がる奥深い味わいです!

 

トッピングはこんがり焼いたズッキーニとトマト、水菜、マッシュルーム、パプリカのピクルス、鶏ハムと豪華7種盛り! 味に変化が生まれ、この1杯でいろいろな味わいが楽しめます。

 

shun_1909_03_06

さらに、「きのこのベジソバ」を味わい尽くすおすすめの食べ方を店長さんが教えてくれました。

 

「具材や麺はなくなってしまったけど、最後までスープを堪能したい!という方はぜひ」と店長さん。

shun_1909_03_07shun_1909_03_08

「締めのチーズリゾット」

 

追加でこちらをオーダーしました。香味チップをのせてほんのり焦がしたチーズがのったご飯。これを残ったスープに入れてリゾットにしていただくのがおすすめだそうです。

 

shun_1909_03_08

濃厚なしいたけスープとチーズのコクが相性抜群で確かにおいしい! 1度で2つの味わいを楽しめるので、これは試す価値ありです! 最後の一口まで飽きることなく楽しめますよ。

 

ラーメン以外にも、夜のおつまみメニューで人気なのが「マッシュルームのチーズ焼き」。

 

shun_1909_03_09

「マッシュルームのチーズ焼き」

 

こんがり焼けたチーズと、ジュワッと溢れ出すマッシュルームのエキスが合わさって、もうたまりません…!

 

他のメニューも野菜やきのこを中心にしたメニューがたくさん! ランチタイムや仕事帰りの一杯にいかがでしょうか? おしゃれな新感覚ラーメン、ぜひ味わってみてくださいね。

 

 

【店舗情報】

「ソラノイロ トンコツ&きのこ」

住所:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン B1F

電話番号:03-6262-3545

営業時間:月~金曜11:00~22:00(21:45 LO)、土・日曜、祝日11:00~15:00

定休日:年中無休

 

モデルや女優も御用達!キレイを磨く「きのこしゃぶしゃぶ」専門店【シャングリラズシークレット】

shun_1909_03_10

壁に生えているきのこがかわいらしい、思わず写真に撮りたくなるインスタ映えスポットです♪

 

続いてご紹介するのは六本木にあるきのこしゃぶしゃぶ専門店「Shangri-La’s secret(シャングリラズシークレット)」。 六本木駅から徒歩1分、ビルの4階にあります。エレベーターのドアが開いて最初に見えてくるのは、まるで森の中のような空間!

 

店名の「シャングリラズシークレット」は、山岳地帯である中国の雲南省シャングリラ市から取っているのだそう。

 

shun_1909_03_11

高級感を感じさせるシックな空間。壁には…?

 

テーブルも中国の大理石を取り寄せて造られていて、インテリアにもこだわりを感じます。

 

shun_1909_03_12jpg

額に入ったきのこの写真がずらり!!

 

さらにメニュー表に、「きのこ図鑑」なるものを発見!

 

shun_1909_03_13

二日酔い、ドライアイ、デトックスに良いなど・・きのこの種類ごとに栄養価なども詳しく書かれています

 

時期によって提供されるきのこも変わるので、色々な種類のきのこを求めて何度も訪れたくなりますね。こちらでは看板メニューの「きのこしゃぶしゃぶ」をオーダー!

 

shun_1909_03_14

こだわりと天然きのこの旨み詰まった「秘伝のブラックスープ」

 

現れたのは真っ黒なスープ…! 中国雲南省で採れた数種類の乾燥キノコをじっくりじっくり煮出して作っている「秘伝のブラックスープ」です。

 

このブラックスープでしゃぶしゃぶするのは…、もちろんきのこ!

 

shun_1909_03_15

箱いっぱいに敷き詰められた「きのこ」!

 

ピンク色や黄色などカラフルなきのこや大ぶりのなめこ、大きなきくらげなど…スーパーでは見たことのないきのこ達にワクワク!

 

shun_1909_03_16shun_1909_03_17

食べ方は簡単。きのこをブラックスープに入れて約3分もすれば食べごろ。

 

ブラックスープがひたひたに染み込んだきのこは絶品です…! きのこの美味しさだけを存分に堪能しました。

 

shun_1909_03_18

 

 

さらに、オーナーの菊池さんが「きのこしゃぶしゃぶ」を120%楽しむ方法を教えてくれました。「まずスープだけを味わってみてください。そこからきのこ→野菜→肉→締めの麺という順番で食べるのがおすすめです」

 

「スープだけできのこの風味がしっかりあって十分おいしいのですが、具材をしゃぶしゃぶすることでより深みのある味わいに変化します。野菜の甘みときのこの風味が溶け込んだスープでお肉や麺をいただくのが最高なんです。」と菊池さん。

 

一人一鍋での提供なので、自分のペースでゆったりと楽しめます。

 

他にもきのこの美味しさをたっぷり味わえるメニューがたくさん! その中でも人気のメニュー「お肉のような串揚げ」を注文しました。

 

shun_1909_03_18

「お肉のような串揚げ」

 

「ヤマブシダケ」という白くてふさふさしたきのこを乾燥させて、それをもう一度戻してから揚げます。歯ごたえがあり、名前の通り肉と勘違いするほどの食感です。ピリッとスパイスが効いた味付けでやみつきになります!

 

だんだん涼しくなって鍋が恋しくなるこの季節。出会ったことのないきのこの数々に盛り上がること間違いなし! 「シャングリラズシークレット」できのこの新体験を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

【店舗情報】

「Shangri-La’s secret(シャングリラズシークレット) 六本木店」

住所:東京都港区六本木4-11-11 六本木GMビル 4F

電話番号:03-6804-5095

営業時間:11:30〜15:00、17:30~23:30

定休日:なし

 

直径15cmのギガマッシュルームを味わう!マッシュルーム専門店【マッシュルームトーキョー】

shun_1909_03_19

その名の通り、マッシュルームを専門に扱う「マッシュルーム料理専門店」

 

明治神宮前駅から徒歩2分の場所にある「マッシュルームトーキョー」。大きなマッシュルームのロゴが目印です。

 

この店は、国産マッシュルームを専門で扱う専門会社が運営。「マッシュルームの美味しさや可能性を知ってもらって、もっと身近な存在にしたい!」という社長の想いでオープンしたのだそう。

 

店内にはそんなオーナーさんのマッシュルーム愛溢れる仕掛けがあちこちに…
shun_1909_03_20shun_1909_03_21

マッシュルーム型の調味料入れやろうそく、マッシュルームがデザインされた手ぬぐいなどなどまさにマッシュルーム天国!!

 

shun_1909_03_22

テラス席のテーブルはなんとマッシュルーム型! 遊び心たっぷりの店内にワクワクします。このユニークなインテリアが話題となり、インスタグラムを見て訪れる女性のお客さんも多いのだとか。

 

ここでまず注文したのは、「ひらひらマッシュルームのサラダ」。

shun_1909_03_23

「ひらひらマッシュルームのサラダ」

 

薄くスライスされたジャンボマッシュルーム(直径約7~10cmのマッシュルーム)が盛られて登場! まるで純白の雪山のような美しさです…。

 

味付けはオリーブオイルと塩のみ。塩はおだやかで甘みのある与論島の塩。新鮮なものを生の状態でいただくので、マッシュルームの香りと美味しさをダイレクトに感じられます。食べてみると、シャクシャクした不思議な食感!これはまさに新感覚です。

 

そしてこの店一押しのメニューが「ギガマッシュルーム」を使ったステーキ。

 

shun_1909_03_24

左:通常サイズのマッシュルーム 右:ギガマッシュルーム

 

通常のマッシュルームとサイズと比べると一目瞭然! 通常のマッシュルームがかわいく見えてくる大きさです。

shun_1909_03_25ステーキの調理法をシェフの鈴木さんに伺いました。

塩とオリーブオイルでシンプルに味をつけて20分オーブンで焼くだけ! きのこの風味がしっかりと出るのでこれだけで十分おいしんですよ」

 

調理法はいたってシンプルなんですね! そして焼きあがったギガマッシュルームがこちら。

 

shun_1909_03_26

「ギガマッシュルームのまるごとステーキ」

 

大皿を埋め尽くす直径15cmほどのギガマッシュルーム。これはすごい…!

 

黒く色づいたひだの部分、これは焦げではありません。時間が経って熟成されるとカサが開き、うまみが溜まって黒く色づいているのだそうです。

 

shun_1909_03_28

スプーンで押し当てると、みるみる出てくるきのこのスープ! マッシュルームは90%が水分。焼いた時に出る水分がこのスープです。

 

shun_1909_03_28

そしてこの肉厚な断面! 口に入れると、弾力のあるプリッと食感。食べ応えがあるので4〜5人で食べるのがちょうど良いサイズです。

 

しめじやえのきに比べてまだなじみの薄い「マッシュルーム」ですが、写真映えするメニューの数々に、インスタグラムを見て女性のお客様も増えているのだとか。

 

「この店をきっかけにマッシュルームのおいしさや可能性を感じて、自宅でも気軽に楽しんでもらいたい」と鈴木さん。

shun_1909_03_29

他にも「マッシュルームのカツ」や「きのこTKG(卵かけご飯)」、マッシュルームを使ったアイスクリームまで! 季節ごとに変わるメニューも豊富です。新メニューを楽しみにまた来たくなる店です♪

 

【店舗情報】

「マッシュルームトーキョー

住所:東京都渋谷区神宮前6-2-4

電話番号:03-6450-5877

営業時間:

<ランチ営業>火~金曜11:30~15:00、  土・日曜、祝日11:30~15:30

<ディナー営業>火~日曜18:00~23:00

定休日:月曜日、火曜日(月2回ほど休み)

 

 

身近な存在だと思っていたきのこもまだまだ知らない魅力がたくさん! きのこ好きの方も、珍しいきのこを食べてみたい方も、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? きっと新たなきのこの可能性を感じるはずです!

 

撮影/佐々木謙一