sannma さんま

フライパンでもOK!さんまの塩焼きをおいしく作る方法

shun_1910_01_main

秋を代表する味覚の「さんま」。スーパーの鮮魚コーナーに、きれいなさんまがずらりと並んでいるのを目にする季節になりました。

 

今回は、旬のさんまをシンプルに味わう「塩焼き」の作り方をご紹介します。基本をおさえれば誰でも簡単に、外はパリッと中はふんわりの食感を楽しめるので、ぜひ試してみてください!

 

簡単3ステップ!魚焼きグリルで「さんま」をおいしく焼く方法

shun_1910_01_01

早速、さんまを塩焼きするときの基本の手順をご紹介。さんまの下処理から魚焼きグリルを使って焼く方法をお伝えします。

 

shun_1910_01_021.エラや顔周りに溜まっている血をよく洗ってから、包丁の刃先を使って鱗を軽く削ぐ。

 

shun_1910_01_032.塩をひとつまみ(親指、人差し指、中指でつかめる量)をまんべんなく振って5分置き、ペーパーで水気を拭き取る。

 

shun_1910_01_043.グリルに入れて中火で5分ほど焼き、ひっくり返してもう5分焼いたら完成!

 

shun_1910_01_05

表面はこんがり、中はふっくらと焼き上がりました。

 

フライパンでもOK!手軽にさんまを塩焼きするには?

 

魚焼きグリルがないという人もご安心を。さんまの塩焼きは、フライパンを使ってもおいしく作ることができます! ここではフライパンを使うときのポイントをご紹介。塩を振って水気を拭き取るまでの工程は、グリルで焼く場合と同じです。

 

●おいしく焼くコツ1 さんまは半分に切るのがおすすめ

shun_1910_01_06

フライパンの場合、さんまがはみ出ないよう、焼く前に半分に切っておくことをおすすめします。こうすることで焼きムラを防げるほか、ひっくり返しやすくなります。

 

●おいしく焼くコツ2 クッキングシートを敷く

shun_1910_01_07

フライパンで焼く時は、フライパンにクッキングシートを敷いて強めの中火で7分ほど焼き、ひっくり返してもう7分焼きます。

 

クッキングシートを使うことで、油をひかなくてもさんまの皮がくっつきにくくなるほか、後片付けも楽ちんです。

 

shun_1910_01_08

フライパンでも手軽にふっくらと焼けるさんまの塩焼き。みなさんもぜひ試してみてくださいね。

 

さんまの塩焼きに!お水を注ぐだけの「フリーズドライの大根おろし」が便利!

shun_1910_01_09

さんまの塩焼きといえば、大根おろし。大根おろしは魚の脂と相性がよく、余分な脂っぽさをさっぱりと抑えてくれるので、さんまをより一層おいしく味わうことができます。

 

そんな大根おろし大根を自分ですりおろさなくても、まるごと素材 フリーズドライの大根おろしなら必要な量の大根おろしをお水を注いで混ぜるだけで簡単に作れます。

shun_1910_01_10

水を注いで混ぜるだけ!

 

shun_1910_01_11

さんまの塩焼きをもっとおいしく味わえる大根おろし。手軽に楽しみたい! という時は、ぜひフリーズドライの大根おろしも活用してみてくださいね。

 

***

 

今回レクチャーしたさんまの塩焼きの作り方をマスターすれば、誰でも簡単に外はパリッと中はふんわりの食感を楽しめます。ぜひお試しください!

 

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)