Cheese Watercolor painting on white background チーズ

普段のランチやおもてなしにも♪ 簡単おしゃれなチーズパスタレシピ

shun_1912_03_sub

冬のパーティシーズン。「お酒との相性が良くて、おしゃれな1品がほしい!」という場面、ありますよね。

 

そんな時におすすめなのが、濃厚でクリーミーな味わいを楽しめる「チーズパスタ」です。そこで今回は、簡単に作れるチーズパスタのレシピをご紹介します!

 

 

「ブロッコリーと海老のチーズクリームペンネ」レシピ

shun_1912_03_03

濃厚でクリーミーなチーズソースが味わい深いチーズパスタ。ショートパスタを使えば小さめの鍋でも茹でやすく、ソースも絡みやすいので、失敗が少なく誰でも簡単に作ることができますよ。

 

材料(2人分)

・ペンネパスタ…80g

・ブロッコリー…80g(4房程度)

・オリーブ油…大さじ1

・むきえび…100g

・塩…小さじ1/3(お好みで加減してください)

・粉チーズ…大さじ1

 

<調味料A>

・A生クリーム…100cc

・A牛乳…100cc

・Aピザ用チーズ…100g

・Aすりおろしにんにく…小さじ1/2

 

※ブロッコリーや海老は冷凍食材を使ってもOK!

 

■作り方

shun_1912_03_02

1.大きめの鍋に水を入れて沸騰させ、ペンネを入れる。表示時間より1分間短く茹で、同じ湯で小房に分けたブロッコリーも1分間茹でる。

 

<POINT>

パスタを取り出す1分前にブロッコリーも一緒に鍋に入れれば時短になります。

 

shun_1912_03_01

2.フライパンにオリーブ油を入れて熱し、えびを加えて炒めたらAの調味料をすべて加え、焦げないようにかき混ぜながら煮詰める。

 

shun_1912_03_04

3.ソースにとろみがついたら、茹でたペンネとブロッコリーを入れ、全体をざっくりとかき混ぜる。塩で味を整えたら器に盛り、粉チーズをかけて完成!

 

syun_1912_03_08

パクッと口に運べて、なおかつ取り分けるのが楽チンなので複数人でシェアしやすいのもうれしいポイント。子どもも大人も喜ぶこと間違いなしの1品。白×緑×ピンクの彩りが鮮やかで、ワインのおつまみやパーティメニューとしてもぴったりです!

 

お湯を注いで60秒!チーズパスタをもっと手軽に味わいたいときに

shun_1912_03_05

ここまで、簡単おいしいチーズパスタのレシピをご紹介しましたが、「もっと手軽に、手間をかけずに準備したい!」という人にはフリーズドライのチーズパスタがおすすめです。

 

shun_1912_03_06

アマノフーズの「3種のチーズのクリームパスタ」は、パルメザン、ゴルゴンゾーラ、ゴーダの3種類のチーズが贅沢に使われていて、クリーミーでコクのある味わい。フジッリパスタにチーズとベーコン、きのこの旨みが溶けこんだ濃厚ソースがたっぷりと絡みます。ワインやビールのおつまみとしても相性◎。「もう1品ほしい!」という時にぴったりです。

 

shun_1912_03_07

パスタシリーズは他にも! トマトと生クリームのまろやかなソースに、とろりとしたなすがおいしい「焼きなすとトマトのクリームパスタ」(写真右下)と隠し味にレモンを効かせ、スッキリとした味わいに仕上げた「枝豆とサーモンのクリームパスタ」(写真左下・現在は販売終了)です。それぞれ違ったおいしさを楽しめるパスタ3種は、パーティーメニューとしてもおすすめ♪

お湯を注いで60秒でできあがる本格パスタで、濃厚な味わいを手軽に楽しんでみては?

 

***

 

お酒との相性も良く、これからのパーティーシーズンにぜひ味わいたいチーズパスタ。ショートパスタを上手に使って、簡単においしく、おしゃれな1品を楽しんでみてはいかがでしょうか? もっと手軽に味わいたい時は、フリーズドライのパスタも活用してみてください!

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/飯塚麻美)