cabbage vegetable vector キャベツ

【キャベツの冷凍&冷蔵保存テク】食感やみずみずしさを保つコツは?

syun_2001_01_main

 

みずみずしさが魅力のキャベツ。サラダ、炒めもの、スープなど、幅広い料理で活躍してくれる食材です。生でシャキッと食感を楽しんでも、加熱してしんなりと甘みを引き出してもおいしいですよね。今回は、そんなキャベツのおいしさを長持ちさせる保存方法をご紹介します!

 

鮮度長持ち! 冷蔵庫での保存テク

shun_2001_01_01

キャベツは適切な方法で保存すれば、おいしさがぐんと長持ちします。まずは、冷蔵庫で保存するときのポイントをご紹介!

 

■まるごとキャベツは芯に「つまようじ」を挿して保存!

shun_2001_01_02

まるごとキャベツ1玉を保存するときのポイントは、芯の処理方法にあり!

 

キャベツは収穫後も成長を続けるので、そのままにしておくと葉の栄養分が芯に奪われやすくなってしまいます。そのため、保存するときには芯にひと手間加えるのがおすすめ。

 

簡単なのは、芯の部分につまようじを3本挿す方法。こうすることでキャベツの成長が止まり、2週間程度日持ちするようになります。つまようじを挿したままの状態で、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

 

■カットキャベツは断面の乾燥を防ぐべし!

shun_2001_01_03

1/2や1/4サイズにカットされたキャベツは、断面から乾燥が進み、そのぶん傷みが早くなってしまいます。そのため、断面の乾燥を防ぐことが長持ちさせるコツ。

 

カットキャベツを保存するときは、湿らせたキッチンペーパーを断面にかぶせ、全体をラップで包み冷蔵庫で保存しましょう。こうすることで、1週間程度日持ちします。

 

調理にも使いやすい! カットして冷凍保存

shun_2001_01_04

 

キャベツを食べやすいサイズに切った状態で冷凍保存しておけば、お料理にそのままパッと使えてとても便利です。おすすめの切り方は、「一口大」と「千切り」

 

洗ったキャベツを切ったら水気を拭き取ります。チャック付き保存袋に入れて空気を抜いたらすぐの冷凍庫へ。しっかり密封&素早く冷凍するのが、鮮度をキープするコツです。冷凍保存すれば1ヶ月ほど日持ちします。

(1ヶ月以上経過しても見た目はほぼ変わりませんが、シャキっとした食感や風味が落ちます。冷凍焼けも風味劣化の要因になるので、冷凍庫内の温度変化に注意しましょう。)

 

shun_2001_01_05

「一口大」と「千切り」にカットしたキャベツは、それぞれこんな使い方がおすすめです! 一度冷凍したキャベツは、加熱すると生のものよりもしんなりとしやすく、調理時間を短縮できるのもメリット。

 

〈一口大〉

一口大キャベツはしっかり加熱しても水っぽくなりすぎず、食感が残りやすいのが特徴です。火力の強い炒めものや、長時間の煮込み料理にぴったり。(霜がついて固まったキャベツを油に入れるとはねるので注意してください)

 

・炒めもの…豚肉や、大ぶりに切ったお好きな野菜を強火で炒めて、焼きそば、焼きうどんの具やラーメンのトッピングに。

・とろみをつけるもの…炒めたあとにうずらの卵やかまぼこなどを入れて中華スープで軽く煮込み、片栗粉でとろみをつけたら中華丼やあんかけの具に。

・煮込み系…ソーセージやじゃがいもなどと一緒にじっくり煮込んで、ポトフやシチューに。

 

〈千切り〉

千切りキャベツは水分が出やすくやわらかく仕上がるので、サラダなどしっかと味を含ませるお料理や、サッと煮込んで味を絡ませるおみそ汁などにおすすめです。

 

・煮込み系…お好みの具と一緒に煮込んで、おみそ汁やスープに。

・漬物系…自然解凍後によく水気をしぼって、浅漬、マリネに。

 

***

 

常備してあると便利なキャベツ。今回ご紹介した保存方法を参考に、みずみずしいキャベツのおいしさをぜひ長持ちさせてくださいね。

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。2019年11月に初の書籍『数カ月先まで予約でいっぱい-訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』を発売。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史