seroli セロリ

セロリ嫌いも克服できる?苦味をおさえたおすすめレシピ3選

shun_2003_02_main

みずみずしさとシャキシャキ感がおいしいセロリ。サラダや炒めもの、スープなど幅広く活用できる野菜ですが、「独特の苦味が気になる…」という声も耳にします。

 

実は、セロリの苦味を抑える調理のコツがあるんです! 今回はセロリの茎の食感を活かしつつ、おいしく食べられるレシピをご紹介します。セロリが苦手な方も好きになれるかも?

 

セロリの苦味が気にならなくなる! おすすめの味付け&調理法

 

セロリの苦味を抑える調理のコツ3つ
① はっきりとした味付けにする
② 加熱調理する
③ 薄めに切る

 

■はっきりとした味付けにする

shun_2003_02_01

(左上から時計回りに)トマト、お酢、カレー粉、バター

 

セロリ独特の風味が気になるときにおすすめの食材がこちら。はっきりとした味付けにすることでセロリの苦味と中和されます。

 

<おすすめ食材>

・酸味のあるもの…トマト、お酢、マヨネーズなど

・パンチの効いた調味料…スパイス、唐辛子など

・油分があって香りの強い乳製品…バター、チーズなど

 

■加熱調理する

shun_2003_02_02

セロリは加熱すると苦味やえぐみが飛んで緩和されるため、炒め物やスープに入れるのがおすすめです。ゆっくりと煮込むことでしっかり火が通り、甘さが引き立ちますよ。

 

■薄めに切る

shun_2003_02_03

味付けや加熱方法で苦味やえぐみをかなり緩和できるセロリですが、それでも心配な場合や、火を通さずに食べるときは薄切りにすると安心です。

 

また、セロリは葉の部分ほど風味が強いため、苦手な人は下のほうの白くて柔らかい部分からチャレンジしてみてください。

 

セロリ嫌いさんも苦手克服! セロリをおいしく食べるレシピ3選

 

shun_2003_02_04

ここからは上記の調理ポイントを活用しながら、セロリが苦手な人もおいしく食べられる「克服レシピ」を3つご紹介します!

 

■和えるだけで簡単!「薄切りセロリと鶏ささみの甘酢サラダ」

shun_2003_02_05

薄切りにしたセロリをしっかりと甘酢でマリネすることで、驚くほど苦味が気にならなくなります。甘酸っぱい風味とセロリの香りがさっぱりと爽やかな、お箸が進むサラダです。

 

【材料(2人分)】

・セロリ…1/3本

・鶏ささみ…2本

 

<調味料A>

・酢(白ワインビネガーがおすすめです)…大さじ1

・オリーブオイル…大さじ2

・塩…小さじ1/4

・はちみつ…小さじ1/2

 

【下準備】

鶏ささみは水から弱火で茹で、沸騰直前に火を止めて蓋をし、そのまま10分ほど置いておく。

※茹でる手間を省きたいときは、市販のサラダチキンを使用してもOKです!

 

【作り方】

shun_2003_02_06

1.ボウルに<調味料A>をすべて入れて、白っぽくなるまでよく混ぜる。

 

shun_2003_02_07

2.2mmの斜め薄切りにしたセロリを[1]のボウルに入れて軽く和え、10分ほど置いて味をなじませる。

 

shun_2003_02_08

3.ほぐした鶏ささみを入れ、よく混ぜ合わせたら完成! お好みでピンクペッパーやリーフレタスを添えてください。

 

■シャキッと食感を活かす! 「セロリとえびのガーリックソテー」

shun_2003_02_09

にんにくとバターでさっと炒めるだけの簡単メニュー。バターの風味がセロリのえぐみを飛ばしてくれます。えびのプリッと食感と、ほどよく残ったセロリの歯ごたえのバランスがよく、飽きずにどんどん食べられるメニューです。

 

【材料(2人分)】

・セロリ…1/2本

・むきえび(冷凍えびの場合は先に茹でておく)…8尾

・にんにく…1片

・オリーブオイル…大さじ1

・バター…10g

・塩…小さじ1/3

 

【作り方】

shun_2003_02_10

1.セロリは5mmの輪切りにし、にんにくはスライスしておく。

 

shun_2003_02_11

2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて香りが立つまで弱火でじっくり温めてから、セロリを加えて中火で3分炒める。

 

shun_2003_02_12

3.えびとバターを加えてよく混ぜ、最後に塩で味を整えたら完成! お好みであらびきコショウを振って召し上がれ。

 

■野菜たっぷりで彩り豊か!「コク旨セロリキーマカレー」

shun_2003_02_13

ルウを使わず、炒めるだけの簡単キーマカレーです。カレー粉とオイスターソースのパンチのある風味とヨーグルトのまろやかな味わいで、セロリのクセが気にならなくなります。パプリカの色と食感がアクセントになって、彩りも鮮やかです。

 

【材料(2人分)】

・セロリ…1/2本

・豚ひき肉…200g

・パプリカ(赤・黄)…各1/8個

・サラダ油…小さじ1

・塩…小さじ1/3

<調味料A>

・カレー粉…大さじ2

・オイスターソース…大さじ1

・すりおろしにんにく…小さじ1

・ヨーグルト…大さじ1

 

・塩コショウ…少々(仕上げ用)

 

【下準備】

セロリとパプリカは5mm角に切っておく。

 

【作り方】

shun_2003_02_14

1.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚ひき肉を加えて色が変わるまで中火で炒める。

 

shun_2003_02_15

2.セロリとパプリカを入れて全体を混ぜたら、塩を振って再度軽く混ぜる。弱火にして蓋をし、野菜から水分が出るまで3分ほど蒸す。

 

shun_2003_02_16

3.<調味料A>をすべて加えて炒め、塩コショウで味を整えたら完成! お好みでクミンやガラムマサラ等、お好きなスパイスを合わせるとより本格的な味わいを楽しめますよ。

 

***

 

みずみずしい食感が魅力のセロリ。調理のコツをマスターすれば、苦味を抑えておいしさを引き出すことができますよ。これまでセロリが苦手だった人も、好きになってしまうかも? ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。2019年11月に初の書籍『数カ月先まで予約でいっぱい-訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』を発売。