Watercolor painted illustration of vegetables. Fresh colorful carrot レタス

シャキッと食感に仕上がる! レタスの水切りテクと簡単サラダレシピ

shun_2007_01_main

シャキシャキ&みずみずしい食感が魅力の「レタス」。サラダの具材の定番です。

今回は、そんなレタスをもっとおいしく味わうコツと、ささっと作れる簡単サラダのレシピをご紹介します。

 

上手に水切りする方法やおすすめのサラダスピナー、そしてシャキッとさせるポイントをお伝えするので、ぜひレタスのおいしさを存分に味わってみてください!

 

シャキシャキ食感が命! レタスの上手な水切り方法

 

レタスをシャキッとおいしく味わうには、しっかりと水切りすることが大切です。ここからは、簡単に水切りをする方法とコツをいくつかご紹介します。

 

ザルを使う

shun_2007_01_01

まずはオーソドックスで簡単なこちらの方法。ちぎって洗ったレタスをザルに入れたら、振るようにして水を切りましょう。水を切ったあとザルを斜めに傾けるようにすると、効率よく水滴を落とすことができます。

 

キッチンペーパーを使う

shun_2007_01_02

もうひとつは、キッチンペーパーを使う方法。ちぎったレタスをペーパーで優しく包むようにして水気を取ります。きちんと水気を拭きとれるようキッチンペーパーは2枚以上、葉の分量に合わせて使うのがおすすめです。

 

〈おすすめ!〉サラダスピナーを使う

shun_2007_01_03

簡単&確実なのが、サラダスピナーを使う方法です。ハンドルをくるくると回すだけでしっかりと水切りできます。

 

手軽に購入できておすすめなのが、「3COINS」のサラダスピナー。ハンドルがスムーズに回って使いやすく、シンプルな構造なのでお手入れも楽ちんです。凹凸の少ないすっきりとしたデザインで、しまう時邪魔になりにくいのもうれしいポイント。お値段もリーズナブルなので、試してみる価値ありです!

 

シャキッと感をさらに引き出す方法は? しなびたレタスの救済にも

 

ここからは、レタスのシャキッと感をさらに引き出すコツをご紹介します。

購入後少し日が経ってしなってしまったレタスを復活させたい時にも活用できるので、覚えておいて損はありません!

 

すぐ食べたいとき…氷水にひたす

shun_2007_01_04すぐに食べたい時におすすめなのが、氷水にひたす方法。ちぎったレタスを氷水に数分ひたすとシャキッとします。しっかりと水を切ってお召し上がりください。

 

時間があるとき…ちぎって冷蔵庫へ

shun_2007_01_05

食べるまで時間があるときにおすすめなのが、こちらの方法がおすすめ。レタスをちぎって洗い、ザルで水気を切ったらボウルで受けて、ラップをして冷蔵庫へ。数時間〜半日ほど冷蔵しておくとシャキッとします。しばらく置くうちに水気も切れて◎。

 

朝食や昼食のレタスをよりおいしく味わいたい時は、前の日の夜のうちに冷蔵庫に入れておけばおいしくいただけます。

 

あなたはさっぱり派? こってり派?ちぎって和えるだけの簡単サラダレシピ

 

シャキッと食感に仕上げる方法がわかったら、実際にサラダに活用してみましょう!

簡単でおいしいレタスサラダのレシピを「さっぱり」と「こってり」の2パターンでご紹介。材料を切って和えるだけでできる時短レシピをピックアップしました。

 

【さっぱり】簡単レタスだけサラダ

shun_2007_01_06

【材料(2人分)】

・レタス…5枚(約150g)

<調味料 A>

・オリーブ油…小さじ2

・レモン汁…小さじ2

・塩…小さじ1/3

・黒コショウ…お好みで

 

 

【作り方】

shun_2007_01_07

レタスはちぎって水気を切っておきます。ボウル<調味料 A>を入れて混ぜ合わせ、レタスも加えて一緒に和えたら完成!

 

【こってり】レタスと卵のこってりサラダ

shun_2007_01_08

【材料(2人分)】

・レタス…5枚(約150g)

・卵…1個(熱湯で12分茹でてゆで卵にしておく)

・厚切りベーコン…50g(食べやすい大きさに切り弱火で焼いておく)

<調味料 A>

・マヨネーズ…大さじ1

・ 粒マスタード…小さじ1

・しょう油…小さじ1

・塩…少々

 

【作り方】

shun_2007_01_09

レタスはちぎって水気を切っておきます。ボウルに<調味料 A>とゆで卵を入れて、フォークで卵を潰しながら混ぜ、焼いたベーコンとレタスを加えて和えたら完成!

 

***

 

サラダの具材として定番の「レタス」。今回ご紹介した水切り&シャキッと感を引き出すコツをマスターして、いつものサラダをもっとおいしく味わってみてくださいね。

 

 

【教えてくれた人】

若子みな美さん

img_prof

[PROFILE]

管理栄養士・減塩料理家。

病院や学校で管理栄養士として従事する中で減塩の重要性を感じ、幅広い人に向けて減塩を勧めるため独立。「食をより簡単に、そして世界を健康に」をモットーとし、減塩レシピ開発やコラム執筆・監修、セミナー運営等、幅広く活動中。

また、大学院にて公衆衛生を専攻し、減塩社会の実現に向けて研究している。

https://orangekitchen.info/

(文/笹沼杏佳、写真/若子みな美)