satsumaimo さつまいも

もちもち「さつまいものご飯」の作り方とおしゃれな洋風アレンジレシピ

shun_2009_02_main

秋の味覚を代表する食材の「さつまいも」。ほくほく食感が魅力でご飯との相性もよく、「さつまいもご飯」としてもおいしく味わえます。
今回は、旬のさつまいもをおいしく簡単に味わえるさつまいもご飯の作り方と、飽きずに食べられるアレンジレシピをご紹介します!

 

もっちりホクホク! 「さつまいもご飯」の作り方

もっちりホクホク! 「さつまいもご飯」の作り方

「さつまいもご飯」のレシピ

材料(4人分)

さつまいも…小1本
切り餅…1つ
お米…2合
昆布…5cm角1枚
みりん…大さじ1
酒…大さじ1
塩…ひとつまみ
ごましお…お好みで

☆切り餅を入れることで、もちもちのおこわ風食感を楽しめます!

作り方

1

さつまいもと切り餅は1cmほどの角切りにする。

2

研いだお米と調味料を炊飯器に入れ、2合の目盛りの線の下まで水を入れる。さつまいもと切り餅、昆布を乗せて炊飯する。

POINT

炊きあがりがべちゃっとならないように、水は気持ち少なめ(目盛りの線にギリギリかかるくらいのところが目安)にします。

3

炊きあがったら昆布を取り出し、さっくりとお米をほぐして完成! お好みでごましおをかけて召し上がれ。

POINT

熱いうちに手早く混ぜることでお餅が全体に行き渡り、もっちり食感に仕上がります。

 

shun_2009_02_8

具材を切って炊飯器で炊くだけで、もっちりホクホクのさつまいもご飯のできあがりです。
全体を混ぜた時に溶けた切り餅がお米の粒をコーティングされ、まるでもち米で炊いたようなもちもち食感を楽しめます。

 

ごましおをかけることでさつまいものやさしい甘さが引き立ち、さらに風味豊かに味わうことができますよ。

 

お次は、できあがったさつまいもご飯のおすすめアレンジレシピをご紹介します。たくさん炊いて残ってしまってもご安心を! アレンジも上手に活用して最後までおいしく活用しましょう♪

 

「さつまいもご飯」を洋風アレンジ! 簡単ドリアの作り方

「さつまいもご飯」を洋風アレンジ! 簡単ドリアの作り方

「さつまいもご飯の洋風ドリア」のレシピ

材料(2人分)

さつまいもご飯…2膳分
ホワイトソース(市販のものでOK)…大さじ4
ピザチーズ…50g

作り方

1

ココット皿にさつまいもご飯を入れて平らにならし、ホワイトソースをかける。こんもりとピザチーズをのせて、オーブンorトースターで焼いたら完成!

 

焼き時間の目安…[オーブン]220℃で15分 [トースター]1000Wで10分

 

 

さつまいもご飯にホワイトソースとチーズをのせて焼くだけで、ドリアに早変わり。

クリーミーなホワイトソースとこってりとしたチーズの味わい、そしてさつまいものほのかな甘味とほくほく食感のバランスが◎。ぜひ、熱々をフーフーしながら召し上がれ!

 

 

「さつまいもご飯」と一緒に楽しみたい、フリーズドライのおみそ汁

shun_2009_02_08

秋の味覚をシンプルに楽しめるさつまいもご飯に具だくさんのおみそ汁を合わせれば、旬の味わいをさらにおいしく堪能できます。

 

アマノフーズ「いつものおみそ汁」シリーズからこの秋新登場した「たっぷり小松菜」「やわらか里いも」は、これからの季節に旬を迎える具材をたっぷりと使ったおみそ汁です。

 

shun_2009_02_09

今回は、さつまいもご飯と一緒に「たっぷり小松菜」のおみそ汁を味わってみました。小松菜のしゃきっとした歯ごたえと、おあげのじゅわっとした食感が、もっちりホクホクのさつまいもご飯と相性ぴったり。軽やかでほのかな甘味を感じる合わせみその味わいと、さつまいものほんのりとした甘さも調和します。

 

お湯を入れてまぜるだけなので、フリーズドライも活用しながら旬の味を存分に味わってみてくださいね。

 

 

***

 

 

旬の味わいをシンプルに楽しめる「さつまいもご飯」。やさしい味わいなのでアレンジもしやすく、おみそ汁やおかずと合わせてもおいしくいただけます。今回ご紹介したレシピを参考に、ぜひさつまいものホクホク食感とやさしい甘さを楽しんでください!

 

 

【information】

shun_2009_02_10

今回ご紹介した「いつものおみそ汁」シリーズは、全国のスーパーやアマノフーズアンテナショップで購入できます。他にもなすや長ねぎ、とうふなど全12種類のラインナップで人気の具材が勢ぞろい!

 

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)