shun_2012 にんじん

飽きずに大量消費! にんじんが主役のまるごと1本使い切りレシピ

shun_2012_03_main

様々な料理で活躍してくれる「にんじん」。日持ちする野菜だからこそつい油断して冷蔵庫に眠らせてしまい「早く使い切らなきゃ」と焦ってしまうこと、ありませんか?

 

そこで今回は、にんじん1本をあっという間に使い切る「にんじんが主役」のレシピを3品ご紹介します。どれも、にんじんの新たなおいしさを気づかせてくれるようなバラエティ豊かなラインナップ。ぜひお試しください!

クミン香る「エスニックにんじんラペ」

「エスニックにんじんラペ」のレシピ

にんじんサラダの定番でもある「キャロットラペ」。クミンシードやカレー粉で味付けすることでエスニックな味わいに仕上がり、パンチの効いた風味を楽しむことができます! しっかりとにんじんの水気を絞るのがおいしく作るポイントです。冷蔵庫で1週間ほど保存できるので、多めに作っておけば常備菜としても活躍してくれます。

材料(2人分)

・にんじん 1本

・塩(塩もみ用) 小さじ1/2

<調味料 A>

・クミンシード 小さじ1

・ 塩 小さじ1/2

・ レモン汁 小さじ2

・ カレー粉 小さじ1/4

・ オリーブオイル 大さじ4

作り方

1

にんじんは細い千切りにして塩もみし、10分ほど置く。

2

1のにんじんを、ボウルに強く押し付けるようにしてしっかりと水気を絞る。

3

水気を絞ったにんじんに<調味料A>をすべて加えて和えたら完成!

にんじんが苦手な方にもおすすめ! 「すりおろしにんじんソースのパスタ」

「すりおろしにんじんソースのパスタ」のレシピ

すりおろしにんじんをたっぷりと使ったソースのパスタ。さっぱりとした味わいながらにんにくの風味も感じられて、食欲が刺激されます。オイルとにんにくと合わせることで、生のにんじん独特の風味がマイルドになるので、にんじんが苦手な方やお子さんにもおすすめ! できたソースはドレッシングとしても活用できます。

材料(2人分)

・スパゲッティ 2食分(200g)

・粉チーズ、パセリ お好みで

 

にんじんソース

・にんじん 1本

<調味料 A>

・すりおろしにんにく(チューブでもOK) 小さじ2

・塩 小さじ2/3

・ オリーブオイル 大さじ4

・ サラダ油 大さじ4

作り方

1

スパゲッティは、鍋いっぱいのお湯で記載より1分短く茹で、ザルに上げておく。茹で汁は取っておく。

2

にんじんを皮ごとすりおろす

3

1に<調味料 A>をすべて加えてよく混ぜる

4

フライパンを熱し、1のパスタと茹で汁大さじ2、[2]のにんじんソースを入れ、炒め合わせて完成!

お好みで粉チーズやパセリを散らしてお召し上がりください。

塩を振って焼くだけ! 「にんじんまるごと焼き」

「にんじんまるごと焼き」のレシピ

にんじんが持つ本来の甘さをシンプルに味わえる1品。時間をかけてじっくり火を通すため、やわらかくなって食べやすく、まるまる1本分ぺろりと食べられちゃいます。

材料(2人分)

・にんじん 1本

・塩 小さじ1/3

・オリーブオイル 小さじ1

 

作り方

1

にんじんは皮を剥かずによく洗って縦半分に切る。それぞれラップに包み、電子レンジで8分(500w)加熱する

2

加熱したにんじんに塩をふり、軽くすり込むようにして味をつける

 

3

フライパンにオリーブオイルを熱し、2を中火で両面にこんがりと焼き色をつける(電子レンジ加熱で中まで火は通っているので、表面に焼き色がつけばOK)お好みで岩塩やローズマリーを散らすのもおすすめです!

 

にんじん料理に合わせたい、おすすめフリーズドライ

 

shun_2012_03_13

今回ご紹介したレシピは、3品合わせて「にんじんフルコース」のように楽しむこともできます!

さらにもう一品、スープを加えるとさらに満足感もアップ。今回は、お湯を注ぐだけで簡単にできるフリーズドライのスープから、「Theうまみ 揚げなすの完熟トマトスープ」をチョイスしてみました。

 

shun_2012_03_14_

完熟トマトの酸味がにんじん料理のやさしい甘さにもマッチします。揚げなすのとろっとした食感も◎。濃厚な味わいながらさっぱりとしているので、寒い日の朝ごはんとしてもおすすめです。

 

***

 

にんじんが主役のお料理で、新たな魅力を発見できるかも? やさしい甘さや食感を存分に楽しんでくださいね♪

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)