aji アジ

「アジ」の三枚おろしの方法も! フライパンでできる「アジフライ」のレシピ

フライパンでできる「アジフライ」

サクサクの衣とふんわりしたお魚のハーモニーがたまらない「アジフライ」。おうちで作るのはちょっと面倒なイメージがあるかもしれませんが、フライパンを使って少なめの油で、簡単に作ることができるんです。

 

今回は、旬のアジを存分に楽しめる「アジフライ」のレシピをお届けします! アジを三枚おろしする方法もレクチャーするので、ぜひ挑戦してみてください♪

 

アジのさばき方を解説! 三枚おろしの手順とコツ

shun_2103_01_01

 

自分で魚をさばくのはハードルが高そう……と思う人もいるかもしれませんが、コツをつかめば自宅でも簡単に三枚おろしにできますよ。

 

ぜひ新鮮なアジをまるごと買って、フレッシュなおいしさを味わってみてくださいね。

ここからは、三枚おろしの手順をご紹介していきます!

 

【アジの三枚おろしの方法】

shun_2103_01_02

1.包丁の先でなでるようにして、ウロコを取り除く。

 

shun_2103_01_03

shun_2103_01_04

2.アジの尾の近くにある「ゼイゴ」と呼ばれる硬いウロコを、尾の付け根から包丁を入れて削ぎ落とす。裏返し、反対側も同じように取り除く。

 

shun_2103_01_05

3.左手で胸びれを立てておさえながら、包丁を斜めに入れる。刃が中骨にあたったら、アジを裏返す。

 

shun_2103_01_06

4.反対側から頭に沿って斜めに包丁を入れて、頭を切り落とす。

 

shun_2103_01_07

5.腹の半分ほどまで切り込みを入れて内臓(はらわた)をかき出し、表面と腹の中を水でよく洗う。

 

shun_2103_01_08 shun_2103_01_09

6.尾の付け根から腹側に包丁を入れ、刃先を中骨に沿わせながら切る。

 

shun_2103_01_10

7.反対側にして、背側にも包丁を入れ、同じように刃先を中骨に沿わせながら切る。

shun_2103_01_11_

8.尾の付け根に包丁を入れて、つながっているところを切り離す。

shun_2103_01_12

9.[8]で切り離した尾の部分に包丁を入れ直して、頭側に向かって削いで中骨から身をはがす。

 

shun_2103_01_13

10.中骨がついたもう片面も、身を切り離していく。残った身を裏返し、今度は背側に包丁を入れ、刃先を中骨に沿わせながら切る。

 

shun_2103_01_14 shun_2103_01_15

11.反対側から腹側も同じように切り、一度包丁を抜き取る。

 

shun_2103_01_1612.身についている腹骨を削ぎ落とすようにして取り除く。

 

shun_2103_01_17

三枚おろしの完成!

 

アジの三枚おろしは、「腹・背・背・腹」の順に包丁を入れることを覚えておくと◎。慣れればきれいにさばけるようになっていくので、ぜひ今シーズンは三枚おろしをマスターしてみてくださいね。

 

フライパンで簡単!アジフライのレシピ

フライパンで簡単!アジフライのレシピ

「アジフライ」のレシピ

ここからは、アジフライのレシピをご紹介します。サクサク&ふんわりジューシーに仕上げるコツも必見です!

材料(2人分)

・アジ 2尾

 

<調味料A>

・ 小麦粉 大さじ3

・水 大さじ2

・ 卵 1個

 

・パン粉 適量

・揚げ油 フライパンに深さ1cmほど

 

作り方

1

アジは三枚におろし、よく水気を拭く。

※スーパーで三枚におろされたものを買ってきてもOK!

2

<調味料 A>の材料を混ぜ合わせてバッター液を作る。

3

アジにバッター液をまとわせる。

4

[3]にパン粉をたっぷりとつける。

POINT

たっぷりのパン粉の上にアジをのせてぐっと押さえるようにするとしっかり衣がつき、サクッと揚がります!

5

フライパンに油(深さ1cmほど)を入れて170℃に熱し、[4]のアジを入れる。

6

1分半ほどでひっくり返し、裏面も1分半揚げたら完成!

POINT

ふっくらジューシーに仕上げるコツは、揚げすぎないこと。色が少し薄く感じても、揚げ時間は両面1分半ずつでOK。油から取り出したあとも余熱で火が入るので、食卓に出すころには程よいきつね色になります!

 

アジフライに合わせたい、具だくさんおみそ汁

shun_2103_01_26

完成したアジフライにごはんとおみそ汁を合わせて、アジフライ定食のできあがり♪

 

shun_2103_01_27

フリーズドライのおみそ汁を活用すれば、手軽に旬の食卓を楽しめます。今回は、アマノフーズ 「金のだし とうふ」を合わせてみました。

 

かつおだしの豊かな風味が口の中に広がり、アジの風味とマッチ。だしが染みたおとうふのなめらかな舌触りとフライのサクサク食感のコントラストが楽しめます。

 

***

 

今が旬の「アジ」。ぜひ、三枚おろしをマスターして、おうちでふっくらジューシーな「アジフライ」を味わってみてはいかがでしょうか?

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)