shun__2104 トマト

湯剥きの方法も! 食卓を彩る「丸ごとトマトサラダ」のレシピ

丸ごとトマトのサラダ

トマトを冷水に浸けるさっぱりとした酸味とほんのり感じる甘み、そして鮮やかな赤が目を引く「トマト」。今回は、そんなトマトの味わいを存分に楽しめる「丸ごとトマトサラダ」のレシピを2つご紹介します。どちらも1玉をそのまま使った見た目も華やかなレシピです♪ 湯剥きの方法もお伝えするので、ぜひ試してみてください。

 

トマトの皮を剥くメリットと簡単にできる湯剥きの方法

 

煮込み料理やトマトソースに使う際に、皮を剥いてから使用することがあります。トマトを「湯剥き」をするメリットとつるんと簡単に皮を剥く方法を紹介します。

 

■湯剥きをする2つのメリット

 

1. 食感がよくなる

皮を剥いて調理するとなめらかな食感になります。煮込み料理やソースなどにする際、皮が口の中に残る感覚が気になる場合は皮を剥いて使うのがおすすめです。

ただし湯剥きすると煮崩れしやすくなるため、トマトの形を残したい場合は煮込みすぎないようにしましょう。

 

2. 味が馴染みやすくなる

皮を剥くことで味が馴染みやすくなり、オイルやお塩、ドレッシングなどをサッと和えるだけでサラダとしてもおいしく味わうことができます。

 

■つるんと簡単に剝ける! トマトの湯剥きの方法

 

1.切り込みを入れる

トマトの中央に切り込みを入れる

トマトの中央(お尻部分のみ)に、浅く十字の切り込みを入れる。

 

2.熱湯に入れる

トマトを熱湯に入れる

小さめの鍋に湯を沸騰させ、[1]のトマトを入れる。10〜20秒ほどつけて皮がめくれてきたら鍋から取り出す。

 

3.冷水につける

shun_2104_03_03

取り出したトマトを冷水につける。

※夏場は氷水がおすすめです。

 

4.皮を剥く

トマトの皮を剥く

切り込みを入れた部分から皮を剥き取って完成!

 

ここからは、トマトを丸ごと使ったサラダのレシピを2品ご紹介します。どちらも簡単で見た目も華やかに仕上がるので、ぜひお試しください♪

 

湯剥きして盛り付けるだけ♪ 「丸ごとトマトのカプレーゼ」

湯剥きして盛り付けるだけ♪ 「丸ごとトマトのカプレーゼ」

「丸ごとトマトのカプレーゼ」のレシピ

湯剥きしたトマトを使った超簡単レシピです。皮を剥くことでシンプルな味付けでも味がよく馴染み、さっぱりとおいしく味わうことができます。

材料(2人分)

・トマト(ミディトマトがおすすめ) 3個

・モッツァレラチーズ 100g

・バジル お好みで

・塩 ひとつまみ(小さじ1/6)

・オリーブ油 大さじ1

作り方

1

トマトを湯剥きする。

2

湯剥きしたトマト、ちぎったモッツァレラチーズ、バジルをお皿に並べる。

3

トマトに塩を振り、オリーブオイルを垂らしたら完成。

お好みでブラックペッパーを振っても◎。

おもてなし料理にも!丸ごとトマトの「カップ入りコブサラダ」

おもてなし料理にも!丸ごとトマトの「カップ入りコブサラダ」

「丸ごとトマトのカップ入りコブサラダ」のレシピ

お次は、トマトをくり抜いてカップにしていただく「コブサラダ」。シンプルな調味料で作るドレッシングがポイントです! コクのあるマヨネーズベースのドレッシングとトマトのさっぱり風味のバランスもばっちり。きゅうり、アボカド、海老と合わせることで、食感のバリエーションも楽しむことができます。

材料(2人分)

・トマト 2個

・アボカド 1/2個

・ボイル海老 4尾

・きゅうり 1/2本

<調味料A>

・ケチャップ 大さじ1/2

・マヨネーズ 大さじ1

・はちみつ 小さじ1

作り方

1

トマトはお尻の部分を少し切り落として平らにする。

こうすることでお皿にトマトを乗せた時に安定します。

2

ヘタの部分をカットする。

3

スプーンで中をくり抜く。くり抜いて取り出した中身は5mm角に切っておく。

 

4

アボカド、きゅうり、海老もすべて5mm角に切り、[3]のトマトの中身と一緒に<調味料A>と和える。

5

トマトカップに盛り付けたら完成!

 

 

***

 

そのまま食べてもおいしい「トマト」ですが、ちょっとひと手間加えることで違ったおいしさを発見することができます。ぜひ様々な調理法でトマトの味わいを楽しんでみてくださいね。

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

飯泉友紀さん

[PROFILE]

訪問調理師。オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)