shun_2107_ 豚肉

今話題の「プルドポーク」って何? 清澄白河『PITMANS』に聞いた、おいしさの秘訣

PITMANSのプルドポークバーガー

アメリカ生まれのバーベキュー料理、「プルドポーク」をご存知ですか?

 

最近は日本でも話題のトレンドフードとして、テレビやメディアで頻繁に紹介されるようになりました。実際に本格的なプルドポークを気軽に楽しめる店も増えています。

 

そこで今回は、話題のプルドポークをはじめ、さまざまなグリル料理を提供するバーベキューレストラン『PITMANS(ピットマンズ)』に潜入! プルドポークの魅力やその作り方、おいしさの秘訣をお聞きしてきました。

 

そもそも、『プルドポーク』ってどんな料理?

プルドポーク

プルドポークとは、スパイスや調味料に漬け込んだ豚の塊肉を、低温でじっくり調理するバーベキュースタイルの料理のこと。

 

時間をかけて焼き上げる豚肉は、フォークなどで軽く裂くだけでホロホロほぐれるほどやわらかな仕上がり! 焼いている間に余分な脂が落ちるため、豚肉の旨みがギュッと凝縮。しっかりした旨みがありつつも、意外にさっぱりと食べられるんです。

 

もとは17世紀頃に生まれたアメリカ南部の郷土料理で、現在はアメリカ全土で愛されるバーベキューの定番メニューなのだとか。お店や家庭ごとに使うスパイスや量も異なるため、個性が出るプルドポーク。そのまま食べるだけでなく、ハンバーガーやサンドイッチの具にもおすすめだそう。

 

プルドポークバーガーが大人気!清澄白河『PITMANS』に行ってみた

PITMANS内観

この日伺った『PITMANS』は、東京の清澄白河・隅田川沿いのシェアホテル「LYURO(リュウロ)」2階に位置するバーベキューレストラン。

 

店内は広々と開放的な雰囲気で、大きなガラス窓からは清洲橋が一望できるのが魅力的。

shun_2107_03_03

店に隣接するウッドデッキのテラス“かわてらす”での食事利用もOK。モーニングからディナーまでオールデイでの営業なので、朝日や夕日を眺めながらゆったり過ごすことができるんです。

グリルでBBQを焼く

さらに、店の奥にあるオープンキッチンの中央には、レンガ仕立ての大きなグリルが。豪快に焼かれる肉の匂いが食欲をそそります……!

shun_2107_03_05

左上から時計回りに大人気の「帆立と芽キャベツのアヒージョ」¥1,100「テキサスプルドポークバーガーランチ」¥1,400(フライドポテト、サラダ付き。プルドポークバーガー単品は¥880)「BBQプレート」¥2,500(すべて税込み)。

 

店名『PITMANS』は、“バーベキュー料理の達人”という意味。その名の通り、グリルで焼き上げる香ばしい料理を中心に、昼夜問わず多彩なラインナップが揃います。

 

また、クラフトビールも8タップあり!樽替わりの限定ビールも味わえます。

PITMANS田野さん

今回はスタッフの田野 太貴(たの ひろき)さんに、店で大人気のプルドポークバーガーをはじめ、料理の魅力やこだわりについてお聞きしました!

 

PITMANSの「プルドポーク」、製法やおいしさの秘訣は?

プルドポークバーガー

「テキサスプルドポークバーガーランチ」¥1,400(フライドポテト、サラダ付き。プルドポークバーガー単品は¥880)

 

PITMANSで大人気の「プルドポークバーガー」。単品での注文ほか、ランチセットではポテトフライやサラダも付いて食べ応えバッチリです!

 

――店ごとに個性が出るプルドポーク。『PITMANS』ではどのように作られているのでしょうか?

PITMANS田野さん

田野さん:

豚肉は豚肩ロースの塊肉を使っています。味付けは、パプリカパウダー、カイエンペッパー、塩、こしょうを揉みこみ、赤ワインビネガーに漬けて丸一日寝かせます。そして翌日、120℃に設定したスチームオーブンで2時間、さらに122℃で1時間。合計3時間かけて焼き上げるんです。

 

一度に仕込む豚肉の量は合計3㎏! お客さんが増える休日は仕込みの回数もグッと増えるのだとか。時間も手間もかかっていますね……!

 

プルドポークバーガーとスープ

店で大人気のプルドポークバーガーは、レタスとトマトの上に80gものプルドポークを

オン! かなりのボリュームですが、女性でもペロリと残さず食べる方がほとんどだそう。

『PITMANS』のプルドポークはお肉の旨みを活かしたジューシーな味わい。スパイス感がありつつ辛すぎないので、老若男女問わず楽しめるようなやさしいおいしさです。

 

――また、プルドポークの変わり種メニューもあるとお聞きしました!

PITMANS田野さん

田野さん:

「自家製ポテトサラダの上にプルドポークをのせて提供する『プルドポークポテサラ』ですね。お客様で軽く混ぜ合わせてお召し上がりいただくメニューです。豚肉の旨みがポテトサラダに染み込んで、後を引くおいしさですよ」

 

ちなみに田野さんは休憩時のまかないとして、野菜サラダにプルドポークをのせて食べることもあるそう。プルドポークの濃厚さでドレッシング要らずとか。こちらの食べ方もシンプルでおいしそうですよね!

 

「プルドポークバーガー」に合わせたいフリーズドライ

 

『PITMANS』では、数種類のメニューがテイクアウト可能。

「プルドポークバーガーには合わせるならどんなスープ?」と田野さんにお聞きしたところ、選ばれたのはこちら!

shun_2107_03_10

トロッとやわらかい揚げなすと、完熟トマトの旨みがたっぷり楽しめる「Theうまみ 揚げなすの完熟トマトスープ」。プルドポークバーガーとトマトは相性抜群! ジューシーな揚げなすとトマトのほど良い酸味で、満足なランチになること間違いなしです。

 

豚肉の旨みがギュッと詰まったプルドポーク。そのジューシーなおいしさを、本格的なグリル料理が楽しめる『PITMANS』でぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 

【店舗情報】

PITMANS内観

PITMANS

・住所:東京都江東区清澄1-1-7 LYURO 東京清澄 by THE SHARE HOTELS 2F

・電話番号:03-5875-8953

・営業時間

Morning 7:00-10:00(L.O.9:30)

Lunch 11:30-15:00 (L.O.14:30)

Café 15:00-17:00

Dinner 17:00-22:00 (L.O. Food 21:00/Drink 21:30)

※政府からの指針によりディナータイム時間短縮営業となります。

・定休日:月に一度メンテナンスデーあり