里芋 里芋

「里芋」の保存は冷凍がおすすめ!保存方法&新鮮な「里芋」の選び方

保存袋に入れた里芋

秋の味覚の代表格「里芋」。ほくほく&ねっとりとした食感が魅力です。

今回は、新鮮な里芋の見分け方基本の保存方法をご紹介します。今が旬の里芋を、ぜひおいしく味わってくださいね。

 

土付きで、重みがあるものを! 新鮮な里芋の選び方

鮮度のいい里芋と悪い里芋

写真は、右が新鮮な里芋です。

おいしい里芋を見分ける際は、しっとりときれいな土がついていて、ずっしりと重みがあり密度が高そうなものを選ぶとよいでしょう。

 

おいしい里芋の見分け方

・表面がしっとりしていて、きれいな土がついている(乾燥してカサカサしていない)

・ずっしりと重みがある

 

鮮度のいい里芋

 

正しく保存で最長1ヶ月も!里芋の保存方法

 

里芋は湿気と乾燥寒すぎる場所が苦手なので、基本は常温保存でOK。

すぐに食べきれない場合や、ストック野菜としてより長持ちさせたい場合は冷凍保存がおすすめです。

 

●【そのまま】常温保存の場合

【そのまま】常温保存…保存期間の目安:2〜3週間

里芋は適切に保存すれば常温でも2〜3週間日持ちします。湿気や乾燥から防ぐためにも、新聞紙で包んで保存しましょう。

作り方

里芋を新聞で包む
1

新聞紙で里芋を包む(新聞紙がなければ紙袋やキッチンペーパーでもOK)

※新聞紙は余分な水分を吸い取ってくれる上に通気性もいいので、新聞紙を活用するのがおすすめです。

新聞紙で包む
2

風通しがよく直射日光の当たらない場所で、常温保存する

POINT

里芋は湿気と乾燥寒すぎる場所が苦手です。そのため風通しの良い場所で常温保存するのがベスト。カビを防ぐためにも、新聞紙が湿ってきたら取り替えるようにしましょう。

 

(初秋の暑さが残る時期に購入した場合は、冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめ)

●【そのまま】冷凍保存の場合

【そのまま】冷凍保存…保存期間の目安:1ヶ月

すぐに食べきれないほどたくさん入手した時は、冷凍保存がおすすめ!常温よりもさらに長持ちしますよ。

作り方

表面の土を落とし、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る
1

里芋を洗って表面の土を落とし、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る

ラップで包む
2

ひとつずつラップで包む

POINT

個別で包むことによって、霜がつくのを防ぐとともに、解凍時にそのまま電子レンジで加熱できるようになります。

保存袋に入れる
3

チャック付き保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫で保存する


<解凍方法>
ラップで包んだまま耐熱容器に並べて電子レンジで解凍しましょう。

 

電子レンジの加熱時間

・1個の場合(小さめの里芋の場合)…500wで1分半から2分

・3〜4個まとめて…500wで2分半から3分ほどが目安

※加熱後は竹串を刺してみて、まだ固ければ10秒ずつ追加で加熱してください。
※大きな里芋を解凍する時は、上下を返して1分半ずつ加熱すると均等に熱が入ります。

●【下ゆで】冷凍保存の場合

【下ゆで】冷凍保存…保存期間の目安:1ヶ月

皮を剥いて下茹でしてから冷凍保存すれば、すぐに使えて便利です。

作り方

皮をむく
1

里芋を洗って皮を剥く

 

>>里芋の下処理を詳しく知りたい方はこちら

【里芋の煮物のレシピ】下ごしらえの手順&煮崩れを防ぐポイントも!

 

里芋を茹でる
2

鍋に水と里芋を入れる。水から中火で茹でて、沸騰後1分ほどしたら火を止める

里芋を洗う
3

茹でた里芋を水で洗い、ぬめりを落とす

里芋を保存する
4

キッチンペーパーで水気をよく拭き取ってからチャック付き保存袋に入れ、冷凍庫で保存する(食べやすい大きさに切ってから保存袋に入れてもOK)


<解凍方法>
解凍後の食べ方によって解凍方法が異なります。

 

電子レンジの加熱時間

●解凍してそのままシンプルに食べる場合
耐熱皿に均等に並べてふんわりとラップをかけ、電子レンジで加熱する。

・1個の場合(小さめの里芋の場合)…500wで1分半から2分
・3〜4個まとめて…500wで2分半から3分ほどが目安
※固ければ10秒ずつ追加加熱してください

 

●料理に使う場合

凍ったまま煮物やおみそ汁に使ってOK。

 

***

 

正しい保存方法をマスターして、今が旬の里芋をおいしく味わってくださいね。

 

【教えてくれた人】

ごはんさん

ごはんさん プロフィール

[PROFILE]

訪問調理師/子ども料理研究家。累計1,500件以上のお宅を訪問し、各家庭の味に寄り添った簡単で身体に優しい料理を提案している。著書『数カ月先まで予約でいっぱい! 訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』『訪問調理師ごはんさんの野菜大好きレシピ』等。

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)