キャベツ キャベツ

お店のような仕上がりに!「キャベツの千切り」を上手に作るコツ。

キャベツの千切り

おうちで作るのは少し難しそうなイメージのある「キャベツのせん切り」。

お店のようにふんわりと仕上がらず、ぶつ切りになってしまった…という経験はありませんか?

 

実はコツさえおさえれば誰でも簡単に、特別な道具なしでふんわりとしたキャベツの千切りが作れます!

 

今回は、おいしいキャベツの選び方&キャベツの千切りのコツをお届けするので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

鮮度の良いキャベツの選び方

 

生のままシンプルに味わうことの多い、キャベツの千切り。

素材の味がおいしさへとダイレクトに影響するので、おいしいキャベツの千切りをつくるにキャベツの選び方も重要なポイントです。

鮮度のいいキャベツ

鮮度の良いキャベツ

鮮度の良いキャベツを見極めるには、キャベツの裏側をチェックしましょう。

 

鮮度の良いキャベツの特徴

・切り口が小さめで、カサカサしていないもの

・葉の軸がきれいな星型に伸びているもの

・外側の葉にハリがあって元気なもの

・ずっしりと重みがあり、密度の高そうなもの

 

また、半玉キャベツを購入するときの選び方のポイントは

鮮度のいい半玉キャベツ

・葉がぎゅっと詰まっているもの

・芯の長さが短めのもの

 

ちなみに、鮮度の落ちたキャベツの特徴は

 

・葉の間に隙間のあるもの

・芯が伸びてしまっているもの(キャベツの2/3以上に伸びているもの)

 

キャベツは収穫後も成長を続けるので、時間が経つと芯が伸びていき、そのぶん葉の栄養分が芯に奪われやすくなってしまいます。半玉キャベツを買うときは、葉と芯に注目しましょう!

 

キャベツの千切り よくある失敗例

千切りの成功例、失敗例

写真は、キャベツの千切りの失敗例(左)と成功例(右)。

 

キャベツのせん切り よくある失敗

・無理に丸ごと切ったことにより、太さがバラバラに

・葉の軸や芯も一緒に切ってしまうことにより、食感が不揃いに

・繊維が残ってしまい、ゴワゴワ食感に

 

上記の失敗例に、身に覚えがあるという人もご安心を。

ここからは、キャベツの千切りをふわふわに仕上げるコツをレクチャーします!

 

キャベツの千切りをふわふわに仕上げる方法

キャベツの千切り

●キャベツの千切りをふわふわに仕上げる3つのコツ

 

1.小分けにして切る

キャベツは丸ごと切らず、葉を小分けにして切ります。

・外側の大きな葉…1枚ずつ

・小さめの葉や半玉キャベツ…2〜3枚ずつ

で千切りにすると切りやすいです。

 

少量ずつ切れば、軽い力でサクサクと切れるので細さも均等に仕上がります。切ったキャベツが飛び散りにくく、キッチンが汚れないのもうれしいですよね。

 

2.軸は取り除く

葉の軸を切り取っておくことで、ふんわりと均等な食感に仕上がります。取り除いた軸はスープなど、じっくりと火を通す料理に活用すると◎。

 

3.葉の繊維を断ち切るように切る

キャベツを切る向きも、食感を左右する大切なポイントです。葉脈へ垂直に包丁を入れて、繊維を断ち切るように切りましょう。繊維が残るとゴワゴワとした食感になってしまいます。

 

ここからは、コツを踏まえて実際に千切りする手順をご紹介していきます。

 

キャベツの千切りの手順

「キャベツの千切り」の作り方

作り方

芯と軸を切り離す
葉を剥がす
1

葉の軸の根元に包丁を入れて、芯と葉の軸を切り離す。表面の葉をはがし、1枚ずつ洗う。

 

軸を切り落とす
2

はがした葉から軸を取り除く

真ん中からカットする
3

葉の中央に縦に包丁を入れて、半分に切る

葉脈を横向きにする
4

半分に切った葉の向きを変えて、葉脈が横向きになるように置く

さらに半分にカットする
5

葉脈を垂直に断ち切るように、さらに縦半分に切る。もう一方の葉も同様に切る

(1枚の大きな葉を4等分にする)

カットした葉を重ねる
重ねた葉をくるくると巻く
6

葉を重ねて、手前からくるくると巻く。ここでも葉脈が横向きになるように重ねて巻くことで、繊維を断つように切ることができるようになります

千切りにする
7

幅1mmほどの細さに切り、千切りにしていく。ここまでの手順を繰り返し、お好みの量になるまで切ったら完成!

 

ちなみに、カットし終えたキャベツの千切りは、湿らせたキッチンペーパーで包んで容器に入れて冷蔵保存すると、ふわふわ&シャキシャキ食感をキープできますよ。

保存期間の目安は2日ほど。なるべく早めに食べきるようにしましょう。

 

キャベツの千切り

ちょっとしたコツさえ押さえれば、誰でもふんわりとしたキャベツの千切りを作ることができます。今回ご紹介した方法をマスターして、甘みの強い旬のキャベツをぜひ楽しんでくださいね。

 

***

 

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)

  • 教えてくれた人

    ごはんさん

    訪問調理師/子ども料理研究家

    ごはんさんさん

    累計1,500件以上のお宅を訪問し、各家庭の味に寄り添った簡単で身体に優しい料理を提案している。著書『数カ月先まで予約でいっぱい! 訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』『訪問調理師ごはんさんの野菜大好きレシピ』等。