春キャベツ(新キャベツ) キャベツ

コールラビはキャベツの仲間! 気になる栄養・味・レシピは?

コールラビ

四方八方に伸びる細い腕、どっしりとした胴体。まるでエイリアンのような「コールラビ」。実はこの野菜、意外なことにキャベツの仲間なんです。今回は、この「コールラビ」の実態やおすすめの食べ方をご紹介します!

 

「コールラビ」とは?

一見ユニークな見た目をしているコールラビは、ドイツ語でコール(キャベツ)+ラビ(かぶ)という意味を持つ、キャベツの一種。地中海沿岸が原産国で、中国や台湾でも古くから食用として親しまれています。日本にも明治時代初期に伝わってきたそう。

 

コールラビはどんな味? 食感?

コールラビの写真

風味や食感はキャベツの芯のように、歯ごたえのあるシャキっとした食感。そして、見た目とは裏腹にみずみずしい歯ごたえ! 大根のような香りがしますが辛味はなく、ほんのりとした甘みが特徴的です。かぶのように生のままサラダにしても、炒め物やマリネにしてもおいしくいただけます。

 

食べることができるのは丸い球体部分。四方に伸びる葉はすべて切り落とし、球体部分の皮を厚めにむき、繊維が密集している球体の下部を切り落とせば下ごしらえは完了! 特別な下処理は必要ありません。

 

 

コールラビのおすすめレシピ(菜の花のパスタ)

コールラビと菜の花パスタ

さてこのコールラビ、一体どうやって食べればいいのでしょうか? 馴染みがあまりないからこそ、どんな食材と合わせればいいのか迷いますよね。

 

そこでおすすめしたいのが春の食材「菜の花」と合わせた春パスタ。コールラビの甘みと、菜の花のほろ苦さが絶妙にマッチし、いつもとひと味もふた味も違うパスタに仕上がります。

 

【材料】※1人分

・コールラビ…1/4個
・菜の花…2本
・パスタ…1束
・ベーコン…20g

・にんにく…1/2かけ
・オリーブオイル…大さじ1
・バター…小さじ1
・白ワイン…大さじ1
・塩・こしょう…少々

 

【作り方】

1.具材をカットする

コールラビ

コールラビは厚めに皮をむく

コールラビは厚めに皮をむき、繊維が固めな球体下部分は切り落とし、細切りにします。
コールラビは厚めに皮をむく様子

コールラビは厚めに皮をむく様子
菜の花は「花部分」が取れないように半分に切り、ベーコンは細切りに、にんにくはみじん切りにしましょう。

 

2.パスタを茹でる

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩大さじ1強(分量外)を入れ、パスタを茹でます。

 

3.具材を炒める

(写真左:菜の花/右上:ベーコン/右下:コールラビ)
(写真左:菜の花/右上:ベーコン/右下:コールラビ)
フライパンで熱するところ

 

フライパンでオリーブオイルを熱し、にんにく・ベーコンを加えたら弱火でじっくり炒めます。にんにくが香ってきたら、コールラビ→菜の花の順で加えましょう。蓋をして弱火で蒸し、炒めます。

 

4.具材の味を整える

コールラビと菜の花がやわらかくなり、表面に焼き色が付き始めたら、白ワインを加えて中火で炒めます。アルコールが飛んだら、バターを加えて火を止めます。塩こしょうで味を調えましょう

[POINT!]ワインを入れることで、具材がトロっとします。

 

5.具材にパスタを絡める

具材にパスタを絡める

【4】に茹で上がったパスタと茹で汁(おたま1杯分)を加え、フライパンの中で和えます。
パスタを皿に盛り付ける

お皿の上に盛りつけ、お好みで粉チーズやこしょうをふりかければ…
コールラビと菜の花パスタ

できあがり! ちなみに【4】でバターを加えた時に、生クリームを大さじ1程度を入れるとクリームパスタにもなりますよ。

 

 

コールラビは、クセがなく食べ方自在

エイリアンのようなコールラビ

今回はパスタの具材として活用しましたが、コールラビはクセがないので生のままサラダにしたり、ポトフやスープの具材にしてもおいしく召し上がれます。普通のスーパーではあまり置いていないからこそ、見かけたら超ラッキーかも。

 

へんてこだけど、一度見ると忘れられない愛嬌たっぷりのコールラビ。運よくGETできたら、ぜひ色んなレシピに挑戦してみてくださいね。

 

【教えてくれた人】
uchila
飯泉友紀さん
移動式フードドリンクユニット「Uchila(うちら)」(写真右)
各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。