main_750_450

松茸のイラスト まつたけ

松茸とエリンギの違い、気付ける?「なんちゃって松茸ご飯」で実験してみたら…

松茸ご飯を食べる様子

秋の味覚といえば、代表格として挙げられるのが「松茸(まつたけ)」ですよね。この時季しか食べられないこともあり希少価値が高い松茸ですが、その高級感や特別感からなんとなく「松茸=格別においしい」というイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ふと浮かんだ疑問。

 

「松茸が特別おいしい!というのはただの固定概念じゃないか?」

 

「みんな、本当に松茸の味わかってるの?」
「当たり前じゃん!」と胸を張ってあなたは言えますか…?

 

というわけで今回は、一般の人が松茸と他のきのこをどれだけ識別できるのか、こんな実験をしてみました!

 

 

松茸ご飯と言ってエリンギご飯を出しても、気付かれないのでは?

エリンギ

今回用意したのは、スーパーで200円前後で手に入るエリンギ。きのこ類の中でも松茸と見た目や食感が似ているこのエリンギで「なんちゃって松茸ご飯」を作ります。そして「本物の松茸ご飯」とともに松茸ご飯として4人の男女に食べ比べてもらい、「これは松茸じゃない! エリンギだ!」と何人が気付くか?という実験です。

 

 

「なんちゃって松茸ご飯」の作り方

松茸ご飯

まずは、エリンギを使った「なんちゃって松茸ご飯」の作り方をご紹介します。調理のポイントは、市販のまつたけ風味のお吸い物を加えること! お吸い物の素を入れることで、グッと松茸ご飯の風味に近づきます。ちなみにこのレシピはとても簡単に作れるので、料理が苦手な人でも安心です。

 

松茸ご飯とエリンギ

【調理時間】
50分

 

【材料】 (2人分)

・米…1合

・エリンギ…約1〜2本

・三つ葉…適量(お好みで)

 

[A]

・松茸のお吸い物の素…1袋

・薄口しょうゆ…大さじ1弱

・みりん…大さじ1/2

・酒…大さじ1/2

 

【作り方】

松茸風エリンギご飯の米

【1】お米を研ぎ30分間浸水させたあと、しっかりと水気を切る。

エリンギを切る画像

【2】松茸のサイズに合わせて、縦半分に切ったエリンギを2mm幅にスライスする。

米を炊く

【3】炊飯器にお米と[A]を入れ、1合目の分量まで水を注いで全体を混ぜる。

松茸風エリンギご飯

【4】エリンギを入れてスイッチオン。

ご飯をよそう

【5】お米が炊けたら、全体を軽く混ぜ合わせる。

松茸風エリンギご飯

【6】お好みで三つ葉を乗せると、より本格的な見た目に!

 

炊飯器のスイッチを押しておよそ40分後、「なんちゃって松茸ご飯」が完成! お吸い物の効果でまつたけの香りが広がり、見た目と香りはまつたけご飯そのものです。

 

 

***

 

本物と偽物の違いに気付けるか?

 

今回協力してもらった4人には、事前に本物の松茸ご飯を食べてもらい、そのあとに「別の産地の松茸ご飯」だとお伝えし、なんちゃって松茸ご飯を試食してもらいました。さて結果はいかに?

 

松茸ご飯

(上の写真は、事前に食べてもらった“本物”の松茸ご飯。作り方はコチラ

 

大川卓也

まず1人目。

 

食べていただくのはもちろん、エリンギで作った「なんちゃって松茸ご飯」です。

 

「うん、おいしい! 食べた後に松茸特有の香りがしてきますね。森林の香りといいますか…食感もふっくらしていて最高です!」(大川卓也さん)

 

全然バレません。それどころか「松茸特有の香りがする」と言い切るほど信じていて申し訳なくなるほど。どうやら、お吸い物の香りがいい感じに効いているようですね。森林の香り!

 

立花実咲

「だしが絶妙ですね。ちょうどいい味付けで何杯でも食べられそう! 秋を感じる味〜。こっちの松茸は、さっき食べたほう(=本物の松茸)に比べると薄切りだけど、弾力があってプリプリしてますね。みずみずしいです」(立花実咲さん)

 

「さっきのものに比べると…」という言葉に一瞬バレた!?と思いきや、セーフ。結局最後まで「おいしい」と大満足の様子で完食してくれました。むしろエリンギのプリッとした食感を絶賛。エリンギってすごいですね。

 

萩原由佳

「いい香りですね。なんか、お吸い物みたいな香り…?」

 

…! ズバリお吸い物の香りといい当てた荻原さん。これはさすがにバレたかと思いきや…

 

「しっかり松茸の味がして、コリコリした歯ごたえもいいですね。あ〜おいしい!」(荻原由佳さん)

 

一瞬、編集スタッフ一同ギクっとしましたが、やはり完全に松茸だと思い込んでいる様子。ここまで3人とも、自分が食べているものがエリンギだとは気付かず、さも本物の松茸を食べているかのようなコメント。さて、最後の4人目やいかに!

 

増田奈美

「さっき食べた松茸より、みずみずしいですね。松茸が細かく刻まれているので、きのこの食感が楽しめて嬉しいです。歯ごたえが良くて、ややサッパリした感じはするけど味自体は同じかな〜」(なみさん)

 

多少味の違いは感じたようですが、なみさんもやはりエリンギとまではわからなかった模様。

 

結果、
「誰もエリンギだと気付かない」

 

という驚きの結果に! 完全に「これは松茸だ」と信じ切って「おいしいおいしい」と満面の笑顔でエリンギを食べてくれた皆さん。そんな様子を見て若干の罪悪感を感じつつ、このような結論に至りました。

 

 

***

【結論】

エリンギご飯とまつたけご飯、違いはあまりない!?

国産の松茸
(こちらは本物のまつたけ)

 

検証の結果、これが「エリンギで作った松茸風味のご飯」だと全員が見抜けませんでした。

 

多少の味と食感の違いを感じ取った人は数名いれど、「本物の松茸じゃない」という疑念を持つまでには至りませんでした。松茸の一番の特徴が味ではなく“香り”であることが、バレなかった理由かもしれません。つまり、見た目や味だけでいうとエリンギと松茸に違いはあまりないということが判明。
「松茸ご飯を食べたいけれど、高価だし…」とお嘆きのあなた。手軽に手に入るエリンギをふんだんに使って、限りなく本物に近い「なんちゃって松茸ご飯」をぜひ一度お試しください!

 

 

【レシピを教えてくれた人】

フードスタイリスト徳丸綾夏プロフィール

徳丸綾夏さん
[PROFILE]
フードスタイリスト。ヴァイオリンと語学を学ぶため15歳で単身渡英。現在は料理教室の講師を務める傍ら、個展のオープニングパーティ、ホームパーティでのケータリング業も行っている。“ELLE à tableフードクリエイター部”に所属し、メディア向けのレシピ考案など幅広く活躍中。