たけこのイラスト たけのこ

【たけのこレシピ】キッシュやハンバーグにも♪ 洋風アイデアレシピをご紹介

たけのこのキッシュ

たけのこを使った料理といえば、煮物や炊き込みご飯など“家庭料理”のイメージが強いですよね。素朴な味わいの和食もいいけれど、それだけだとちょっとマンネリ感がありませんか?

 

レパートリー少なそう!とも思われがちなたけのこですが、実はアイデア次第でおもてなしとして振る舞えてしまうくらい素敵な調理法があるんです。

 

今回は、意外性とおいしさ、そして見栄えの良さまで兼ね備えた2つのレシピをご紹介します♪「こんな活用法があったなんて…!」と目からうろこの大変身ですよ~!

 

スキレットでフォトジェニック!たけのこのキッシュ

たけのこのキッシュ

たけのこのキッシュ

「ちょっと写真撮っていい?」とついつい言ってしまう料理の代表格、キッシュ。このレシピのポイントは「パイにたけのこを入れる」ところ。

たけのこ特有のシャキッとした食感で、キッシュがワンランク上の味わいに! スキレットを使えば、焼き上げた後そのまま卓上にサーブできるのでおもてなしにもぴったり。思わず誰かに見せたくなるようなフォトジェニックな料理です。

それでは、作り方をご紹介しましょう。

所要時間
22分
材料(2人分)

たけのこのキッシュの材料

 

・たけのこ(水煮)…1/2本
・ツナ缶…1缶
・菜の花…1/2束
・卵…2つ
・牛乳…100cc
・とろけるチーズ…30g

 

・パイシート…1枚
・粉チーズ…大さじ1
・塩…小さじ1
・油…小さじ1

作り方

たけのこは薄切り、菜の花はさっと湯がいて2cm幅に切りそろえる
1

たけのこは薄切り、菜の花はさっと湯がいて2cm幅に切りそろえる。

たけのことツナを炒める
2

油を熱したフライパンにたけのこ・ツナ缶を汁ごと入れ、たけのこに火が通るまで炒める。

菜の花を加え、しんなりしたら火を止めて粗熱を取る。
3

菜の花を加え、しんなりしたら火を止めて粗熱を取る。

ボウルでよく混ぜ合わせる
4

卵・牛乳・塩をボウルでよく混ぜ合わせたものに、【3】の具を加えて混ぜ合わせる。

スキレットにパイシートを伸ばしてフォークで穴を開けておく
5

スキレットにパイシートを伸ばしてフォークで穴を開けておく。

アルミホイルをかぶせて弱火で10分焼く
6

スキレットに【4】を流し入れる。とろけるチーズと粉チーズを振りかけ、アルミホイルをかぶせて直火にかけ弱火で10分焼く(※表面のチーズにとろみが出てきたら火を止める頃合い)。

 

その後、アルミホイルを取って、オーブントースターまたは魚焼きグリルに入れ弱火で2分焼き、焦げ目をつければできあがり。

たけのこのキッシュ

たけのこの形を活かした“技ありインパクト”ハンバーグ

たけのこのハンバーグ

たけのこのハンバーグ

たけのこの、とんがった形状をそのまま活かした変わり種ハンバーグ。テーブルに運ばれてきたら思わず「おっ!」と歓声が上がるようなビジュアルがポイントです。

老若男女誰もが好きな和風の味付け&甘酢あん。人気のハンバーグなので、食べ盛りのお子さんや男性に振る舞っても喜ばれること間違いなし!

所要時間
15分
材料(2人分)

たけのこのハンバーグの材料

 

・たけのこ(水煮)…1/2本
・ひき肉(合い挽き)…100g
・干ししいたけ…2枚
・にんじん…1/3本

・生姜(チューブ)…1.5cm
・にんにく(チューブ)…1cm
・塩…小さじ1/2
・醤油…小さじ1

・片栗粉…大さじ1
・こしょう…ひとつまみ

 

[甘酢あん]
・ポン酢…大さじ2
・干ししいたけの戻し汁…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・片栗粉…小さじ1

作り方

たけのこの袴の部分をスプーンでくり抜く
1

たけのこの内側の部分をスプーンでくり抜く。くり抜いた部分はみじん切りにする。

干ししいたけ・にんじんも、みじん切りにする
2

干ししいたけ・にんじんも、みじん切りにする。

たけのこのくり抜いた部分に具材を詰める
3

【2】とみじん切りにしたたけのこ、合い挽き肉、調味料(生姜・にんにく・塩・こしょう・醤油・片栗粉)をすべて混ぜ合わせ、たけのこのくり抜いた部分に詰める。

電子レンジで加熱する
4

【3】を耐熱皿に乗せてラップをかけ、電子レンジで加熱する(600Wで3分間が目安)。

甘酢あんをつくっている
5

最後に甘酢あんをつくります。ポン酢・干ししいたけの戻し汁・砂糖を入れた鍋をフライパンで加熱し、沸騰したら片栗粉を加え、とろみがついたら火を止める。

 

これを、レンジで加熱したハンバーグの上にかければできあがり!

たけのこのハンバーグ

 

見栄えとおいしさを兼ね備えたキッシュとハンバーグ。

 

どちらも、今が旬のたけのこ料理のイメージを覆すアイデアレシピです。実はたけのこって、和洋どちらにもマッチするマルチ食材!

 

たけのこのフォトジェニックさ、そしてシャキシャキとやみつきになる食感を活かした料理で、家族や恋人を驚かせてみては?

 

 

【教えてくれた人】

飯泉友紀プロフィール

ごはんさん

【PROFILE】

移動式フードドリンクユニット「Uchila(ウチラ)」のメンバー。各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。

Facebookページ

 

(スタイリング/荻原由佳)