SHIORIさん×クック井上。さん|【第1回】「料理の道で生きていく!」と決めたターニングポイントは?

SHIORIとクック井上。
  • SHIORI
    SHIORI
    1984年、埼玉県生まれ。料理家・フードコーディネーター。22歳のときに出版した『作ってあげたい彼ごはん(宝島社)』が女性の料理バイブルとして大ヒットし、続編も続々と刊行。レシピ本としては異例のシリーズ累計300万部を超えるベストセラーになる。現在は、「料理で女性をハッピーにする」をモットーに2014年に自らオープンさせたキッチンスタジオ「L'atelier de SHIORI」を活動拠点に料理教室の他、様々なワークショップなどを多数開催している。
  • クック井上。
    クック井上。
    1974年、兵庫県生まれ。フードコーディネーター、野菜ソムリエ、食育・BBQインストラクターと数々の食にまつわる資格をもつ、最強料理芸人。お笑いコンビ「ツインクル」のツッコミ担当。芸人として笑いを取り入れながらも、作る料理は本格的!というギャップを武器に料理講師をはじめ、商品開発、ラジオMC、雑誌やWEBの料理コラム連載など活動は多岐に渡る。毎週日曜日18時・ニッポン放送『渡部陽一「明日へ喝!」』のコーナー番組「クック井上。ココロ飯」にてレギュラー出演中。

アマノ食堂に訪れる、お客さんの“おいしいお話”をお届けする「今週のお客さん」。今回の対談テーマは、ホームパーティの増えるシーズンにぴったりな「おもてなし料理」について。

ゲストは、大ヒット本『作ってあげたい彼ごはん』の著者である料理家・SHIORIさんと、グルメな舌と芸人ならではのユニークなアイディアから、食べる人を笑顔にする料理芸人・クック井上。さん。お2人が料理を始めるきっかけになった原点と、おもてなしの極意を教えて頂きました!注目の料理家対談、全3回でお届けします。

 

ーまず、お2人が料理を始めたきっかけと、現在に至るまでの経緯を教えてください。

SHIORIとクック井上。

SHIORI幼いときから料理が好きで、高校時代もお付き合いしていた彼にお弁当を作っていたんです。お嫁さん願望も強かったんですけど、20歳のときに長年付き合っていた彼に振られてしまって…。さらには就職活動も失敗してしまい、「この先、人生どうしよう…」って考えたときに、自分は好きな人に料理を作ることが好きだったから、これを仕事にしよう!と思ったんです。

クック井上。そんなことがあったんですね~。

SHIORIそこから『作ってあげたい彼ごはん』の出版に至って…ちょうど今から10年前くらいですね。当時は若い子に向けた料理本が少なかったので、周りからもリスクが高いって言われたんですけど。でも、結果的にたくさんの方に本を読んで頂くことができました。そこが私の原点です。

クック井上。高校生の頃に、彼女からお弁当作ってもらうなんて…夢のように羨ましい話ですね。

SHIORIでも、親が泣きますよ(笑)。勉強そっちのけで、朝からせっせとお弁当作ってるんだから。この子は将来、どうなるんだろうって心配されていましたよ。

クック井上。実は僕も高校の頃、体育祭でみんなにカツサンドを作っていったんです!

SHIORIへぇ〜!クックさんも昔からお料理がお好きだったんですね。

クック井上。めっちゃ好きでした!小学校の頃から、親が買い物に行っている間が「よっしゃ、チャンス!」と思っていて。勝手に戸棚を開けて料理をしてました。僕は全然覚えてないんですけど、数年前に母親が、「私の誕生日にコンソメスープ使ってくれたの覚えてる?」って聞いてきたんですよ。まだ小学校の高学年やのに、玉ねぎとかベーコンとか自分で煮て、コンソメスープを作ったみたいなんですよね。

SHIORIすごく本格的ですね!

クック井上。その話を聞いて、逆に言えば「なんで自分は芸人になったん?」って思いました(笑)。料理人の道にまっすぐ行ったほうが早かったんちゃうかなって。

SHIORIあはは(笑)!

クック井上。

芸人の仕事がうまくいかない時に

得意な「料理」を武器にしようと思った

(クック井上。さん)

クック井上。相方(ツインクル・ポリスじろう)とは大学で出会ったんですけど、当時は芸人になれば、2〜3年で売れるだろうって甘く考えていたんです。「とりあえず35歳まで頑張ろう」って言っているうちに、当時放送されていた人気番組『爆笑レッドカーペット(フジテレビ)』や『エンタの神様(日本テレビ)』 が終わって、オーディションもなくなって困っていたんです。そんな時に、仲の良い芸人から「得意な料理を推していけば?」ってアドバイスされました。自宅にたくさん人を集めて、“クック井上。料理会”っていう名前を付けて、手料理を振る舞っていたんです。

SHIORI面白いですね!自分で名前を付けたんですか?

クック井上料理教室
(料理教室の講師としても活躍するクック井上。さん!フードコーディネーターの他にも、食育インストラクターとジュニア野菜ソムリエの資格も持っているんだそう。)

クック井上。当時は別の名前で活動してたんですけど、後輩から「今の名前だとピンとこないから、“クック井上。”って名前はどうですか?」って半ばいじられるように名前を付けられて(笑)。趣味でブログにレシピをアップしていたら「芸人さんなのに、趣味でレシピを載せるなんてすごいですね!今度講師やってくれませんか?」って依頼が来るようになって。せっかくなら、ただ料理が上手いだけじゃなくて、料理を教えられる芸人になろうと思って資格を取ったんです。

SHIORI何の資格を取ったんですか?

クック井上。フードコーディネーターと食育インストラクターと、ジュニア野菜ソムリエです。ちょうど事務所が変わるタイミングだったので、3ヶ月くらい芸人を休んでみっちりと勉強しましたね。その後、『ぷっ』すま(テレビ朝日系列)の「シェフ-1グランプリ」っていう企画で、芸人同士で料理対決をしたんです。僕は、その時に大根のフルコースを作ったんですけど…たまたま優勝して、そこから料理芸人って呼ばれるようになりました。

SHIORIそうだったんですか!クックさんのターニングポイントになったんですね。

クック井上。そう、その時期が僕のターニングポイントですね!SHIORIさんも料理教室をされていますけど、スタジオで料理を教えることが多いんですか?

SHIORI

「彼ごはん」から前に進むために

20代の後半から海外へ

(SHIORIさん)

SHIORIそうですね。料理家にとって料理教室で講師をするっていうのは一般的な流れなんですけど、結婚を機に「彼ごはん」はもう卒業しないといけないし、このまま自分はどうなっていくのかなって考えたときに、「もっと勉強しなきゃ!」と思って。それで27歳から海外でそれぞれの国の家庭料理を勉強し始めたんです。

クック井上。どんな国に行ったんですか?

SHIORIフランス、イタリア、タイ、台湾、ベトナム、ポルトガルスペインと10カ国ぐらい行きましたね。

クック井上。うわ〜、かっこいい!

SHIORI日本人って、すごくグルメだし、いろんな種類の家庭料理を作れるんですけど、そのルーツって意外と海外から影響を受けているものって多いんですよ。私も“なんちゃって”で作るんじゃなくて、現地でしっかりと学んだうえで作れるようになりたいなぁと思ったんです。

クック井上。たしかに、日本人ってなんでも自分のものにできちゃう分、すぐにアレンジしたがるからね〜。

SHIORI自分好みにアレンジするのは良いと思うんですけど、本物を知ってアレンジするのと知らないでアレンジするっていうのは、そこには目に見えない大きな壁があると思いましたね。あと、面白いのが、現地の料理学校って人と人の垣根がなくて、いい意味でゆるくてアットホームなんです。

クック井上。手触り感がある感じ?

SHIORIそうそう!「料理教室=女子」っていう考えは、日本くらいなんですよ。海外の料理教室は男性のほうが多かったりします。週末は、男性が料理を作ったり、もてなす文化があるので。

クック井上。それは素晴らしいですね!

SHIORI男子生徒が、シェフと肩を組んでいろいろ教わっていたり、「俺はこう作るぜ!」とかシェフに意見してたり…(笑)。ドリンクを飲みながら自由に作ったりして、ものすごく楽しんでいるんですよ。

クック井上。学ぶためというより、楽しむために料理教室に通っている感覚なんですね。

SHIORI“遊びながら学ぶ”っていうバランスがすごく良いですよね。私も「こういう料理教室を日本でやりたいな〜」と思って、帰国してからこのスタジオを作りました。(※本日はSHIORIさんのスタジオ「L’atelier de SHIORI」で撮影させて頂きました!)

クック井上。いいよね、ほんまオシャレで羨ましいなぁ〜。

 

ー次回は、料理の道を選んだお2人がこだわる “おもてなしの極意” をご紹介します。季節はホームパーティーシーズン間近。ぜひ参考にしたい!というかたはお見逃しなく~!

※次回の公開は、11/21(月)を予定しております。

line02
撮影協力 / L’atelier de SHIORI

【関連記事】
[第1回]料理の道で生きていくと決めた「ターニングポイント」は?
[第2回]おいしい料理をふるまうだけじゃない!おもてなし上級者への第一歩
[第3回]おもてなしの達人が伝授する「最強の一品」はコレ!