小松菜 水彩画 小松菜

調味料は2つ以内! 小松菜のおいしさをシンプルに味わうレシピ

shun_2011_03_,main

葉野菜の定番「小松菜」。年中お手頃価格で手に入ることから、購入する機会も多いのでは?

 

普段は脇役になりがちな食材ですが、今回は小松菜ならではのおいしさを存分に味わえる、「小松菜“じゃなきゃダメ”」なレシピをご紹介します!

 

小松菜のシャキッとした歯ごたえやみずみずしさ、そしてさわやかな風味を活かしたレシピを、料理家の近藤幸子さんに教えてもらいました。

 

小松菜のおすすめポイント&下準備のコツ

 

実はとても優秀! 小松菜の魅力

shun_2011_03_01

なんとなく、ほうれん草のイメージと混同されがちですが、小松菜はシャキッとした歯ごたえが魅力で、みずみずしさと緑を感じるようなさわやかな風味も特徴的。普段は脇役として扱われがちですが、小松菜ならではのおいしさが詰まっているのです!

 

小松菜の魅力

・年間を通して価格が安定しており、手軽に手に入る
・アク抜きなどの下処理がいらない
・煮物やサラダ、炒め物など様々なお料理で活躍してくれる

 

小松菜の下処理の基本

shun_2011_03_02

小松菜はアク抜きの必要がなく、様々なお料理に手軽に使える野菜です。意外と知られていませんが、生でも食べられます

 

特別な下処理は必要ありませんが株の根元に土が溜まっていることがあるので、あらかじめ根本を切るor手でバラバラにわけてからしっかりと洗いましょう。

 

近藤さん直伝! 小松菜“じゃなきゃダメ”なレシピ2品

 

ここからはお待ちかね。近藤さんに教えてもらった、小松菜の魅力が最大限に引き立つレシピをご紹介します!

 

近藤さん:「小松菜はハーブのように使えるお野菜。食感や風味を楽しむには火を通しすぎず、シンプルな味付けにするのがポイントです

 

ぜひ、これからご紹介するレシピを参考に、シンプルに小松菜のおいしさを味わってみてくださいね。

 

味付けは塩だけ! 豚肉のコクと相性抜群の炒め物

「豚バラ肉と小松菜の塩炒め」のレシピ

所要時間
5分
材料(2人分)

shun_2011_03_03

・小松菜 1/2束

・豚バラ肉(薄切り) 200g

・塩 小さじ1/2

作り方

1

小松菜の根元を切ってよく洗い、5cm幅に切る。豚バラ肉も5cm幅に切り、豚バラ肉に塩を振って軽く揉み込む。

2

1の豚バラ肉を、強めの中火で両面焼き目が付くくらいまで香ばしく炒める。

3

2に小松菜を加えて、豚肉の脂を全体にまとわせるようにさっと炒めたら、器に盛り付けて完成!

POINT

火を通しすぎないのがシャキッとした歯ごたえを保つコツ。葉が少しだけしんなりとしてきたらすぐに火を止めましょう。

 

小松菜は生でも食べられる野菜なので、少し生っぽさが残るくらいのほうが食感とみずみずしさを楽しめます。

 

あらかじめお肉に塩をふっておくことでお肉にはしっかりと味がつき、小松菜のさわやかな風味はそのまま活かしたメリハリある味わいに。

 

こってりジューシーなお肉の脂と、さっぱりシャキシャキの小松菜の風味&食感が相性バツグンです!

 

近藤さん:「あえて調味料を1種類に絞ることで味の焦点が定まり、味付けの失敗が少なくなります。相性の良い食材を組み合わせれば、シンプルな調味料でも十分満足いく味わいに仕上がりますよ」

 

シャキッと食感と爽やかな味わいを楽しむ! 和え物レシピ

「小松菜のみそ和え」のレシピ

所要時間
5分
材料

shun_2011_03_08

・小松菜 1/2束

・みそ 大さじ1/2

・オリーブオイル 大さじ½

・水 大さじ1/2

作り方

1

小松菜の根元を切ってよく洗い、5cmの長さに切る。

2

みそ、水、オリーブオイルを混ぜ合わせる。

3

ポリ袋に 小松菜と2の調味料を入れ、袋の上から手で軽く揉む。小松菜から少し水分が出てしんなりとしたら、器に盛り付けて完成。

POINT

小松菜を軽く揉むことで味が馴染むとともに、適度にしんなりとするので生でも食べやすくなります!

shun_2011_03_12

こちらもシンプルな材料&工程で、小松菜のみずみずしさを存分に味わえるお料理の完成!

 

口の中にふんわりと広がる風味も香り豊かで、みそ&オリーブオイルのちょっぴり意外な組み合わせも新鮮。食べ進めるごとに新たなおいしさを感じられるような味わいです。

 

近藤さん:「小松菜の爽やかな風味と、オリーブオイルが相性抜群。シンプルに味付けすることで、フルーティーな香りが引き出されます。」

 

まだまだ楽しめる!小松菜の魅力を味わうレシピ

 

shun_2011_02_13

アマノ食堂では、近藤さんの「牛こま肉の小松菜ソースがけ」のレシピもご紹介しています。

粗みじんにした小松菜を牛肉の「ソース」としていただくレシピ。レモンの爽やかさと小松菜の風味がよく合う1品です。こちらもぜひチェックしてみてください!

 

レモン香る“生野菜ソース”が爽快!『牛こま肉の小松菜ソースがけ』のレシピ

 

***

 

これまで脇役として小松菜を食べていたみなさんも、ぜひ今回ご紹介したレシピを参考に、小松菜ならではのおいしさを再発見してみてくださいね。

 

【教えてくれた人】

近藤幸子さん
shun_2011_03_14
 

[PROFILE]

料理研究家、管理栄養士。仙台の料理学校でアシスタント、講師を務めた後、料理研究家として独立。2児の母でもある。著書に『近藤幸子のしあわせ絵本レシピ』(白泉社)、『おいしい週末、だれか来る日のごちそう献立』(地球丸)、『重ねて煮るからおいしいレシピ』(主婦と生活社)、『がんばりすぎないごはん』(主婦と生活社)、最新刊に『調味料ひとつでラクうまごはん』(PHP研究所)がある。

近藤さんのインスタグラム

 

 

(文/笹沼杏佳、写真/中村英史)